« ● ニューオーリンズ・トライアル ● | トップページ | ● メンフィス・ベル ● »

2006年9月 9日 (土)

● V for VENDETTA ●

V_0 ▼価値のあるものは真実▼

第3次大戦後の近未来の英国を舞台にしたスタイリッシュSFサスペンス映画「Vフォー・ヴェンデッタ」のDVDを購入して鑑賞。 仮面の主人公の V に「マトリックス」で活躍したヒューゴ・ウィービング、ヒロインにナタリー・ポートマン、製作・脚本をウォシャウスキー兄弟が手掛けています。

V_2 第3次大戦後、事実上ファシズム国家と化した英国を舞台に自らの生い立ちと圧制を強いられる民衆の為にテロリストとなり目的を遂げようとする V と、偶然(Vは必然と解釈?)V に秘密警察から助けられたヒロインとのロマンスと人生観が描かれています。 V は、一見するよりも結構チャーミングでユーモアもありちょっとシャイ。 ヒロインと初めて会った時も、一人あまりにも雄弁に突拍子も無い事をしゃべるのでヒロインに変人扱いされたりします(笑)。

V_3 SFサスペンスアクション物のわりに政治色も強く、原作は大人向けコミックと言われるだけあって V もいろいろセリフも多く、またクラシックやジャズ音楽に演劇引用のセリフなども楽しめます。 本編だけで2時間以上の内容ですが、STORY展開が上手なのかグングン引っ張られてあっと言う間にエンディングになりました。 全編通して仮面の主人公 V ですが感情も伝わってきて違和感をあまり感じません。

V_4 むしろ劇中の状況と今ある世界の状況を照らしてみると結構似ていると言うか近い状況にも感じます。 民衆にテロの恐怖と混乱を感じさせ、平和と安全を保障する代わりにプライバシーと自由を奪う。 ここ数年世界で進んでいる状況と極めて酷似しているように思えます。 現代社会に対する警鐘なんでしょうかねぇ、、。 予想したより遥かに見応えもあり、V と言うキャラクターにも親近感を感じます。 個人的にはとってもお奨めの映画です。(^^)v

V_5 V_1

|

« ● ニューオーリンズ・トライアル ● | トップページ | ● メンフィス・ベル ● »

コメント

cocosさんTB、コメントありがとうございます(´ー`)
私も、マトリックスよりもこちらの作品のほうが好きです。

おっしゃるとおり政治的メッセージの強い作品ですね。

世界観すべてが、デフォルメ化されてはいるものの、何かを象徴し、まだ見えぬ危機に対する製作サイドからの警鐘なのだろうと私も感じました。

原作は少し古い作品のようですが、だからこそ、今この作品を映像化しようとした制作サイドの思惑の背後に、メッセージを感じずにはいられません。

私も、TBさせていただきます。

またお邪魔させていただきま~す。m(_ _)m


投稿: Brillatsavarin | 2006年9月10日 (日) 23時13分

Brillatsvarionさん、TB&コメント
有り難う御座いました。(^^)v

ウォシャウスキー兄弟には今後もこう言った
クールでお洒落なアクション映画を製作して
もらいたいですねぇ。

こちらこそ、またお邪魔させて頂きます。
これからも宜しく御願い致します。m(__)m

投稿: cocos | 2006年9月11日 (月) 02時03分

あはは、、、
これはあたし、、、ダメだったんですよね、、、
音楽は、良かったのですが、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年9月11日 (月) 02時45分

猫姫様、こちらにもTB&コメ有難う御座いました。

あらら、Vはお好みでは無かったですか。残念。
私は結構好きになりました、特にVに!
10年以上もテロ目的に潜伏するなんて気の長い
行為は理解できないけれど、イヴィーに出会って
恋心を抱いて、それでも初志を貫徹する方を選ぶ
Vにある種男気を感じました。(笑)

今はちょっと仕事先なので、後ほどTBさせて
頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。(^^)v

投稿: cocos | 2006年9月11日 (月) 07時53分

こんばんは!TB&コメント有難う御座いました^^
あんな頭悪そうな文章読んで下さって・・・
なんだか申し訳ないです。
そしてV好きさんと知り合えてとても嬉しいです!

