« ● BF2 ARMORED FURY ● | トップページ | ● THE POSEIDON ADVENTURE ● »

2006年6月 9日 (金)

● ALWAYS 三丁目の夕日 ●

Always_1 ▼今から見たあの時代、あの時▼

昨年大ヒットの邦画「ALWAYS/三丁目の夕日」のDVDがリリースされました。 私としては待ちに待っていたと言っていい作品です。 Yahooの映画ユーザーレヴューでも5点満点中、4.6点と言うYahooレヴューでも稀なる高得点のようです。 私も相当期待して観る事になりました。(^^♪

Always_2 緻密かつ確かな時代考証と、最新のVFX技術を駆使して映像化された昭和30年代は、その時代に記憶の無い者から見ても見事の一言です。 でも何故か見た記憶があるように感じてしまうんですよねぇ(^_^;)。 ここでご紹介し切れませんが、映像中には納豆売りや風鈴売りなど、今はあまり日常に無いものが数多く登場しました。

Always_4 役者さんたちの演技も素晴らしく、最初の方は若干大袈裟に感じたものですが、映画にどんどん引き寄せられ違和感無く観ていました。 特に子役たちの演技が凄く、大人の役者の皆さんもさぞ刺激された事と思います。 また今は少なくなってきた扇風機で子供が遊ぶシーンなど、懐かしさでジーンとしてしまいました。

Always_9 最後のシーンで、自動車修理屋の一家が夕日を眺めながらの会話のシーンでは、思わず今の私たちの見る夕日は、また未来の夕日はどうなんだろうと考えさせられてしまいました。 全編を通して決して重苦しくなく、でも軽過ぎない絶妙なバランスでストーリーが進み、しかし今と比較して結構不便だったはずなのにみんなイキイキしている、そんな今から昔を振り返させられる作品です。 正直言って劇場で観たかったと思うのが最後にちょっと後悔(^_^;)。

Always_7 Always_3

|

« ● BF2 ARMORED FURY ● | トップページ | ● THE POSEIDON ADVENTURE ● »

コメント

こんばんは!TB&コメ、ありがとうございました!
もうこれは、絶対に良い映画ですよね。
日本映画史に名を残すような。
厚かましいお願いですが、出来れば、元記事に、TBしてください!
集めているんです。お願いします!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年6月11日 (日) 04時30分

TB & コメント有り難う御座いました。
本当に久し振りにイイ邦画を観ました。
元記事へのTB、うっかり致しました。(^_^;)
早速させて頂きます。(^^)v

投稿: cocos | 2006年6月11日 (日) 14時00分

俺はしっかり映画館で観て来ました^^
時代的には、ウチの両親がちょうど六ちゃんくらいの歳の頃の話なんですよねぇ。
貧しくて物も無い時代だったんでしょうが、
明るい未来を信じて生きていくブレの無さは正直羨ましかったり…。
まぁ、ドラクエもFFも、レベル上げ途中の弱い頃が一番面白いですしね。(笑)

投稿: にょーたろー | 2006年6月11日 (日) 23時56分

にょーたろーさん、お久し振りでっす。
お元気そうですね!(^。^)

そうですかぁ、ご両親が六ちゃんくらいのねぇ。
今の満足より未来を信じるコトの大切さ、我々には
全く欠けつつある事かもしれませんねぇ。
どのGAMEで比較しても初期の楽しさには及ばず。
って事ですか、、。
何にしろ切ないですね。

投稿: cocos | 2006年6月12日 (月) 00時23分

 コメントとトラックバックありがとうございます。
私はお気に入りの映画を時々紹介していますが
cocosさんは映画満載ですね。
これからは楽しませていただきます。
よろしくお願いします。

