« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月 9日 (土)

● オンライン対戦 ●

Defeated070609 ▼DEFEATED ! ▼

しばらくスカーミッシュモードでコンピューター相手にPLAYしていました「Command&Conquer3」。 だいぶ慣れて(飽きて?)きたので、思い切ってオンライン対戦してみました。 ちょっとドキドキでしたが、AUTOMATCHって言う同水準くらいの相手を自動的にマッチングしてくれるシステムのお陰で、初戦勝利から始まり4戦して2勝2敗。 レベルアップしたとたんキッチリやられました、、、(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

● 007カジノ・ロワイアル ●

007casino_0 ▼大論争の007最新作▼

2006年製作の最新007映画「007 カジノ・ロワイアル」のDVDがついに発売。 早速購入して鑑賞しました! 昔から007シリーズはとても好きなので、結構期待大です。 監督はマーティン・キャンベル。 クリス・コーネルって人のオープニングの主題歌がなかなかカッコイイし、そのOPシーンがトランプを混ぜたスタイリッシュな映像でなかなかです。

007casino_1 主演の新ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグ。 「ミュンヘン」で初めて意識して観たのですが、ちょっと厳つい感じでしたねぇ。 今作のボンド役でも今までの華麗でスキ無くスマートなボンドと違って、結構荒くれで強引でちょっとスマートじゃない、、、。 でもとても新鮮で良かったですね。 ジュディ・デンチ演じる上司の“M”にイヤミたっぷりに怒られたり、結構手を焼く暴れん坊の007って感じでした。

007casino_2 そんな新鮮さたっぷりの新007のボンド・ガールには、「キングダム・オブ・ヘブン」にも出演のエヴァ・グリーンが財務省調査官ヴェスパー役で。 いやぁ綺麗でしたねぇ、、(^_^;)。 過去の007シリーズに登場したボンド・ガールで最高の美女は「ロシアより愛を込めて」のダニエラ・ビアンキだと個人的には思っていましたが、エヴァ・グリーンは匹敵するくらいクールビューティーでグッドです!

007casino_3 今作では、映画の中の非常に多くのシーンをモンテネグロのカジノでのポーカー勝負が占めています。 マッツ・ミケルセン演じる、世界各国のテロ組織の資金と通じるル・シッフルとの大金をかけたポーカーゲームでの心理戦が「カジノ・ロワイアル」の名に相応しい緊張感のある作品になっています。 ゲーム中何度も危機に陥るものの、時にはM I 6の組織を挙げての支援やCIA のヘルプで挽回しつつル・シッフルを起死回生の逆転で追い込みます。

007casino_4 エンディング間近、ヴェスパーと一緒になり007の役目を捨ててまで共になろうとするものの、、、。 作品全体を通してクレイグ演じるボンドは本当によく走ったし、アクションシーンは歴代ボンドでも相当上位になると思います。 公開前の批判を覆すほど大絶賛を浴びたのも納得の作品の出来だと思いました。 クレイグ・ボンドの次作以降がとても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »