« ● ザ・センチネル ● | トップページ | ● 2番目のキス ● »

2007年2月 6日 (火)

● ローレライ ●

Lorelei_5 ▼大人戦争子供戦争▼

2005年の話題作、「ローレライ」のDVDを遅ればせながら購入して鑑賞しました。 福井晴敏の人気小説「終戦のローレライ」を原作に、先日観た「日本沈没」リメイク版の樋口真嗣監督、そして「踊る大捜査線」シリーズの亀山千広製作。 公開前の宣伝も大規模だっただけにYahoo!レヴュー等での賛否分かれる評価はなかなか微妙。 原作を知る私の友人からは「良くない!」と厳しい批評でした。

Lorelei_7 出演は、題名ローレライの元になる“ローレライシステム”の鍵を握る少女パウラ役を新進女優の香椎由宇、そのローレライシステムを搭載するN式特殊潜航艇を操舵する水兵折笠役に妻夫木聡。 同盟国ドイツから供与された特殊兵器を積載する新型潜水艦/日本名“伊号507”を舞台に、ドイツから人間兵器として使役されてきたパウラと人間特攻兵器回天の搭乗員として訓練してきた折笠を通して生き方死に方を問うています。

Lorelei_2 彼等のように多くの事を知らず戦争に巻き込まれている若い世代の対比として、伊号507艦長役の役所広司や副長役の柳葉敏郎らが特攻などで死に急ぐ若者や戦争の意義やあり方をSTORYの進行に重ねて話す場面はちょっと胸を打つところでもありました。 また、艦の軍医役の國村隼の一癖も二癖もある演技は狭い潜水艦の中での人間模様をより濃いものにしている感じです。

Lorelei_3 この作品は舞台を潜水艦内だけでなく、敗色濃厚ななか首都東京で終戦工作と保身に奔走する伊武雅刀演じる軍令部幹部たちと、異なる思考で終戦と日本の再生を願い行動する青年将校役の堤真一の対決シーンなどもあってけっこう緊迫感もあります。 今の日本の元になった終戦前後の大人たち、戦争遂行の当事者たちの責任の取り方を暗に批判しているようにも思えました。

個人的には、CG等を使ったであろう水中での潜水艦のアクションシーンは見応えがありました。 洋上の米国駆逐艦等はちょっと模型っぽさがありましたけれど、、、。 ただ可能なら、潜水艦を取り巻くシーンと国内の陸海軍や軍令部の周辺のシーンは、それこそ別な映画にしても結構面白かったんじゃないかと思います。 それくらい伊武雅刀堤真一鶴見辰吾橋爪功等の終戦工作の謀略絡みの場面などは良かった。 そう言った戦争シーンの無い戦争映画も作ってみて欲しいですね。

Lorelei_4 Lorelei_8

Lorelei_1 Lorelei_6

|

« ● ザ・センチネル ● | トップページ | ● 2番目のキス ● »

コメント

TBをありがとう。
かなり遅まきで見られたんですね。
なんかこのところ僕のブログのライブドアがよく障害をおこしているようで、「ローレライ」のTBが5つも入っていました。
僕も昨日、他のところにしたら3つもダブってしまって・・・(^o^)丿
たまにこんなことになっちゃうようですね。
僕のほうからのTBはうまく届いてるかな?

「ローレライ」は邦画に厳しい僕はかなりの辛口批評でした(^o^)丿
SF映画としてみたら?

投稿: satoshi | 2007年2月 9日 (金) 23時15分

▼satoshiさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座いました。

Livedoorさんは、ここのところ不調らしいですね。
実は昨日はTB何度打っても成功しなかったので
諦めてました。
で、今日はあっさりTB入ったので、、、、。
でも、TB何本もすいません。m(__)m
実はsatoshiさんのTBも2本頂いてました。
他にもLivedoorさん関係のブログさんからは
時折数本ダブってTB入る事は結構ありました。

ココログでは、何故か同じココログのBlogに
何度TB打っても届かない事があります。
根気よくやるしかありませんかねぇ。(^^♪

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: cocos | 2007年2月10日 (土) 04時09分

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにコメント&TBありがとうございました。
ローレライシステムという奇想天外な仕掛けは発送としては面白かったのですが、映画の長さに収めてるので、説得力に欠けたような気がします。
人間ドラマは見せましたね、