投稿: らき隊長 | 2006年6月12日 (月) 05時25分

らき隊長さま、コメント有難う御座います。

お互いイイ映画情報を紹介したいですね。
こちらこそ宜しくお願い致します。

投稿: cocos | 2006年6月12日 (月) 08時13分

お久しぶりです。
私も映画よく見るんで(DVDレンタルですが)、今度借りてきて見ようかと思います。
CoCosサンがオススメする映画はどれも面白そうですよね~。

投稿: binky | 2006年6月12日 (月) 20時45分

binkyさん、お久し振りです!
って言ってもbinkyさんのBlogは毎日拝見させて
頂いておりますので、久しく無いんですが(^_^;)

ALWAYS 三丁目の夕日 はお薦めです。
頂いているコメントやTBをご覧になれば判ると
思いますが、殆どの方が絶賛されていますよね。
解釈は人によって微妙に違うとは思いますが、
何かを考えさせられる作品には違いありません。

※大外れな映画や期待値には及ばない、なんて
ものもたまにありますよぉ^_^;
でも、あんまり悪く書けないですしね、もしか
してその作品を好きな方もいらっしゃるから。

投稿: cocos | 2006年6月12日 (月) 21時41分

cocosさま、こんばんは。

コメント有難うございました。
いい映画でした。

あの時代を知ってるものとしてちょっと、不満は
ミゼットは、あんな車でも、当時は相当高価で、
もっと、ピカピカさせてたと思いまーす(笑)。

投稿: 雪華 | 2006年6月19日 (月) 22時13分

こんばんわぁ~☆
TBコメントありがとぉ~ございまぁ~す!

ホント素晴らしい作品ですねぇ~
ストーリーも俳優陣も映像もなにもかも良かったです!
とにかく活気に優しさに溢れていて、ちょっぴり切ない・・・観終わった後ジーンとしてるんだけど清々しい気持ちになりました^^

投稿: リリー | 2006年6月20日 (火) 01時57分

雪華さん、コメント有り難う御座います。
ミゼットってオシャレだったんでしょうねぇ。
私も小さい時、親父とカローラをピカピカに磨くのが
楽しくて楽しくてしょうがなかった記憶を思い出しました。

リリーさん、コメント有り難う御座いました。
三丁目の夕日はどなたからお聞きしても絶賛の声が多く
世代を超えて指示されているのが凄いですよねぇ。
ある意味今後の邦画の道標にもなるかもしれませんよね。

お二方とも今後とも宜しくお願い致しますm(__)m

投稿: cocos | 2006年6月20日 (火) 02時10分

 何とかTB出来ました。
 色々見てらっしゃいますね。
 私も、LDとDVDで相当に枚数持っていますが、それぞれの映画の内容は以外と覚えています。
 以前、ビテオレンタル関係の仕事をしていたので、映画・ビデオを見るのが仕事なので沢山見ました。
 これからも、映画の紹介を沢山して下さい。
 また、私のブログにも時々遊びに来て足跡を残していって下さい。

投稿: シュリマスター | 2006年6月28日 (水) 23時31分

シュリマスターさん、TB&コメ有り難う御座います。

映画・ビデオを見る仕事をされていたなんて
羨ましいですねぇ。
私の周りを見ても映画好きはいても、そんな恵まれた
環境の人は知りません(^。^)

