« 2008年2月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月22日 (金)

● スピード・レーサー ●

Speedracer03 ▼名作を極彩色に昇華!▼

私たちの年代(昭和世代)が幼少期に熱中し、夏休みのたびに再放送を観ていた傑作アニメ「マッハGo!Go!Go!」。 アメリカでもTV放映され人気を博した「Speed Racer」が、あのウォシャウスキー兄弟監督により「スピード・レーサー」として実写映画化。 原作へのオマージュか前半の主人公搭乗のレースカーは原作似の胸キュンモデルです(笑)。

Speedracer04 キャスティングは、主人公のスピード役にエミール・ハーシュ、その幼馴染で恋人トリクシー役にクリスティーナ・リッチ、スピードの母親にスーザン・サランドンとちょっとした俳優陣ですよね。 STORYは人気レーサーだった兄を不遇の死で無くした主人公が成長と共に兄を凌ぐ天才レーサーぶりを発揮、忍び寄る悪の誘い等を撥ね退け“家族愛”や“お金より大事なものがある”などとCGバリバリ極彩色な映像に不似合いな生真面目ぶりでトップレーサーを目指すサクセスストーリーです。 個人的には、トリクシー役のクリスティーナ・リッチがキュートでなかなかな掘り出し物でした(笑)。

Speedracer01 映像はご覧のとおりキラキラ極彩色な派手さで、うっかりするとトンでもない代物なんじゃないかと誤解を受け易い雰囲気を漂わせていますが、映像も含めて結構真面目。 近未来を連想させる舞台はチープさも無く、135分って上映時間も飽きさせない展開で、ふんだんなレースシーンは「ありえね~!」ってアクションも多々ありますが元々がリアルなレースアニメじゃないしね。 数年前に見たディズニーアニメ「カーズ」を違和感無く観れた人には結構イケるかも!(^^♪ 今夏は大作目白押しだったのでスルーされがちですが、夏休み中にもう一本!とか思ってらっしゃる方にはお薦めです。 そうそう、昭和の時代にこのアニメを観て熱狂したファンには是非足を運んでもらいたい! あの頃の懐かしきサウンドも今風になって懐かしさ倍増ですよ(笑)。

Speedracer06 Speedracer05

■スピードレーサーを鑑賞されたみなさん

 CINECHANの映画感想 CINECHAN さ~ん

 ☆彡映画鑑賞日記☆彡 miyu さ~ん

 お萌えば遠くに来たもんだ! edomu さ~ん

 映画鑑賞★日記・・・ ゆかりんさ~ん

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2008年8月17日 (日)

● 崖の上のポニョ ●

Ponyo08 ▼宮崎監督、最新作!▼

今や世界からもその動向が注目される、日本が誇るアニメーション製作の巨匠、宮崎駿監督の「ハウルの動く城」に続く最新劇場アニメ映画「崖の上のポニョ」です。 個人的には前作「ハウル・・・」があまり面白くなかったものの、その前の「千と千尋の神隠し」が衝撃的な面白さだったので今作も期待して公開初日に家族と共に観に行きました。 レヴューが遅れたのは、その翌週観た「ダークナイト」に圧倒されちゃっただけなので、、(^_^;)。

Ponyo09 宮崎監督と言えば、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「トトロ」など手掛けた多くの劇場作品での飛翔シーンやチェイスシーンなど迫力のある映像表現と共にその作品中に登場する可愛いキャラクターたちも大人気。 今作でもポニョとその妹たちと言うキャラクターの愛らしさには作品自体の良し悪しとは別格の好感度で多くの人々に受け容れられているようですね。 私もポニョが魚の子?魔女の子?人の子?とかって次元よりもただひたすら可愛い!(笑)

Ponyo04 STORYは、5歳の男の子とポニョとの幼くも純粋なラブストーリーと言ったところでしょうか。 人間(だった?父)と、海に住む魔女(さかな?母)との間の子であるポニョ(本名では無い模様)の一途なまでの人間になりたい!宗介好き!って感情に振り回されるお話です。 こう書いていると他愛も無い内容なんですが、速いストーリー展開と小さいキャラクターたちの可愛さに、プラス宮崎アニメ独特な迫力あるアクションシーンで十分に楽しめます。

Ponyo06 圧巻はやはり豪快なアクションシーン。 満員御礼のTVCMでも流されている人間(女の子)化したポニョが、巨大化したさかな軍団に乗せられ台風の最中宗介に会いに来る場面ですネ! 宮崎アニメをサウンド面でずっと支えてきた久石譲さん、このシーンではワーグナーのワルキューレ騎行に似た音楽が凄まじい迫力で、ハラハラドキドキするアクションとマッチしていつまでも頭に残る演出表現です。

Ponyo07 最近のアニメーション映画に多くなっている陰鬱な内容や難解なSTORY、多用するCG技術による妙な尖ったような作風とは無縁の幼児から大人まで無心で楽しめる、アニメーション本来の作品になっているように思います。 かと言って、一度観たらもう観ようと思わないような軽い作りでもない。 再度鑑賞するのにも十分堪えうる、さすが宮崎監督と思わせる「崖の上のポニョ」。 まだご覧でない方には心をカラッポにして、是非ご鑑賞されることをお薦めします。(笑)

Ponyo03 Ponyo05

「崖の上のポニョ」、公開31日で興行収入100億円突破!

