« ● 攻殻機動隊 ● | トップページ | ● マイアミ・バイス ● »

2006年12月24日 (日)

● Limit of Love 海猿 ●

Sarulol_2 ▼潜水士物語▼

2005年制作、漫画を原作とする映画の続編「LIMIT of LOVE  海猿」のDVDを購入して鑑賞しました。 原作の漫画はよく読んでいたので続編とは言えメインのキャストは知ってはいました。 主人公仙崎に伊藤英明、そのフィアンセに加藤あい、先崎の相棒吉岡に佐藤隆太、他に時任三郎、石黒賢、大塚寧々等々のキャスティング。 海上保安官の主人公とその相棒や先輩たちが織りなす青春群像劇でありバディムービーです。

Sarulol_1 仙崎とその仲間たち潜水士が訓練中に海難事故が発生。 早速訓練から実際の救難作業に入ります。 600名以上の乗員乗客を載せた大型フェリーが座礁、徐々に浸水し傾斜する船内で乗員の救難作業をする最中に様々な問題が次々発生。 粛々と進む救助作業にも関わらず、浸水の続く大型フェリーの傾斜角はやがて満載する車両の引火爆発に繋がり、火災と浸水と言う大規模海難事故に発展してゆきます。

Sarulol_3 見所は、浸水し沈没に向かう船内で次々と起こる爆発・火災・水流の迫力映像と、その危機また危機に立ち向かう緊急救助隊の面々に対応。 またその中で語られてゆく人間模様が終盤の危機的場面で観る者の感情を大きく揺さ振ります。 まぁ、海外映画でもよくあるディザスタームービーでもそこがどう観客に訴えかけるかでその作品の質を大きく左右しますよね。 この映画ではそれはなかなか良かったと思います。

Sarulol_4 主人公仙崎が要救助者の救出を諦めない理由の布石も大まかではありますが映画の冒頭で押さえられているし、また潜水士仲間が同じ潜水士の捜索をなかなか諦めないところも海外戦争映画の戦友を見捨てないって精神に通じていて結構感動。 欲を言えばもうちょっとそこら辺の潜水士仲間の関係が描かれていればもっと感情移入したかもしれません。 まぁ、続編映画ですからそこはしょうがないですが、、、。個人的には美木良介さん良かったなぁ。

Sarulol_5

|

« ● 攻殻機動隊 ● | トップページ | ● マイアミ・バイス ● »

コメント

きゃ~!ごめんなさ~い!
あたしは美木良介、大嫌い、、、
うぅぅ、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年12月26日 (火) 14時46分

猫姫様、こんにちはぁ(^^)v
TB&コメント有り難う御座いました。
また、いつも有り難う御座います。

うはっ! 美木良介さん嫌いでしたか!
私はこの作品に関してだけですからねぇ。(^_^;)
今後とも宜しくお願いします。

投稿: cocos | 2006年12月26日 (火) 21時24分

 TBありがとうございますm(_ _)m

 シリーズ通して見ていれば、もうちょっと
登場人物に対しても、思い入れが持てたんだ
思いながら、いきなりシリーズ最終作から入
ってしまって、ちょっと大味に感じました。

 船の傾くシーンや、救助シーンは緊迫感が
あったのは、良かったです。ただ、登場人物
たちの言動が、個人的には気になるところで
した。

投稿: たましょく | 2006年12月29日 (金) 09時49分

たましょくさん、こんにちは!
TB&コメント有り難う御座いました。

なるほどぉ、シリーズ全編を通してみていれば
確かに違った感想を持ったかもしませんねぇ。

今後とも宜しくお願い致します。(^^ゞ

投稿: cocos | 2006年12月29日 (金) 22時16分

こんばんわ!TB&コメントありがとうございます!

映像はお金をかけているだけあって見ごたえがあり、加藤あいちゃんはものすごく可愛かったんですが。
私は、原作もドラマも映画も観たことがないので、いまいち移入できずに終わってしまいました・・・(苦笑)
でもかなりヒットしてたんですよ、この作品。
人気があるんですよね、きっと。

投稿: 睦月 | 2006年12月30日 (土) 02時39分

睦月さん、こんにちは!
コメント有り難う御座います。

個人的には加藤アイちゃんのようなもじもじタイプは
あまり好みでは無い(関係ありませんが…)ので
もうちょっと仙崎(伊藤英明)くんをド突いて欲しい
くらいでした(^_^;)。
ここのところ邦画は絶好調ですものねぇ。
なんでも今年は邦画の興行収入が洋画を上回ったとか。
明年も洋画邦画共に切磋琢磨して映画ファンを喜ばして
欲しいですね。

