« ● JARHEAD ● | トップページ | ● アサルト13 ● »

2006年7月30日 (日)

● スコーピオン ●

Scorpion_0 ▼ド派手な現金強盗▼

一応、クライムアクションになるんでしょうね。 「スコーピオン」のDVDを購入して鑑賞しました。 これ公開当時映画館まで観に行っちゃいましたよ(^_^;)。 主演がたぶんケヴィン・コスナー、それにカート・ラッセルクリスチャン・スレーターと主役級3人ですからねぇ、期待値高かったんですが、、、。

Scorpion_3 自分がエルビスの実子だと信じている(まぁそんな事どうでもいいんですが・・)ケヴィン・コスナー扮する主人公がカート・ラッセルクリスチャン・スレーター等合計5人でエルビスにまつわるイベントで盛り上がるベガスのHOTELのカジノをエルビスコスで急襲し現金強奪を決め込みます。 進行する強盗シーンとカジノホテルのエルビス(そっくりさん)ショーがクロスしていてカッコよく盛り上がります。

Scorpion_2 カジノホテルでの銃撃シーンはそれはそれは爽快なぐらいド派手でGOOD!です。 拳銃・ショットガン・アサルトライフルにサブマシンガンと強盗団と警備陣がカジノで客も巻き込んで激しい打ち合いを演じます。 そうして現金強奪に成功するものの、すぐさま裏切りにつぐ裏切りであっと言う間も無くカート・ラッセルケヴィン・コスナーの2人だけ。

Scorpion_4 さらにさらに、カート・ラッセルは途中知り合った子連れの美女にもあっさり裏切られて、現金持ち逃げされた挙句子供を押し付けられ、またその女ごと現金もケヴィンに持ってかれとひっちゃかめっちゃかになります。 STORY的には正直酷いかなぁとも思うんですが、何せ音楽がイイのと肩の凝らない分かり易い展開でついつい終盤まで観ちゃいます。 最後ケヴィンカート・ラッセルを嵌めたつもりだったのが、逆に警官に包囲されてジ・エンド。 エンディングではカート・ラッセルがエルビスばりに熱唱しつつ、メイキングっぽい映像とで楽しめました。、しかし、クリスチャン・スレーターはイイとこ無かったなぁ、なんでエンディングのワンシーンです(^_^;)。

Scorpion_6 Scorpion_5

Scorpion_8 Scorpion_7

|

« ● JARHEAD ● | トップページ | ● アサルト13 ● »

コメント

ブログ楽しく拝見させていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのHPで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいらっしゃいます。
お客様のHPはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?cosa

投稿: e-アフィリ | 2006年7月30日 (日) 14時14分

当Blogを見て頂き、有り難う御座いました。
せっかくのお話ですが、Blog運営においては
あまり報酬云々には興味はありませんので、
今回は辞退させて頂きます。(^^)
また、機会が御座いましたら宜しく御願い致します。

投稿: cocos | 2006年7月30日 (日) 22時07分

今晩は、TB&コメントありがとう

この作品結構好きなんですよ、お三方も好きですが特に
クリスチャン・スレイターが好きなのでもうちょっと
彼の最後どうにかならなかたのかなと思いました。

B級がかなり多いのでTBしづらいでしょうけどどうぞよろしく

投稿: せつら | 2006年8月27日 (日) 19時09分

せつらさん、TB&コメ有り難う御座いました。

私もこの作品大好きですよぉ(^^)v
C・スレイターの最後、ちょっと哀しいですね。
モメたりしたのかなぁ?とか思っちゃいました。
でもENDINGでノリノリで踊ってるしそんな事
ないのかな?(^_^;)

せつらさんのBlog、とても楽しみにしてますよ!
今後とも宜しく御願い致します!

投稿: cocos | 2006年8月27日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/2856473

この記事へのトラックバック一覧です: ● スコーピオン ●:

» 『スコーピオン』 主演:ケヴィン・コスナー [La.La.La]
ずいぶんと豪華なキャスティングですね、それだけではなく ストーリーもスピーディーで二転三転していくので十分たのしめた 一番凄いのはカート・ラッセルの顔の大きさ・・・じゃなくて ケビン・コスナー。この人こういう役似合ってる 初の悪役だけどはまってたね、いきいきしてた。 悪に徹しきってたね、今までの「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」や 「メッセージ・イン・ア・ボトル」みたい�... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 19時06分

« ● JARHEAD ● | トップページ | ● アサルト13 ● »