« ● アイランド ● | トップページ | ● 攻殻機動隊 ● »

2006年12月12日 (火)

● ダヴィンチ・コード ●

Davincicode_0 ▼キリストにまつわる謎▼

2006年の話題作「ダ・ヴィンチ・コード」のDVDを購入し鑑賞しました。 監督は、「アポロ13」「ビューティフル・マインド」「シンデレラマン」等数々の大作を手掛けたロン・ハワード。 主演は、2度のオスカー俳優トム・ハンクスに「アメリ」などに出演のオドレイ・トトゥ。 他のキャストは、フランス警察の警部役に「レオン」のジャン・レノ、数々の名作に出演のイアン・マッケラン等です。

Davincicode_2 STORYは、ルーヴル美術館館長が殺害されその周りには不可解な暗号が残されていた。 暗号には館長がその日会うことになっていたハンクス演じるハーバード大学教授の主人公の名前が含まれていた。 そのため疑いを掛けられた主人公はレノが演じるフランス警察の警部に現場に呼び出され危うく犯人扱いされる事に。 そんな危機をトトゥの演じる館長の娘で女性警官に救われますが、そこから主人公たちは警察と本当の犯人たちとの追跡劇が始まります。

Davincicode_3 この映画の面白かったところは、そんな追いつ追われつのチェイスシーンより、殺害現場に残された暗号とキリスト教にまつわる過去の歴史との謎解きにあると思います。 マグダラのマリア、シオン修道会、オプス・デイ、テンプル騎士団、魔女の鉄槌、聖杯等々、STORY自体がフィクションとは言えいろいろ調べたりしたくなっちゃう文言がいっぱい出てきます。 題名はダヴィンチ・コードですが、そんなにダヴィンチがメインで進むわけでもありません。 しかし謎解きを含めて語られる歴史の裏の仮説を楽しめれば非常に面白いです。 原作の方がもっと面白いと言う声は良く聞きますが、個人的にはとてもお薦めの映画です。

Davincicode_1 Davincicode_4

|

« ● アイランド ● | トップページ | ● 攻殻機動隊 ● »

コメント

cocosさん、こんばんは!
酷評が多い中、面白かったというcocosさんのレビュー、嬉しかったです(^-^)

ただ残念なのは、謎解きの部分をもうすこしワクワクさせて欲しかったんですけれどね。。。

投稿: shake | 2006年12月13日 (水) 00時53分

shakeさん、こんにちは!
TB&コメント、有難う御座います。

キャストも良かったし、雰囲気も良かったし
shakeさんの仰るとおり肝心な謎解きのシーンの
ワクワク感がもっと欲しかったですよねぇ。
続編には期待しちゃいます。

今後とも宜しくお願い致します。(^^♪

投稿: cocos | 2006年12月13日 (水) 07時36分

TB&コメントをありがとう。
僕は映画館でも見て、DVDでも見て、そして思いがけないDVD-BOXのプレもあって、25分追加のエクステンデッド版も見ました。
でも違いがハッキリ分からなかった(^o^)丿
映画館でも2時間30分はアっと言う間・・・僕もとても楽しめましたよ。
まぁ小説の通りに描いていたら4時間あっても足らないんでしょうね。
良くまとめていたのでは?

投稿: satoshi | 2006年12月13日 (水) 17時51分

satoshiさん、こんにちは!
こちらこそTB&コメント、有り難う御座います。

なるほど、エクステンデッド版もあまり期待は
出来ないって感じですね。
ま、楽しめたので悔いなどはありませんし次作に
期待してみますか(笑)。

これからも宜しくお願い致します。(^^ゞ

投稿: cocos | 2006年12月13日 (水) 21時57分

 TBありがとうございますm(_ _)m

 あくまでも「ダ・ヴィンチ」は、掴みで
そこからキリスト関係へとシフトしてゆく
過程、謎に対する深読みなども、ダラダラ
することなくみせてくれていましたよね。

投稿: たましょく | 2006年12月14日 (木) 07時51分

たまちょくさん、こんにちは!
TB&コメント、有難う御座いました。

そうそう、たましょくさんの仰るとおりで
日本ではダビンチが先行し過ぎていて実際は
キリストを中心としたヨーロッパ宗教に関わる
映画って雰囲気が希薄だったのかも、、、。
まぁ、宗教ミステリーを前面に出していたら
この盛り上がりはもうちょっと違っていたかも
しれませんけどねぇ、、、。(^_^;)
テンポの良さと映像の綺麗さが際立つミステリー
映画って感じですね。