V for VENDETTAはテーマが重たいし時間的にも長い作品ですが、cocos様も仰られてるように、ストーリー展開が上手なのと、Vやイヴィー等のキャラが魅力的なので中弛みせずに見れるとても素敵な作品だと私は思いました^^
イヴィーに惹かれていくVも、とても可愛らしいし(笑

では、乱文失礼致しましたm(_ _)m
またお邪魔させて頂きますので、今後とも宜しくお願い致しますv

投稿: るぶ | 2006年9月13日 (水) 18時50分

るぶさん、コメント有り難う御座いました。

るぶさんのブログは、Yaplog独特のカワイイ系
ブログでGood!だと思いますよ、本当に。
何にせよ楽しむ事がブログの特徴ですから!(^^)v

重たいStory性がV のキャラクターで快活になり
かと言って軽過ぎたりもせず、絶妙なテンポで
観客を全く飽きさせない進行は見事だと思います。
Vフェチもいっぱい産まれたと思いますよぉ!

お暇な時にでもお気軽に御越し下さいね!(^^♪

投稿: cocos | 2006年9月13日 (水) 21時43分

こんにちは!コメント&TBありがとうございました。

「マトリックス」っぽい感じかと思ったら、全然違ってましたね。
でも、これはこれで、良かったですよね。

最初の方は、ちょっと難しいかなって、思ってましたが、書かれているように、後半になるにつれて、私も、どんどん引き込まれて行きました。

投稿: リッチフィッシュ | 2006年9月14日 (木) 13時08分

リッチフィッシュさん、ようこそです!(^^♪
TB&コメント有り難う御座いました。

そうそう、期待値によって映画の評価は若干
影響を受けちゃいますよね。
やはり期待していない時に予想外のイイ映画に
出会えると非常に得した気分になります。
今後もそんな映画に出会いたいですねぇ。

今後とも宜しく御願い致します。m(__)m

投稿: cocos | 2006年9月14日 (木) 22時15分

TB&コメントありがとうございます!
元々はサッチャー政権に対する風刺として描かれた原作を、9.11以降おかしくなってしまったアメリカに対する風刺を多く混ぜ込んで脚本化したようですね。だったら別にイギリスでなくても。。。
それはさておき、Vに独特の魅力がある本作。私はどうも突飛らしい説を掲げてしまいましたが、それぞれの解釈が入り乱れる最近では珍しい作品になりましたね。

投稿: たお | 2006年9月15日 (金) 07時46分

たおさん、TB&コメント有り難う御座いました。
現代に置き換えての風刺、様々な解釈や妄想など
観た後も楽しめる作品でしたよね。
今後もこう言った作品が多々続くと良いですね。

今後とも宜しく御願い致します。(^^♪

投稿: cocos | 2006年9月16日 (土) 21時04分

こんばんは♪
TB&コメントありがとうございます。
ヒューゴ・ウィービングの演技が素晴らしいですよね。仮面の上からも感情が伝わってきました。
Vのキャラもかなりハマってしまって、しばらく携帯の待ち受けにしてましたよ♪

こちらそどうぞよろしくお願いします。

投稿: ゆかりん | 2006年9月19日 (火) 21時11分

ゆかりんさん、ようこそお越し下さいました。
またTB&コメント有り難う御座います。

V キャラってはまる人とはまらなかった人と
分かれるみたいですねぇ。
すっかり遊ばれちゃってるBlogもありましたし。
しかし!V の待ち受けってあったんですか?^^;
ちょっとと言うか物凄く気になりますね。
私も探してみようと思います!

