« ● Call of Duty 4 ● | トップページ | ● 2007、Final! ● »

2007年12月30日 (日)

● ベオウルフ ●

328545view001 ▼3DCG?だったらしい▼

私の大好きな映画「コンタクト」や「フォレスト・ガンプ」を監督したロバート・ゼメキス監督の最新意欲作「ベオウルフ/呪われし勇者」を今月観て来ました。 事前に何の情報も持たずに観に行って、ついさっき判ったのですが先進的な3D映画だったらしい、、。 私は有楽町の何の変哲も無い2D劇場だったので損したのかぁ!(^_^;) これから観に行かれる方はそこのところリサーチしてから劇場選びされた方がいいですね。

328545view009 ストーリーは歴史上最古のヒーローストーリーがベースらしいです。 確かに複雑な展開があるわけではありませんが、圧倒するCG映像(これ3Dで観たかったぁ、今更ですが)と、登場するヒーローの活躍とその後の苦悩など短いながらも良く出来た脚本だったと思います。 アクション過多でもなく間延びもせず説明不足でも無いバランスのいい展開。 若干気になるのは、CGがシーンによっては何となく違和感を感じるところです。 CG多用な映画だとは思っていなかったので、後で3DCGをメインに作られていたのを知ってある意味納得。

52051rsz150 驚きだったし感激だったのは、最初の敵役のモンスターの母親役がアンジェリーナ・ジョリーだった事。 久し振りにこの作品で見られるとは、、。 しかも相当魅力的な役どころで、後々主人公を魅了する魔性の持ち主でピッタリ! いくら普通の人ではなかったとしても、通常な男性の多くは落ちちゃいますよねぇ(^_^;)。 他に主人公のベオウルフをレイ・ウィンストン、前王役でアンソニー・ホプキンス、前王の側近をジョン・マルコヴィッチ、ヒロインに新鋭女優アリソン・ローマン等としっかりした布陣です。 ベオウルフのレイ・ウィンストンはCGによって実際より遥かに若くマッチョになったらしいです、確かに凄いカッコよさでしたからねぇベオウルフ。 しかしやはりカッコいいのは何といってもアンジーです(笑)。

328545view007

|

« ● Call of Duty 4 ● | トップページ | ● 2007、Final! ● »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/9634507

この記事へのトラックバック一覧です: ● ベオウルフ ●:

« ● Call of Duty 4 ● | トップページ | ● 2007、Final! ● »