今後とも宜しくお願いしまーす!(^^♪

投稿: cocos | 2006年12月14日 (木) 08時04分

取り急ぎ・・・。

この前の「日曜洋画劇場」の「ラスト・サムライ」を見ていたら最後で、淀川長治さんの「日曜洋画劇場」での解説を集めたDVDのことが出ていました。
12月20日に2500円で発売、レンンタルもされるそうです。
この中には淀川さんの50本の映画の解説が入ってるそうです。
これのプレゼントのインフォが載っていて、ハガキでもメールでも応募できるようです。
Webでの応募のサイトは・・・。
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/
右下の「プレゼントの応募はコチラ」をクリック!
Webでの応募フォーム受付は明日12月15日(金)24:00までです。
cocosさんも良かったら応募してみてください。

投稿: satoshi | 2006年12月14日 (木) 20時57分

satoshiさん、ご丁寧に有り難う御座います。
早速応募してみようと思います。
私の場合、あまりくじ運良い方じゃないんで
大きな期待は出来ませんが楽しみです。(^^ゞ
また、イイ情報ありましたら宜しくお願いします!

投稿: cocos | 2006年12月14日 (木) 21時07分

こんにちわ!TB&コメントありがとう
ございました!

原作を読まれていない方の間では
かなりの賛否両論だったこの作品・・・
cocosさんにとってはなかなかに楽しめる
ものになったようでホントに良かったです!

サスペンスとしてもかなり楽しめるものですが
それよりもミステリーの部分で楽しんでほしい
作品だと私も思います。

まあ・・・
あんまりダ・ヴィンチが関係してないってところ
は難点でしたが(苦笑)

投稿: 睦月 | 2006年12月16日 (土) 10時07分

睦月さん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座います。

ダヴィンチがあまりSTORYに関係しなかった
「ダヴィンチ・コード」。
ある意味未消化なぶん、次作に期待しちゃう
心理状態でもあります(笑)。

睦月さん、これからもお気軽に御越し下さい。(^^)v

投稿: cocos | 2006年12月16日 (土) 18時43分

cocosさん、TB&コメントありがとうございます。私は原作を読んでから観ました。読んだから、この映画の「聖杯って実は・・・」とゆー仮説が、マジで本当のことかもしんないと思えたような気がしました。
それでも、監督、出演者はかなりレベル高いと思いました。

投稿: Lance | 2006年12月17日 (日) 01時12分

Lanceさん
TB&コメント有り難う御座いました。

原作読んでるともっと奥深い捉え方が出来そう
なんですねぇ?
やはり読んだ方がいいのかなぁ、、、(^_^;)

Lanceさん、これからも宜しくお願い致します。

投稿: cocos | 2006年12月17日 (日) 02時46分

こんばんわぁ~☆
TBコメントありがとぉ~ございまぁ~す!

私も原作は読んでませんが、とても面白かったです!
でも勉強不足で少し難しかったですけど
と言うことで、サスペンスとして楽しみました^^

続編があるんですねぇ~
それまでには原作を読みたいと思います!
楽しみですねぇ~^^


投稿: リリー | 2006年12月20日 (水) 00時54分

リリーさん、こんにちは!
TB&コメント、有難う御座いました。

そうそう、続編があるそうです。
キャスティングはどうなるか判りませんが、、。
これからもお気軽にお越し下さい(^^)v

投稿: cocos | 2006年12月20日 (水) 07時29分

cocosさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も原作を読まずに鑑賞したのがよかったと思っています。単純に謎ときを楽しめました。ラストもけっこう好きです。

こちらこそ、来年も宜しくお願い致します。

投稿: イエローストーン | 2006年12月31日 (日) 01時33分

cocosさん、おはようございます!
洋画は最初なかなかストーリーに入り込めない私ですが、この作品はすんなりでした。
『チェイスシーンよりも謎解きにある』、とっても同感です。
「謎解き作品好き(!?)」な私は楽しめました。

投稿: プー | 2007年1月11日 (木) 07時46分

▼プーさん、こんにちは!
TB&コメント、有難う御座いました。

プーさんも謎解きモノがお好きなんですね!
それまで見えなかったものが解き明かされて
見えてくるようなシーンは、映画ならではの
映像が活かせるところですよね。
続編でも、よりミステリアスな映像とシナリオを
期待したいところです。

今後とも宜しくお願い致します。(^^♪

投稿: cocos | 2007年1月12日 (金) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/4495347

この記事へのトラックバック一覧です: ● ダヴィンチ・コード ●:

» ダ・ヴィンチ・コード [シェイクで乾杯!]
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション2006年度・米・150分 THE DA VINCI CODE ■原作:ダン・ブラウン ■監督:ロン・ハワード ■出演:トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/ジャン・レノ/ポール・ベタニー/アルフレッド・モリ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 00時55分

» ダ・ビンチ・コード 06年105本目 [猫姫じゃ]
ダ・ビンチ・コード これって、話題の映画?ですよね。 トム・ハンクス 主演、ロン・ハワード 監督。原作はダン・ブラウン のベストセラー、、、ぁ、原作はおもしろいのね?たぶん、、、 てなわけなさそう、、、 つまらん、、、 どこがおもしろいのか、ぜんぜんかわから...... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 04時37分

» ダ・ヴィンチ・コード [ビデオ鑑賞日記]
2006年 174分 監督 ロン・ハワード 出演者 トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリナ ルーブル美術館のグランドギャラリーで館長ソニエールが何者かに惨殺される。 遺体のそばには....... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 17時50分

» ダ・ヴィンチ・コード [何を書くんだろー]
「ダ・ヴィンチ・コード」評価 ★★★★☆(3.9)『あらすじ』 ルーブル美術館館長ソニエールが何者かによって殺害され、彼は息を引き取る間際に不可解なメッセージを残す。レオナルド・ダヴィンチが描いた「ウィトルウィウス的人体図」を模した構図を自分の体を使っ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 07時52分

» ダ・ヴィンチ・コード [Yuhiの読書日記+α]
やっとのことで「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。 原作の方を読んでましたので、内容はあらかじめ知ってました。 それを踏まえての感想ということになります。 かなり長い原作を2〜3時間の映画にしたわけですから、かなり端折ってるなーという感じは否めませんでした。 特に、教授(トム・ハンクス)がソフィと何故逃げなければならないのか?とか、逃げる途中、誰も信じられないような状況の中で、知り合い... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 23時26分

» ダ・ヴィンチ・コード [オタク部屋]
2006年米 原作・製作総指揮/ダン・ブラウン 監督/ロン・ハワード 出演/トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン アルフレッド・モリナ ジャン・レノ  公開中なので、詳しくは、公式サイトへどうぞ。 ルーブル美術館の館長ソニエールが怪死を遂げる。警察に呼び出されたラングトン教授(←ソニエール館長の意味深なダイイングメッセージのせいで容疑者扱いだった)はさっぱりワケが分からない。そこに暗号解読者のソフィー登場でファーシュ警部は少々迷惑がるけど、実は彼女館長の絶縁状態のお孫様だった... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 01時00分

» ダ・ヴィンチ・コード [新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>]
今年上期最大の話題作。全世界同時公開で観ようかと思ったけど、めちゃ混みしそうなので、1週外した。レイトで鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 19時49分

» ダ・ウ゛ィンチ・コード [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 真実は…『ルーブルもと暗し』   [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 07時31分

» ダ・ヴィンチ・コード [Extremelife]
ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教をめぐる人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化した話題のミステリー大作。主演はトム・ハンクス、共...... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 23時52分

» ダ・ヴィンチ・コード [Big Screen]
○THE DA VINCI CODE ○ミステリー/ドラマ/サスペンス[◆◆◆◆◆◇5/6] ○2006米国/150min/SPE/公開2006/05/20 ○イントロダクション イエス・キリストにまつわる”最大の秘密”を守るシオン修道会。その秘密を利用し、強大な力を得ようとするキリスト教組織、オ..... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 21時08分

» P.S 聖杯の真相とその眠る場所・・・「ダ・ヴィンチ・コード 」 [取手物語~取手より愛をこめて]
ルーヴル美術館の館長ソニエールが殺された。彼はみずからをダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図に模して息をひきとっており、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。 [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 00時11分

» ルーブルのネット展覧会、イタリアその2 [美術館[美術館ブログ]美術館情報]
ルーブル美術館のネット展覧会イタリアの2回目です。美術館[美術館ブログ]美術館情報の美術館館長大作です。美術館めぐり。今日の美術館情報は、美術館です。ルーブルの絵画 イタリア:13~15世紀の2回目です。 (クリックして名画を鑑賞してく...... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 22時59分

« ● アイランド ● | トップページ | ● 攻殻機動隊 ● »