独り善がりな映画DVD鑑賞日記なんですが
今後とも宜しくお願いします_(_^_)_。

投稿: cocos | 2006年6月29日 (木) 02時57分

コンニチハ~。

見ましたよ~、すばらしい映画でした。

『文学』のキャラが個人的に好きですね~。

何個ものストーリーが同時進行するので、飽きずに最後まで感動できる、素晴らしい映画だと思います。

自分の親父の子供時代の話なんですけど、何故かすごく懐かしい・・・・・ような不思議な感覚。

今後もcocosサンの映画レビュー、チェックして観たいと思います。

投稿: binky | 2006年6月29日 (木) 20時23分

Binkyさん、どーもでーす。

三丁目本当に良作ですよねぇ。
私は、鈴木オートの旦那がツボでした。(笑)
まぁ、今だからこの時代はより輝いて見えるかも
しれませんが、、、。

拙いBlogですが、、、、BF2、映画共々
今後とも、宜しくお願い致します。

投稿: cocos | 2006年6月30日 (金) 08時07分

Kojihamadaさん、TB有り難う御座いました。
またお暇な時にでも是非お越し下さい。
今後とも、宜しく御願い致します。

投稿: cocos | 2006年7月 7日 (金) 03時09分

TB&コメ、ありがとうございます。
ものすご無精なのでお返事遅れまして、
ごめんなさい。これからも宜しく
お願いします。

投稿: ELM | 2006年7月 9日 (日) 12時45分

ELMさん、TB&コメント有り難う御座います。
いやいや私も不精な方なのでお気になさらずに。
今後とも宜しく御願い致します。

投稿: cocos | 2006年7月 9日 (日) 17時28分

しーさん、こんにちわ。
TB、有り難う御座いました。
また、お気軽に御越し下さいねぇ(^^)v

投稿: cocos | 2006年8月21日 (月) 01時28分

りらさん、TB有り難う御座いました。
これからもお気軽に御越し下さいねぇ!(^^)v

投稿: cocos | 2006年9月25日 (月) 02時46分

こんにちは。
コメント&TBありがとうございました。

ストーリーは、地味目ですが、良い映画でしたね。
私も、映画館で見ればよかったと思いました。
続編は、1年も先なんですね。編集に時間がかかるのかな?

投稿: リッチフィッシュ | 2006年12月 5日 (火) 11時08分

リッチフィッシュさん、こんにちは!
TB&コメント、有難う御座います。

1年も先の続編、確かに待ち遠しいですねぇ。
今度こそ劇場鑑賞をしてみたい、、(^_^;)

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: cocos | 2006年12月 6日 (水) 07時44分

トラバありがとうございました。
この監督さん、撮り方がうまいですよね。
リターナーのときに感心してたんですが、
こんな人情ものも作れるんですね。
どこか見たことがあるような古くて新しいものは、最近流行のコンビニで売れてる駄菓子屋さんシリーズのおもちゃとか・・海洋堂?とかの。
そんなエポックなかわいらしい世界ですね。
今の時代の監督が作ってるので夢のような世界なのですがそれだから逆に昔の当時の生活感とかが薄く希望にあふれた漫画の世界になっています。
原作者がリアルタイムな団塊の世代みたいですね。
紙芝居を見るようにほほえましくそして号泣してしまいました。
どこか人情劇でもあるのにSFの世界でした。
今がラストの夢の続きになっていないのが少し悲しくもあり、
何もないけど夢のあったという時代を作らなければと思います。

投稿: eigahujin | 2006年12月17日 (日) 05時17分

eigahujinさん、こんにちは!
コメント、有り難う御座いました。

本当に今の日本において老若男女から支持を受ける
稀なる映画を作られた監督さんに敬礼(^^ゞです。
今後数十年後の未来、2006年を思い「あの頃は良かった」
なんて言われる未来にはしたくありませんねぇ。
でも未来に夢を見るコトだけは忘れたくありませんね。

今後とも宜しくお願い致します。(^^♪

投稿: cocos | 2006年12月17日 (日) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/2134798

この記事へのトラックバック一覧です: ● ALWAYS 三丁目の夕日 ●:

» Always 三丁目の夕日 06年番外その3 [猫姫じゃ]
Always 三丁目の夕日 山崎貴 監督  吉岡秀隆 , 堤真一 , 小雪 , 薬師丸ひろ子 2006年 第29回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀音楽賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最....... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 04時29分

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 04時30分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [タクシードライバー耕作のDVD映画日誌]
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 133分 監督 山崎貴 原作 西岸良平 脚本 山崎貴 、古沢良太 音楽 佐藤直紀 出演 吉岡秀隆 、堤真一 、小雪 、堀北真希 、三浦友和 (allcinema ONLINE) 解説: 昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ....... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 05時03分