■崖の上のポニョを鑑賞されたみなさん

 観たよ~ん はっちさ~ん

 唄ひよブログ、スクラップ 唄日和さ~ん 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年8月 7日 (木)

● ダークナイト ●

▼評判どおり▼Darknight002

2008年期待の「ダークナイト」。 皆さんご存知のバットマンシリーズ最新作です。 主演クリスチャン・ベイル、監督クリストファー・ノーランになっての前作「バットマン ビギンズ」を劇場で観れなかったので、今作こそは! と気合と期待で待っていましたが、海外レヴューの凄まじい評価と熱狂ぶりに思わず先行上映を観に行ってしまいました(笑)。

Darkknight_003 今作はなんと言っても1月に急死したジョーカー役/ヒース・レジャーにつきますねぇ。 彼のコトは正直言って今まで名前は知っていても作品ではあまり認識していなくって、「パトリオット」などでも強く印象に残っていなかった(ファンの方ゴメンなさい!)。 でも今回は噂どおり鬼気迫る怪演でしたねぇ。 試写会や先行上映の映画館では泣き声も少なくなかったとか・・・。

Darkknight_011 今回は、レイチェル役もマギー・ギレンホールに代わって賛否両論ありますが、個人的には演技派だし気に入ってます。 トゥーフェース役にもアーロン・エッカートが演じ、執事アルフレッド役のマイケル・ケインや技術担当のフォックス役のモーガン・フリーマンにゴードン警部補役のゲーリー・オールドマンと前作からのキャストと揃って演技派ばかりで大満足のキャスティングでした。

329605view003 作品そのものは、2時間30分以上の長時間大作なんですが、脚本の秀逸さと監督の手腕なのでしょう、全く時間を感じさせないほど! 実はわたし、先行上映の2日間足を運んでいて、1日目はカミさんと、2日目の日曜は長女と観に行っちゃいました(^_^;)。 両名ともバットマンには興味も無くまさか行くとは思わなかったのですが、二人とも鑑賞後は大興奮!(笑)。 本上映の今週末も観に行きそうな有様です。 過去のバットマンシリーズを観た人も観なかった人にもお薦めだと思います!間違いなく。

Darkknight_004 STORYは、前作ラストのジョーカーのカードが示すとおりジョーカーvsバットマンがメインなのですが、それが表面的過ぎるほど奥深い作りになっていて、前作以上に“善”vs“悪”を重層にしています。 バットマン、ジョーカー、トゥーフェイス(or検事)、警察、マフィアの中で対立・裏切り・協力が交錯し、お互いが時に猜疑心に囚われたりとする中、ジョーカーだけは純粋なほどに人の心を弄び、終盤はバットマンすら自分を満足させる「オモチャだから殺さない!」と豪語するほど暴れまわります。

Darknight001ダークナイト」のタイトルは、最後にある人物により発せられる言葉から納得の表題になりますが、正直言ってこの作品はジョーカー主演と言っても差し支えない作品に仕上がってしまっています。

光には必ず闇があり、また闇は光なくしてはありえない。 そして、闇に落ちた光の“善”の偶像を人は敬い、“悪”と戦う闇の騎士の“善”を人は知らない。 前作でレイチェルが「人の本性はその行動によって分かる」みたいなことを言っていたものの、最後にその一元的な見方を意識させられます。

私たちも日常、人との係わり社会との係わりに中で、人の本当の姿を見れているのかなぁ?見ようとしているのかなぁ?と考えさせられたり、本作は観る人によって様々な解釈や見方が出来る、アクション映画としては近頃稀な作品だとも思いました。 しかし、ヒース/ジョーカー可愛かった(笑)。

Darkknight_009

■ダークナイトを鑑賞されたみなさん

 カリスマ映画論 睦月さ~ん

 ヒューマン=ブラック・ボックス jamsession123goさ~ん

 タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 耕作さ~ん

 映画鑑賞★日記・・・ ゆかりんさ~ん

 -ミチの雑記帳- ミチさ~ん

 ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ひらりんさ~ん

 なつきの日記風(ぽいもの) なつきさ~ん

 りらの感想日記♪ りらさ~ん

 まつさんの映画伝道師 まつさ~ん

 ヤジャの奇妙な独り言 ヤジャさ~ん

 Akira's VOICE AKIRAさ~ん

 お萌えば遠くに来たもんだ! edomu さ~ん

 観たよ~ん~ はっちさ~ん

 我想一個人映画美的女人Blog mig さ~ん

 別館ヒカシ日記 hum09041 さ~ん

 TV視聴室 ラフマニノフ さ~ん

 虎猫の気まぐれシネマ日記 なな さ~ん

 新!やさぐれ日記 あるきりおん さ~ん

 Brilliant Days  マダムS さ~ん

| | コメント (18) | トラックバック (21)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年9月 »