« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

● キングダム ●

Kingdam_1 ▼対テロの代償は?▼

対テロを描いた作品が多い昨今、また登場しました「キングダム/見えざる敵」を観て来ました。 監督は、ピーター・バーグ。 よくは知らなかったんですが、トムクル主演の「コラテラル」に出演していたみたいですね。 渋~い政治色を前面に出した地味めなポリティカルアクションムービーかと思いきや、以外や以外アクション重視のSTORY展開でした。

Kingdam_2 主演は、「Ray/レイ」でオスカーを受賞し同年の「コラテラル」もオスカー候補に、近作では「マイアミ・バイス」「ドリームガールズ」など話題作目白押しのジェイミー・フォックス。 それにマット・デイモン主演の「ボーン・・・」シリーズに出演中のクリス・クーパー、「エレクトラ」のジェニファー・ガーナー等々堅実なキャスティングですね。

Kingdam_3 STORYは、サウジアラビアで、在サウジの多数の米国人をターゲットにした自爆テロの捜査に向かうFBI捜査官たちとサウジの警察官たちとの徐々に深まるコミュニケーションをメインテーマにし、そんな中にもテロに対する報復の無意味さを押し付けがましくなく訴えてきます。

Kingdam_4 特に終盤のFBI捜査官たちがテロリストの巣窟にようなエリアに誘い込まれ周囲を囲まれながらの死闘は凄まじい迫力と緊張感です。 ちょっと雰囲気は「ブラックホークダウンを彷彿させるものがあります。 映画のエンディング間近、テロにどう対処する事が賢明なのか、考えさせられるエンディングが用意されています。個人的には、とってもお薦めな映画でした。

Kingdam_0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

● トランスフォーマー ●

Transf_1 ▼さすがスピさん!(笑)▼

日本の子供向け人気玩具を源流とするアメリカの人気変形ロボット玩具トランスフォーマー。 その実写版映画「トランスフォーマー」を観てきました。 製作総指揮をスティーヴン・スピルバーグ御大、監督を「アルマゲドン」「バッド・ボーイズ」等でのヒットメーカー、マイケル・ベイと言う超豪華タッグの期待作です。 他の映画の時の予告編からワクワクしてましたから・・・(^_^;)。

Transf_3 注目すべきはSTORYやキャスティング云々よりも、その最新のVFXを駆使した映像表現でした。 メインキャラと言っていい変形ロボットトランスフォーマーたちの激しい形状変化と周囲との違和感の無い(あくまで主観的ですが)ダイナミックな映像がワクワクドキドキと子供に帰ったように終始一貫して楽しめました。

Transf_4 STORYとしては、まぁよくありがちな人の世界に溶け込んでしまっていた機械(メカ)から人類が主権を奪われようとするって感じ。 実際には地球外からの金属生命体からの侵略だったりするんですが。 種類は違えど「T2(ターミネーター2)」風ですねェ。 その金属生命体にも侵略するダークサイドがいれば人類に味方する友軍も登場し、一応の主人公少年と共闘します。

Transf_2 けっこう荒唐無稽なSTORYだし、変形するトランスフォーマーたちの変形具合は凄まじいので、人によってはいくらVFX駆使していても受け容れ難い面もあるかもしれませんが、大人がマジで評論するよりも子供達が飽きる事無く引き込まれそうな内容なので、潔いほど面白い作品です。 そう言った意味では、さ・す・がスピルバーグさん!です。 今回はキャスティング紹介はしません(^_^;)。 面倒ってのもありますが、なんと言っても主人公は正義のロボット生命体サイバトロンと悪のデストロンですから!(^_^)v

Transf_5 Transf_0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »