« ● SPIDER-MAN ● | トップページ | ● 鉄コン筋クリート ● »

2007年1月12日 (金)

● SPIDER-MAN 2 ●

Spiderman2_1 ▼ヒーローのすがた▼

2004年劇場公開された「スパイダーマン2」のDVDを購入して鑑賞しました。 「スパイダーマン」と同じく監督はサム・ライミ。 前作同様最新VFXを駆使し、よりパワーアップされた映像とともに、主人公ピーターを中心とした人間ドラマにも注目される作品でした。

Spiderman2_2今回トビー・マグワイア演じる主人公ピーターは大学に進学したものの、大学での勉強、経済苦ゆえのアルバイト、昼夜を問わぬスーパーヒーローとしての活躍とヒロインMJへの伝えられぬ思いとの板挟みで悩み苦しみます。    また、それがスパイダーマンとしての能力にも少なからず影響し、まるで負のデフレスパイラルの如くどれもが上手くいかず、徐々に人知れずスーパーヒーローとして生きる事に行き詰まりを感じてしまいます。

Spiderman2_5 これまでのスーパーヒーローとしての生き方に疲れをおぼえ、ごく普通の人として生きようと一度は決意するピーターはスパイダーマンを捨て、一学生としての生活に戻ります。 ピーターの心情が非常によく表現されていて、ヒーローを忘れようと学園生活を満喫するシーンなどは、バックグラウンドに「明日に向かって撃て」の“雨にぬれても♪”などが流れ、学生でいる事の楽しさを際立たせています。

Spiderman2_6 苦悩するピーターもやがてはスーパーヒーローとして復活するのですが、ピーターが幾重にも重なる悩み苦しみから立ち直っていくまでの過程には不覚にも思わず涙が出てしまいそうでした。 ヒーローアクションものなのに、、、、、、。 また、スーパーヒーローを待ち望む人たちや子供たちのヒーロー像も語られ、多くの米国民にあって今の日本に無い国民性の違いみたいなものも感じさせられます。

Spiderman2_7 今回、ヒロインMJとの恋の進展も、観る側としてはやきもきさせられましたが、それ以上にヒーローの心の問題をある意味深く掘り下げていたように思います。 実際、ヒーローとしての活躍を続けるには、使命感を抜きには全く考えられないでしょうし、かと言ってそれだけでは生活出来ない可能性すらありますからねぇ。 ピーターは正直生活も楽ではない様子。 これまでのヒーローって、金持ちや少なくとも並くらいの生活力ってありましたよね。 まだ学生で生活も苦しくって、なのにスーパーヒーローなんてちょっと少ないかも。 これからの「スパイダーマン」シリーズは、そんなピーターがスーパーヒーローとして・人間として・社会人として、MJと共にどう成長してゆくのか? そういったところもちょっと見所です。(^_^;)

Spiderman2_3 Spiderman2_4

|

« ● SPIDER-MAN ● | トップページ | ● 鉄コン筋クリート ● »

コメント

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにコメント&TBありがとうございました。
自分のレビューを読んで、映画を観てもらえるなんて嬉しい経験ですね。
ありがとうございます。
映画の方も楽しんでいただけたようですね・
これから公開される「3」が楽しみですね
jamsession123goは、必ず見ようと思ってます。

投稿: jamsession123go | 2007年1月13日 (土) 20時01分

悩み多きヒーロー・・・スパイダーマン。
次回作は、ワル・スパイダーマンになっちゃうらしいです。
予告編を見る限りでは、期待できそう。
1より2作目・・・2より3作目・・って感じで、
どんどん面白くなって欲しい作品です。

投稿: ひらりん | 2007年1月14日 (日) 02時01分

▼jamsession123goさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座います。

お陰様で、また楽しみが増えました。(^^♪
逆に、いつかスパイダーマンシリーズも終焉が
あるのだろうと思うと、先の事とは言え寂しい
気もします。
それまでシッカリ楽しめちゃいますが、、、。
今後とも宜しくお願い致します。m(__)m

投稿: cocos | 2007年1月14日 (日) 03時08分

▼ひらりんさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座います。

えぇ?ワルスパイダーマンなんですか。
そう言えばDEMO映像観るとグレイと言うか黒と
言うか、そんなコスチュームですものねぇ。
どんなSTORYで、ピーターはまたどんな悩みを
抱えちゃうんだろう?(^_^;)
でも間違いなく期待できそうですね。

某新聞社系エンタ雑誌だと、5月公開のスパイダー
マンはあのジョニデの海賊の新作と激突だそうで
その対決もまた面白そう。

ひらりんさん、今後とも宜しくお願いします(^^)v

投稿: cocos | 2007年1月14日 (日) 03時30分

続編って、あまり面白くないのが通常なので全然期待していなかったのに、不覚にもcocosさんと同じシーンで泣きました。もう号泣。
「雨にぬれても」の曲の使い方とか、うまかったですよね。

投稿: shake | 2007年1月14日 (日) 20時51分

▼shakeさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座いました。

泣きのシーンにも想定外でしたが「雨にぬれても」を
聞ける事になるとは、これまた想定外。
本当に上手い作り方ですよねぇ。
「3」をワクワクしながら待てます。
今後とも宜しくお願い致します。(^^ゞ

投稿: cocos | 2007年1月15日 (月) 00時17分

トラバありがとうございました。
どんどん暗くなっていく作品。
その暗さには哀愁やホラー要素もエスカレート。
私はスピルバーグと並んでこの監督さんの作品が大好き。
3の予告を見るともう絶対行きたくなります。
デビルマンです。
ある意味・・
ダークマンも面白いですよ。
侍ミさんのは。

投稿: eigahujin | 2007年1月18日 (木) 05時09分

▼eigahujinさん、こんにちは!
重ねてコメント頂き、有難う御座いました。

「2」ではますます暗く哀しく進むSTORY。
終盤、MJとの事が好転しなかったら、悲惨すぎるヒーローもので観るに耐えない作品になりそうでしたよねぇ。
しかし・・・侍ミ・・・(笑)。
「ダークマン」もサム・ライミ監督なんですか?

また、お気軽にお立ち寄り下さい!(^^♪

投稿: cocos | 2007年1月18日 (木) 07時43分

はい、ダークマンはサム・ライミです。
シンプルプランもかなり面白いです。
こっちはファーゴの監督が脚本してたと思う。

ちなみにサム・ライミとは彼のペンネームで、
親日家で有名なんですね。
侍ミー、ミーは侍という笑える宛てネームなんですよ。
嘘みたいだけど本当の話。
さすが元漫画家(コンテとか自分で描いてます)
変なおたくな監督が好きです。

投稿: eigahujin | 2007年1月25日 (木) 05時08分

▼eigahujinさん、こんにちは!
いつも有難う御座います。

「ダークマン」、確か廉価版もでていたと思うので、買って見てみます! それに「シンプルプラン」ですね。 こちらもSTORYとかを検索して見てみましょう。

それにしても、サム・ライミ監督。
●親日家 ●侍ミー ●元漫画家・・・
さすがよくご存知なんですねぇ。
本当に嘘みたいな笑えるネタですね。(笑)
親日家でオタクなサミ・ライミ監督。
私もちょっと好きになりました。(^^♪

これからも宜しくお願い致します。!(^^)!

投稿: cocos | 2007年1月25日 (木) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/4854768

この記事へのトラックバック一覧です: ● SPIDER-MAN 2 ●:

» 映画のご紹介(227) スパイダーマン2(2004年) [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(227) スパイダーマン2(2004年)-捻りのきいたヒロイズム SF映画好きとして、「1」は映画館で観た。 しかし、その時の評価が今ひとつだったので、「2」が公開されたと....... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 19時59分

» 「スパイダーマン2」 (SPIDER-MAN 2) [ひらりん的映画ブログ]
トビー・マグワイア主演、2004年製作。 ヒーローアクション+ロマンス大作。 制作費180億だっけ。 前作、研究中の蜘蛛に刺されちゃってスパイダーマンになった主人公。 今回もしっかりコスチュームを自分で洗濯しています。 あらすじ バイトしながらさえない大学生をしているピーター。 事件に遭遇するとスパイダーマンとなって治安維持。 幼なじみで恋焦がれるMJは舞台女優として活躍し始める。 親友のハリーは、前作でスパイ... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 01時58分

» スパイダーマン2 [シェイクで乾杯!]
大抵、「2」は1作目よりも劣ることが多いと思うのだが、これは違っていた。 [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 20時53分

» スパイダーマン2 [映画を観よう]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント スパイダーマン 2 [SUPERBIT(TM)] アメリカ 2004年 トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、アルフレッド・モリーナ 【ストーリー】 グリーン・ゴブリン(ウィレム・デフォー)との死闘... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 08時53分

« ● SPIDER-MAN ● | トップページ | ● 鉄コン筋クリート ● »