今後とも宜しく御願い致します。(^^♪

投稿: cocos | 2006年9月19日 (火) 22時37分

おはようございます♪
ウォシャウスキー兄弟にしては地味な内容で(笑)
ディテールにこだわった、
メッセージ性の強いカルト的作品だと思いました。
好き嫌いが分かれるかも、ですね。
「ナタリー・ポートマン」のロリータ?ファッションも見られて
個人的には楽しめた作品です(笑)
しかし、冗談抜きで仮面の大行軍には
いろんな意味で怖さを感じました。

投稿: 耕作 | 2006年9月22日 (金) 04時53分

 TBありがとうございますm(_ _)m

 物語は、重苦しいのに「V」のキャラ
によって見事にバランスが取れているよ
ーに思えます。

 クライマックスのVの最後の格闘戦や
仮面の行進など、鳥肌が立つほどに興奮
して観ていました。

投稿: たましょく | 2006年9月22日 (金) 10時09分

▼耕作さん

TB&コメント有り難う御座いました。
ナタリー・ポートマンのロリファッションには
確かに驚かされましたねぇ。
思わずチャリエンでのキャメロン・ディアスを
思い出しちゃいました。(^_^;)
今後とも宜しく御願い致します。


▼たましょくさん

たましょくさん仰るとおり、V のキャラが
映画全体の暗く重い雰囲気を絶妙にバランス
とっていましたね。
アクションも過剰過ぎず不足無くって感じで
ついついまた観たくなる作品でした。
今後とも宜しく御願い致します。
TB&コメント有り難う御座いました。

投稿: cocos | 2006年9月23日 (土) 21時20分

cocosさん、コメント&TBありがとうございました。返答遅くなりまして、すみません。
しっくりとした、着慣れてるようなあのVのエプロン姿が、とても可愛かったですね~。
ほんと絶妙なキャラでした。
TBさせてもらっちゃいます。

投稿: まみりん | 2006年10月 2日 (月) 11時04分

まみりんさん、こんにちわ!
ダブルでTB&コメント有り難う御座いました。

妙な笑いどころやカッコイイところやテレを
見せるところなど魅力的なV でしたねぇ。
どこにも書いているんですが、続編が難しそうで
とても残念です。

これからもお気軽に御越し下さい!
宜しく御願いします。m(__)m

投稿: cocos | 2006年10月 2日 (月) 21時23分

cocosさん、今晩は・・・。
いつもTB&コメントをありがとう。

「Vフォー・ヴェンデッタ」は実は1回目はあまりピンと来なく、これは駄作と思ったんですよ。
ウォシャウスキー兄弟作なのにどうもなんか変?と思って見直しました。
2回目、3回目になるとこの映画の良さを感じ出しましたよ。
あまり複雑にせずにもっとシンプルに描けばもっともっと良くなったのかと?
あれではせっかくの魅力的なキャラがちょっと薄くなったような感じです。
でもさすがウォシャウスキー兄弟作だと思いますよ。
まぁ続編は多分、無理でしょうね。

投稿: satoshi | 2006年10月14日 (土) 01時26分

satoshiさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座いました。

私は買う前は全くピンとこなかったんですが、
DEMO映像を見て、「これは…?」と思って
買いました。
Satoshiさん仰るとおり数度見るとまたいろいろ
良さを発見するかもしれませんね。

今後とも宜しく御願い致します。

投稿: cocos | 2006年10月14日 (土) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/3381041

この記事へのトラックバック一覧です: ● V for VENDETTA ●:

» Vフォー・ヴェンデッタ [Brillatsavarin blog]
近未来、第三次世界大戦後、ファシズム国家となったイギリス。 仮面を付けた謎の男、 [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 22時37分

» Vフォー・ヴェンデッタ 06年85本目 [猫姫じゃ]
Vフォー・ヴェンデッタ 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴィ、、、 あたしと、チャイコフスキーの大序曲「1812年」との出会いは、今をさかのぼることン十数年前、10才くらいの頃のお話。あたしの母方親族って、音楽好きな人が多くって、その一人、オーディオマ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 02時44分

» Vフォー・ヴェンデッタ (V FOR VENDETTA) [福の神 映画のすすめ]
鑑賞日:2006/9/11 今日は、あんまり時間が無いので、手短に・・ でも、DVDで見た映画は、レンタル始まったばかりの新作で、借りた時は気合入ってたんだけど、今日は、仕事が忙しく、遅くなっちゃたので少し残念。 「マトリックス」のスタッフがって、触れ込みだったので、割と期待してたんですが、「マトリックス」のように娯楽に徹した内容ではなかった。 テーマ色が結構強いかなって思います。でも、面白くないわけではなく、これはこれで、いいかなって思います。 折角の「マトリックス」のヒューゴ・... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 13時09分

