« ● パコと魔法の絵本 ● | トップページ | ● ゲット スマート ● »

2008年9月20日 (土)

● ウォンテッド ●

Wanted001 ▼アンジーカッコいい!▼

先行上映の最終日、9/15に鑑賞してきました「ウォンテッド」。 前々から劇場での予告編でも面白そうだったし、何よりここ数年公私共に大活躍のアンジェリーナ・ジョリー主演(本当はジェームス・マカヴォイのはずなのかな?)ですからねぇ。 監督は、「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」シリーズで新たなVFX画像表現を魅せるロシア人監督のティムール・ベクマンベトフです。

Wanted007_2 この映画は何と言ってもアンジェリーナ・ジョリーことアンジーの魅力に尽きますねェ!(^_^;)。 登場シーンになるショッピングストアのレジで主人公マカヴォイの目の前にイキナリ立っていたり、何も言わずに銃撃戦に巻き込んだりとその強引さにもついついウットリ・・・。 独特な“目力”は、特にドライビングシーンなどでは煌いていて綺麗。 今のハリウッドではひときわ輝くアクション向けアクトレスですよね。

Wanted002 いちおう主演(のハズ)のマカヴォイ君。 スピルバーグ製作の僕の好きなTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」に出演していたんですねぇ、思い出せないけど。 むしろ今作でザ・リペアマンを演じたマーク・ウォーレンは同じ「バンド・オブ・ブラザーズ」でのブライス役が印象に残ってる。 そんなマカヴォイ君ですが、ちょっと地味目な印象が逆に今後作品によってはブレイクするような気がします、マット・デイモンみたいに。

Wanted006 敵対勢力側のスナイパー役で殺し屋のクロスを「戦場のピアニスト」でのドイツ将校役だったトーマス・クリッチマン。 後半に意外な展開の中で思わぬ役どころになりつつ憤死してしまいます。 他のキャストもちょっと地味目な配置ですが明らかにアクション重視なこの作品ではむしろその方が良かったですね。 

Wanted005 STORYは、普通の社会人生活では平凡以下でダメダメなマカヴォイ演じる主人公が、ある事をキッカケに1,000年以上前から続く殺し屋グループの適格者のひとりとしての覚醒と成長を描いた物語。 随所に“ありえねー!”って展開は散りばめられていますがそれをも上回るVFX技術を駆使したスペクタクル映像(ふるい表現ですね)がこの映画の真骨頂と言うか見所。

Wanted004マトリックス」シリーズやそれに続く数々のアクション映画のVFX映像に見慣れてきた私たちでもそれなりに満足出来るアクション映画にはなっています。 STORY自体はそんなに想定不能な展開も見せないしドキドキ緊迫するシークェンスも多くないけれど、映画館で観るにはグー!な作品です。

Wanted003 モーガン・フリーマンがこの作品でも結構重要な役どころと終盤の思わぬ立ち位置で退屈感は無く、もはや名優なればこそって感じです。 ただ、まぁアンジーファン以外には特にお薦めはしませんが、、、。(^_^;)

|

« ● パコと魔法の絵本 ● | トップページ | ● ゲット スマート ● »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20935/23873198

この記事へのトラックバック一覧です: ● ウォンテッド ●:

« ● パコと魔法の絵本 ● | トップページ | ● ゲット スマート ● »