で、明年も宜しくお願い致します。(^^ゞ

投稿: cocos | 2006年12月30日 (土) 18時59分

▼良太さん、▼睦月さん、こんにちは!
新年早々、TBして頂き有り難う御座いました。
皆さん、前作の人間ドラマの部分を絶賛されているので
今度観てみたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。m(__)m

投稿: cocos | 2007年1月 3日 (水) 12時03分

いつもTB&コメントをありがとう。
始め言っておきますが、この映画は予想外に良くって僕もとても楽しめましたよ。
突込みどころがいっぱい・・・つまらない映画には決して突込みなど入れませんからね(^o^)丿
いろいろ考えるのは欲張りではないですよ。
僕もいろいろと・・・結構、良く出来た映画だからなおさらにね。

もうすぐ「スーパーマン・リターンズ」も見ますよ。

投稿: satoshi | 2007年1月14日 (日) 18時47分

▼satoshiさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座いました。

そうそう、私も予想外に面白かったです。
店頭でのDEMO映像観て衝動買い正解でした。

satoshiさんの「スーパーマンリターンズ」の
レヴュー、楽しみにしてますよぉ(^^)v

投稿: cocos | 2007年1月15日 (月) 00時14分

TB失礼します☆

私はこのテの作品が苦手でして…鍛練の為に観ましたがやはりごにょごにょ…。

前回の「海猿」のようなスカッとしたドラマに仕立てて欲しかったですぅ。

投稿: ももも | 2007年3月 6日 (火) 11時27分

▼もももさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座いました。
お返事遅れてしまってゴメンナサイ。m(__)m

前作はスッキリ快作だったんですか?
そうなると観てみようかな?と思っちゃいます。
原作は素晴らしい作品なんですけどねぇ。

これからも是非是非お立ち寄り下さい!

投稿: cocos | 2007年3月 8日 (木) 21時45分

lovely海猿最高。
    あれは泣けた。ってか泣いた。weep

投稿: あやなん | 2008年8月11日 (月) 10時25分

▼あやなんさん

コメント、有難う御座いました!
想像以上(失礼?)に感動モノでしたねぇ。
私は原作漫画を読んでいたのでそっちも結構
感動モノでした。
これからも気軽にお越し下さい!!(^^)!

投稿: cocos | 2008年8月12日 (火) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/4662010

この記事へのトラックバック一覧です: ● Limit of Love 海猿 ●:

» LIMIT OF LOVE 海猿 06年118本目 [猫姫じゃ]
LIMIT OF LOVE 海猿 羽住英一郎 監督伊藤英明 、加藤あい、佐藤隆太 、大塚寧々 、吹越満、時任三郎 、美木良介 最後は感動した!! よかった!http://cocos.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/limit_of_love__5684.html... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 14時45分

» LIMIT OF LOVE 海猿 [何を書くんだろー]
「LIMIT OF LOVE」海猿評価 ★★★☆☆(3.2)『あらすじ』 結婚を控えた仙崎大輔は、第十管区海上保安本部で機動救難隊としてバディの吉岡と共に日々訓練を行っていた。そんな大輔の元に横浜から婚約者である伊沢環菜が訪れる。再会を喜ぶ一方で、救難隊...... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 09時49分

» LIMIT OF LOVE 海猿 [気ままに〜ひとりごと日記]
前作は海猿は格好良くて登場人物も いい味出していたんだけれど・・・ 今回は変にコミカルに描いていたり 出てくる役者さんの魅力も下がって いるのが気にかかりました。 何より全体的に緊迫感が全く伝わって 来ないのが駄目です。 「加藤あい」だけ、良かったかな… 評価:★★☆☆☆ 点数:20点 LIMIT OF LOVE 海猿 プレミアム・エディション 伊藤英明 羽住英一郎 加藤あい ポニーキ�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 2日 (火) 17時23分

» LIMIT OF LOVE 海猿 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  全てのシュチュエーションが・・・LIMIT   [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 04時59分

» LIMIT OF LOVE海猿 [○o。1日いっぽん映画三昧。o ○]
「LIMT OF LOVE海猿」を観ました。 海上保安官、仙崎大輔は潜水士となって早2年。機動救難隊員として海難救助の [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 11時22分

« ● 攻殻機動隊 ● | トップページ | ● マイアミ・バイス ● »