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [映像と音は言葉にできないけれど]
日本海側に出張していますが明日夕刻に帰ります。今日は駅前の小さな映画館に寄ることに決めたのです。やはり?洋画は上映して無かったので、邦画の『ALWAYS 三丁目の夕日』を見ることにしました。... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 19時58分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [気ままに〜ひとりごと日記]
ものすごく特別な事が起きる訳でもなく 起きている出来事もどこかでみたことある 展開なのに、なぜか自然と見られます。 前半はあまり面白くないけれど、後半は ホロっとさせられる展開の連続です。 いい所で終わってしまって、もっともっと あの二家族の続きが見たかった。 この映画を見る上で一番残念なのは 昭和30年代の事を全く知らないので… 懐かしさが感じられなかった事です。 評価�... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 21時47分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [my life of my life]
公式サイト…ALWAYS 三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVも無かったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 昭和33年… 豊かではなかったけれど 明日への夢があった あなたの心の いちばん暖かい場所へ まず、堤真一のキャラが面白かった!...... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 19時53分

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」DVD [ナナシ的エンタメすたいるNet]
昨年数々の賞を受賞し、笑いあり感動ありの大ヒット作 「ALWAYS 三丁目の夕日」が待望のDVDリリース。 おととい手に入れてきました。 西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を映画化した作品で、 昭和33年の東京を舞台に、 家族や近所の人々の触れ合いや人情..... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 19時30分

» DVD「ALWAYS 三丁目の夕日」見たよ。 [雪華と、うふふ]
はい、こんにちは。 これは、評判通りのいい映画でしたあ。 原作は漫画なんですね。 この舞台となった昭和33年より、 だーいぶあと (ホントは少しだけ、あと) で生まれてますが、 こんなよーなかんじですよね。 こうゆうふうに再現できるのですねー。 それ....... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 20時09分

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [京の昼寝〜♪]
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS 三丁目の夕日』 舞台は、建設中の東京タワーが少しずつ空へ伸びていく昭和33年。 夕日町三丁目で、慎ましく�... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 23時44分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ビデオ鑑賞日記]
  2005年 133分 監督 山崎貴 出演者 吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和 東京タワーが着工された昭和33年、東京の下町の夕日町三丁目。 短気だが家族思いの父が営む自動車修理工場・鈴木オートに集団就職で青森....... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 17時32分

» ALWAYS 三丁目の夕日/山崎貴 [文学な?ブログ]
最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。 物語は、六子が田舎から集団就職のために上京してくるところから始まります。就職先の鈴木モータースを見てガックリする六子。しかし、彼女はやがてこの下町の優しさに気づいてゆきます。 その向かいの駄菓子屋には売れない作家が住んでいます。彼は成り行きで引き取ることになった少年との関係や、居酒屋のママとの... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 14時46分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Extremelife]
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴監督が得...... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 17時38分

» 毎日毎日。 [シュリ’s Caffe]
 ここ数日、毎日家に帰るのが20時を回っています。  今日も、22時40分位に家に帰りました。  最近仕事の内容が変わっています。  我会社の有る工業団地の組合会議に出席する事になったり、取引先定例会議に出席したり、色々あります。  そして、なぜか先週決まった設置が今週3件一昨日より3日連続の事となっています。  明日で、3日連続の設置もいよいよ完了となります。  なので、DVDは全然見れない状態です。  そうだ、月曜日『フライト・プラン』も手に入れたので現在見てい... [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 23時27分