投稿: jamsession123go | 2007年2月10日 (土) 12時32分

▼jamsession123goさん、こんにちは!
TB&コメント、有り難う御座いました。

そうそう、ローレライシステムをもっと理論的に
見せてくれればもっと引き込まれたのに、、、。
今日ふと、潜水艦内の叛乱と言えば「クリムゾン
タイド」を思い出しました。
あれも面白かったぁ~!
時々言われる「潜水艦映画に駄作無し・・・」
今作はどうだったでしょうねぇ。^^;

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: cocos | 2007年2月10日 (土) 16時56分

ストーリーは突拍子もない発想で面白かったですね。
ちょっと予算不足なのか・・・
映像がストーリーを描ききれてなかった気がしました。

投稿: ひらりん | 2007年2月19日 (月) 01時29分

こんばんは!
この映画、あたしは大好きなのに、
評判悪いんですよねぇ、、、
悲しい、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年2月20日 (火) 20時37分

★ひらりんさん、猫姫様、返信が
遅くなってもうしわけありません(^_^;)


▼ひらりんさん

突拍子も無い発想、本当にそうでしたねぇ。
でも戦争の兵器って「アリえないだろう!」って
発想の物多いんですよねぇ。
この作品に登場した、旋回砲塔を搭載した
潜水艦って実際フランスにありましたからね。
ディテールは凄く似ています。
STORY展開が速かったのか?余計なシーンが
多かったのか?もうひとつでしたねぇ、確かに。

今後とも宜しくお願い致します。(^^ゞ


▼猫姫様

いつもお世話になってます。
私も!この映画世間の評価以上に大好きです。
個人的にはギバちゃんがいつになく自然に
力み過ぎず演じていたんが非常に良かった。

もしかしたら、内地での一件は無くして艦内
のみの展開にしたら、もっと個々のキャラが
映えたのかもなぁ、、とかも思っちゃいました。
イーストウッド監督に負けずに日本の映画監督
諸氏もメッセージの伝わる戦争映画を是非とも
作成して欲しいですね。

これからも宜しくお願い致します。(^^♪

投稿: cocos | 2007年2月21日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/5203046

この記事へのトラックバック一覧です: ● ローレライ ●:

» ローレライ [ビデオ鑑賞日記]
2005年 128分 監督 樋口真嗣 出演者 役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢、佐藤隆太 1945年8月6日、米国によって広島に原爆が投下された。 海軍大佐、浅倉は次なる原爆投下を察知し、降伏した同盟国ドイツから秘密裏に接収した潜水艦...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 22時30分

» 映画のご紹介(69) ローレライ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(69) ローレライ ローレライを観た。 以前、亡国のイージスの映画評を書いたときに、たくさんの方から「ローレライの方が良かった」というコメントをいただき、ずっと気になっていたが、ようやく...... [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 12時27分

» ローレライ [my life of my life]
ローレライ監督:樋口真嗣出演:役所広司,妻夫木聡,柳葉敏郎,香椎由宇Story作家・福井晴敏と「ガメラ」シリーズの樋口真嗣が共同で考案した壮大なスケールの潜水艦ドラマ。1945年、日本軍はアメリカ軍による本土への原爆投下を阻止する....... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 00時10分

» 「ローレライ」 [ひらりん的映画ブログ]
日本映画の潜水艦モノ・・・。 劇場公開時に、まっDVDでもいいかっ・・くらいだったので、 DVDで見てみました。 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 01時27分

» ローレライ 今年の174本目 [猫姫じゃ]
ローレライ はまりますた。 この手の映画、大好きです。 この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。 トレーラー、ちょっと見ただけ。 他の方のブログも、読んでいませんでした。 何で、この時期に、戦争映画?? そ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 20時36分

» 『ローレライ』 [京の昼寝〜♪]
 乗員70名 祖国を守るため、彼女を守るしかなかった・・・。  全長110mの艦内で、彼らが描き出した未来とは。 ■監督 樋口真嗣 ■原作 福井晴敏(『終戦のローレライ』) ■脚本 鈴木智 ■キャスト 役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、堤 真一、石黒 賢、佐藤隆太、ピエール瀧 1945年8月6日、広島に投下された原子爆弾が大戦の終局を告げようとしていた。 海軍軍令部の浅倉大佐(�... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 10時45分

« ● ザ・センチネル ● | トップページ | ● 2番目のキス ● »