« ● POSEIDON ● | トップページ | ● INSIDE MAN ● »

2006年7月 5日 (水)

● 13DAYS ●

13days_0 ▼表と裏と敵と味方▼

実際にあったキューバ危機を題材にした、ホワイトハウスとその周辺の動きを追ったポリティカルサスペンス映画「13DAYS」のDVDを久し振りに観ました。 公開当時映画館にも観に行ったんですよねぇ、懐かしい。 主演は大統領の政治アドバイザー役の主人公にケビン・コスナー。 ケビン・コスナーは、映画「JFK」ではJFK暗殺事件を捜査する検察官役で主演とJFK絡みが多いですねぇ。

13days_1 大統領であるジョン・F・ケネディ役にブルース・グリーンウッド、大統領の弟であり当時司法長官のロバート・ケネディ役はスティーブン・カルプ、彼は他の作品でもR・ケネディ役を演じているそうです。 マクナマラ国防長官役にディラン・ベイカー等です。 内容は刻々悪化する米国・キューバ・ソ連(当時)の状況を打開すべく主人公とケネディ大統領兄弟、それにマクナマラ長官を含む側近たちの苦悩を描ききっています。

13days_2 キューバに持ち込まれ完成間近の中・長距離ミサイルをめぐり、若き大統領兄弟や国防長官とその側近たちが、即座にミサイル基地を空爆しキューバ侵攻を進言する陸・空軍の将軍や防衛族を相手にしたホワイトハウス内での駆け引きから始まります。 何かにつけてはケネディ兄弟や側近を揺さぶり戦争の口実を見つけようとしたり、軍事的緊張化にあるにも係わらず予定外の軍事演習や核実験を繰り返す軍人たち。

13days_6 その後海上封鎖中のキューバ沖合いでは、過去の大統領の命令書を持ち出し現大統領の発砲許可無く砲撃を実行しようとする海軍提督と大統領側近マクナマラ国防長官との激しいやりとり等、緊迫感のあるストーリー展開で、歴史上は戦争状態にならず危機は回避されたことは知りつつもドキドキします。 実際戦争・紛争等は遥か後方での政治の舞台と、最前線や軍首脳との考え方はかなり違う現実があるんだろうなぁと感じます。 軍人たちも愛国心があるには違いないんですけどね。

13days_5 特にロバート・ケネディ司法長官を中心に招集されたエクスコンとかって言う緊急対策チームの中での対応策をめぐり協議する時の激しいやり取りが面白いです。 様々な情報が錯綜し、持ちかけられる裏取引やスタンドプレイ、弱腰になったり強気になったり、また国連での大使どうしのやりとりや駆け引きも多面的な政治謀議を引き立てています。 実際、日本の国家首脳たちはこんなやり取りしているんでしょうかねぇ?(^_^;)

13days_3 13days_4

|

« ● POSEIDON ● | トップページ | ● INSIDE MAN ● »

コメント

cocosさま

チャーリーも映画館でこの映画をみました。僕らの世代にとってJFKはやはりイコンであって、いまなお興味はつきないです。

この映画をみたとき、おっしゃるようにケビンが「JFK」の時と重複して少し混乱した記憶がありました。

とはいえ、歴史的事実を内面から描いて面白かった記憶があります。

ケネディ役は少し大人しく感じました。もっと好色な部分を加味すると違った映画になってしまいますね。

もう一度、DVDで見てみたいです。

投稿: チャーリー | 2006年7月 7日 (金) 06時34分

チャーリーさん、いつもお世話になってます。
TB&コメント有り難う御座いました。

チャーリーさんのおっしゃるとおり、JFK関連は
ついつい興味深く観てしまいますよね。(^。^)
しかしケビン・コスナーはこう言ったカッコイイ
捜査官や高官役演じるかと思えば、「ウォーター
ワールド」「ロビンフッド」「スコーピオン」等
ちょっとなぁと思うような役もやりますね。
チャレンジなのかもしれないけど、、、(^_^;)。

チャーリーさんも機会があったら是非ご鑑賞を。
今後とも宜しく御願い致します。(^^)v

投稿: cocos | 2006年7月 7日 (金) 11時04分

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにコメント&TBありがとうございました。
危機管理ものでは、13デイズとアポロ13が好きです。
可能性の検討とチーム・ワークとリーダーの決断。
この3要素が映画としてうまくまとまっていると思います。
ちなみに、偶然にも両方とも13ですね。
いろいろ書いてますので、また来てください、待ってます。

投稿: jamsession123go | 2006年9月24日 (日) 20時29分

jamsession123goさん、こんにちわ!
TB&コメント、有り難う御座いました。

アポロ13も面白いですよねぇ、私も好きです。
歴史上の結果はどちらも知っているとは言え、
緊迫感は何度観ても興奮しますよね。
仰るとおり、何故か両方とも“13”だ。(笑)

また、ちょこちょこお邪魔しますので
宜しく御願い致します(^^)v

投稿: cocos | 2006年9月25日 (月) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/2510044

この記事へのトラックバック一覧です: ● 13DAYS ●:

» ジャーナリストの使命とは? [ダーリンのコーヒータイム]
Journalist。美しい響き。けれど「朝日ジャーナル」は廃刊になって久しい。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 7日 (金) 06時25分

» 映画のご紹介(54) 13デイズ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(36) 13デイズ 時々無性に観たくなる映画がある。 13デイズ! ケネディ大統領がキューバ危機の時に核戦争を回避したという話を映画にしたもの。 この映画のどんな点がそんなにjamses...... [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 20時30分

« ● POSEIDON ● | トップページ | ● INSIDE MAN ● »