» Always []
『ALWAYS 三丁目の夕日』 この映画は東京タワーの完成を間近に控えた昭和33年、東京の下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れる物語です。笑いあり、涙あり、世代を超えて共感出来る古き良き日本を感じさせてくれる作品。駄菓子屋の店主でしがない小説家、茶川竜之介(吉岡秀隆)と身寄りのない少年、淳之介の「お前とは縁もゆかりもないんだぞ赤の他人なんだぞ」というセリフには感動を呼びます。 [:URL:] 『ALWAYS 三丁目の夕日』... [続きを読む]

受信: 2006年7月 6日 (木) 21時34分

» 06.6/27のMOVIE TRAP:ALWAYS 三丁目の夕日 [ELM & ELMa]
人の記憶の下限が、たぶん50年。 記憶していなくても、記憶していると 思える時限が、50年。 知らない世界なのに、 ぽろぽろ、ぽろぽろ涙が出る。 不幸なのにやさしく、できた。 やさしいのに冷たく、できた。 冷たいのに、抱きしめる事が、できた。 熱く抱きしめあって..... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 12時40分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [しーの映画たわごと]
74年生まれの私。第2次ベビーブーム世代であり、団塊ジュニアなんても呼ばれる世代。この映画の舞台は、昭和33年の都内。その時その場で生きた者にしてみれば懐かしい思いがあるのか。いや、あんなんじゃないと否定するのか。というわけで、世代によって大きく見方も変わる映...... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 22時48分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [りらの感想日記♪]
【ALWAYS 三丁目の夕日】 ★★★★ DVD ストーリー 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文(堤 真一)が営む自動車修 [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 18時38分

» ◆DVD・ALWAYS 三丁目の夕日 [映画大好き☆]
ALWAYS 三丁目の夕日 監督 : 山崎貴 出演 : 吉岡秀隆 , 堤真一 , 小雪 , 薬師丸ひろ子 脚本 : 山崎貴 , 古沢良太 原作 : 西岸良平 音楽 : 佐藤直紀 収録時間 : 133分 【story】 西岸良平によるロングセラーコミックを『リターナー』の山崎貴監督...... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 01時00分

» ■ALWAYS/三丁目の夕日 [ルーピーQの活動日記]
これは昭和33年、建設中の東京タワーを望む下町・夕日町三丁目の物語。六子(堀北真紀)は集団就職で上京して来たが、就職先は小さな自動車修理工場“鈴木オート"。立派な会社を想像していた六子は失望してしまう。一方で、鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営む小説家・..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 22時57分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [福の神 映画のすすめ]
鑑賞日:2006/11/29 冒頭のタイトルが出るまでのシーンで、いきなりガツーンと頭を殴られた感じで、引き込まれてしまいました。 「薬師丸ひろ子」演じる、鈴木オートの奥さんが、ラジオを付けて、子供が学校から戻ってきて、飛行機飛ばして、その飛行機を追っかけながら、昔の町並みへと子供が出て行って、映画のタイトルバック。3〜4分でしょうか? カメラ割、ワンカットなんですよね。最近のCG技術とかで、繋げれるのだとは思いますが、それでも、人が演じる部分は、全部繋がってるわけで、大変だったろうなって... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 11時09分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Yuhiの読書日記+α]
 実はこの映画、今年の夏休みにスイスへ旅行に行った帰りの飛行機の中で見ていたのです。邦画には特に興味もなかったし、ましてや昭和30年代の日本なんて、古臭そうで全然興味なかったのですが、日本語で見ることのできる映画というのが、これかアニメくらいしかなかったので、テキトーにこれを見ていました。  ところが、思った以上に面白く、段々と熱が入ってきて、じっくり見てたのです�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 22時39分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [映画、言いたい放題!]
評判いいですね、この映画。 観よう観ようと思っていると、TVで放映。 ラッキー。(^^) 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む小さな町工場に 青森から集団就職で六子がやってくる。 向かいの駄菓子屋の茶川は、 芥川賞の選考に残った経験がありながら、 今は... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 02時49分

« ● BF2 ARMORED FURY ● | トップページ | ● THE POSEIDON ADVENTURE ● »