» Vフォー・ヴェンデッタ (V For Vendetta) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・マクティーグ 主演 ナタリー・ポートマン 2005年 イギリス/ドイツ映画 132分 アクション 採点★★ あれ?この映画の舞台、近未来のイギリスってことになってるけど、メディア操作と自作自演めいた惨事で国民の恐怖を煽り、その恐怖を基に国民の忠誠心を強..... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 07時52分

» Vフォー・ヴェンデッタ−(映画:2006年112本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジェイムズ・マクティーグ 出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、ジョン・ハート 評価:90点 公式サイト (ネタバレあります) 独特の世界観と特異なキャラで2時間以上をきちんとひっぱるごっつい映画。 ううむ、魅せられ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 19時45分

» V フォー・ヴェンデッタ [映画通の部屋]
「V フォー・ヴェンデッタ」 V FOR VENDETTA/製作:2005年、ア [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 12時15分

» Vフォー・ヴェンデッタ [映画鑑賞★日記・・・]
『V FOR VENDETTA』公開:2006/04/22(04/22,05/07) 監督:ジェームズ・マクティーグ製作: ジョエル・シルヴァー、アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー、グラント・ヒル 出演:ナタリー・ポートマン    ヒューゴ・ウィーヴィング 近未来のイギ....... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 21時07分

» Vフォー・ヴェンデッタ [タクシードライバー耕作のDVD映画日誌]
製作年度 2005年 製作国 イギリス/ドイツ 上映時間 132分 監督 ジェームズ・マクティーグ 製作総指揮 ベンジャミン・ウェイスブレン 脚本 アンディ・ウォシャウスキー 、ラリー・ウォシャウスキー 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 ナタリー・ポートマン 、...... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 04時54分

» Vフォー・ヴェンデッタ [何を書くんだろー]
「Vフォー・ヴェンデッタ」 評価 ★★★★★ (4.6) 『あらすじ』  第三次世界大戦後の世界。独裁国家となったイギリスで労働階級の民間人として、テレビ局で働く イヴィー(ナタリー・ポートマン)。ある夜、彼女は外出禁止令が出る中を慌ただし...... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 10時09分

» V フォー・ヴェンデッタ [ゴネの独り言。]
出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、スティーブン・レイ、ジョン・ハート他 監督:ジェイムズ・マクティーグ脚本:ウォシャウスキー兄弟 原題:V For Vendetta                    2006年 アメリカ 以下、ちょっと意味のわからない解説が続きます。ご了承を。 第三次世界大戦後の英国は、アメリカ合衆国までをも植民地にし、国内でも恐怖政治を布く強大な国家に成長していた。 移住者・異教者・同性愛者などなどのマイノリティは徹底的に排除された世界。個人の行動は街のあち... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 11時05分

» Vフォー・ヴェンデッタ [ビデオ鑑賞日記]
2005年 132分 監督 ラリー&アンディ・ウォシャウスキー 出演者 ヒューゴ・ウィービング、ナタリー・ポートマン、スティーブン・レイ、ジョン・ハート 独裁国家となった近未来のイギリス。 謎の仮面男Vが独裁者サトラーの独裁政治と管理社会の危険性を....... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 18時13分

» Vフォー・ヴェンデッタ [そこで馬が走るかぎり]
物凄く賛否が分かれそうな作品ではある        Vフォー・ヴェンデッタ 先日見たX-MENも このくらい上手く作ってくれればなぁ と思いつつ鑑賞 物語は 興味をかきたてるように進み飽きさせない オペラ風に流れる曲 Vのセリフ回しも格好いい 仮面な... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 22時25分

» Vフォー・ヴェンデッタ [my life of my life]
Vフォー・ヴェンデッタ監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ナタリー・ポートマン,ヒューゴ・ウィービング,スティーブン・レイ,ジョン・ハート収録時間:132分レンタル開始日:2006-09-08Story『レオン』のナタリー・ポートマンと“エ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 22時39分

« ● ニューオーリンズ・トライアル ● | トップページ | ● メンフィス・ベル ● »