« ● 地獄の変異 ● | トップページ | ● 液晶採用 ● »

2007年3月 1日 (木)

● ブラックホークダウン ●

Bhd_0 ▼想定外の市街戦▼

2001年製作の戦争映画大作、「ブラックホークダウン」のDVDを鑑賞しました。 と言っても、映画館にも観に行ったし、DVDも2002年に発売してすぐ購入してからもう何度観てきたことか、、、。 個人的に、それほど大好きな戦争映画のひとつです(^_^;)。 監督はご存知、リドリー・スコット。 「エイリアン」を筆頭に「ブレイドランナー」「テルマ&ルイーズ」「GIジェーン」「グラディエーター」と煌めくような作品をジャンルを問わず繰り出す監督ですね。

Bhd_3 出演は、主演のジョシュ・ハートネットをはじめ、ユアン・マクレガーエリック・バナトム・サイズモアジェイソン・アイザックスウィリアム・フィクトナーオーランド・プルームサム・シェパード他。 さすが大作、豪華キャスティングですねぇ。 にも係わらず、ほぼ全員ヘルメットやゴーグルに迷彩服のフル装備なので、けっこう没個性化しちゃってます。

Bhd_1 STORYは、泥沼化するソマリアの内戦の鎮圧の為に派兵された米軍が、陸軍レンジャーと特殊部隊デルタ・フォースを中心に首都モガディシオで展開したミッションの顚末を描いています。 1時間ほどで終了するはずだった奇襲作戦は、敵対勢力と銃撃戦になる以前に負傷者が出る躓きから始まり、兵員輸送任務に当たっていたヘリ・ブラックホークが撃墜された事から急変します。

Bhd_2 当初の予定に無い、ブラックホークの乗員救出と言うミッションも加わり、混乱する任務部隊。 敵地である都市で武装する多数の民兵たちと激しい銃撃戦をしながら墜落地点へと移動するものの救出作戦は思うように進まず、悪戯に死傷者を増やす米軍任務部隊。 そんな中、二機目のブラックホークが墜落する。 短時間での作戦を前提にしていた任務部隊は、夜を徹しての市街戦に突入していきます。

Bhd_8 ジョシュ・ハートネットエリック・バナトム・サイズモアジェイソン・アイザックスウィリアム・フィクトナー等が各々の部隊のリーダーとして毅然とした態度で部下たちを指揮し、また時には隊員の士気を鼓舞しながら任務遂行に臨む姿勢は清々しくさえ見えます。 反戦だとか何だとかでは無く、戦争をとおして純粋に戦友の為に戦う!ってのがイイんですよねぇ、、。

Bhd_7 ブラックホークの墜落現場付近で民兵たちに徐々に包囲されるレンジャーとデルタ・フォースに増え続ける死傷者。 闇夜に錯綜する銃火と空から支援射撃を繰り返す攻撃ヘリ。 国連軍による夜明けの救出部隊到着までの隊員たちの長い一夜が続く。 この映画も近年の戦争映画らしくけっこう残酷描写はアリ、RPG(対戦車ミサイル)の直撃で人が飛び散ったり、ミサイルの不発弾が腹に刺さったまま即死したり、爆発で下半身が飛散したりとけっこうエグイです。

Bhd_4 Bhd_5

Bhd_6 Bhd_9

|

« ● 地獄の変異 ● | トップページ | ● 液晶採用 ● »

コメント

これはよかった

投稿: おいw | 2007年4月 3日 (火) 16時30分

▼おいwさん、こんにちは!

シンプルに戦闘シーンテンコ盛りで、好きな人には
結構ツボですよねぇ。
今後とも宜しくお願い致します。(^^♪

投稿: cocos | 2007年4月 3日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/5513212

この記事へのトラックバック一覧です: ● ブラックホークダウン ●:

« ● 地獄の変異 ● | トップページ | ● 液晶採用 ● »