2008年10月19日 (日)

● ゲット スマート ●

Getsmart02 ▼スパイアクションだ!▼

夏の大作連発から落ち着いたこの秋、「ゲットスマート」を観てきました。 春ごろから鑑賞していた映画の予告編映像を観ていて何となく面白そうだったので、、。 60年代、アメリカで人気のテレビドラマ「それ行けスマート!」の映画化。 監督はラブコメ「50回目のファーストキッス」なども手掛けるピーター・シーガル。 日本人と米国人とは笑いのツボがだいぶ異なるのでその点は心配でしたが、、。(^_^;)

Getsmart03_3 映画で大切なヒロインを「プラダを着た悪魔」に出演のアン・ハサウェイが熱演。 個人的に思うんですが、この人写真写りと実際映像でみるのと「美人度が随分違うなぁ!」と感じていました。 今作でも映画紹介写真以上に映画の中の彼女は綺麗で表情も良く、特に敵地に潜入するシークェンスや敵と格闘するアクションシーンは長い手足の動きが見栄えが良く、しかも速くてカッコいい! アンジーやキーラ・ナイトレイなどアクションをカッコよくこなす女優たちをも上回る美しさです。

Getsmart01 加えて主演のスティーヴ・カレル。 「40歳の童貞男」で日米で人気者のコメディアクター。 この人の場合真面目顔でのコメディシーンが持ち味なのでこういったスパイアクションにも向いてますよね。 実際今作でもお間抜けシーンが仮に無くってもスパイアクション映画として成立しそう。 映画の中では通常はそんな間抜け顔していないし、むしろ凛々しくカッコいいですよ(笑)。 そんな彼の演じる熟年繰り上がりスパイが整形美女の凄腕女スパイ役アン・ハサウェイと絶妙な凸凹コンビでニヤリと笑わせます。

Getsmart04 この本来スパイアクションにミスキャスト?と思わせる二人がとても小気味良くアクションをこなし、良く走り別な意味に意外性アリ。 特に最後の方での二人の疾走シーンは見ていてなかなか爽快感ありました。 アクションスターがいかにも走るより、普通に見える人の夢中な走りってカッコいいですね! ただちょっと難を言えば、やはりお笑いのツボが日米違うのか電話ボックスのシーン等いくつか笑いどころなんだろうけど、あまり笑えない点はガ・マ・ン!(^_^;)  人気TVシリーズの「HEROS」のマシ・オカやロック様ことドウェイン・ジョンソン、往年のビル・マーレイジェームズ・カーン等もチョコっと出演。

Getsmart06 Getsmart05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

● ウォンテッド ●

Wanted001 ▼アンジーカッコいい!▼

先行上映の最終日、9/15に鑑賞してきました「ウォンテッド」。 前々から劇場での予告編でも面白そうだったし、何よりここ数年公私共に大活躍のアンジェリーナ・ジョリー主演(本当はジェームス・マカヴォイのはずなのかな?)ですからねぇ。 監督は、「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」シリーズで新たなVFX画像表現を魅せるロシア人監督のティムール・ベクマンベトフです。

Wanted007_2 この映画は何と言ってもアンジェリーナ・ジョリーことアンジーの魅力に尽きますねェ!(^_^;)。 登場シーンになるショッピングストアのレジで主人公マカヴォイの目の前にイキナリ立っていたり、何も言わずに銃撃戦に巻き込んだりとその強引さにもついついウットリ・・・。 独特な“目力”は、特にドライビングシーンなどでは煌いていて綺麗。 今のハリウッドではひときわ輝くアクション向けアクトレスですよね。

Wanted002 いちおう主演(のハズ)のマカヴォイ君。 スピルバーグ製作の僕の好きなTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」に出演していたんですねぇ、思い出せないけど。 むしろ今作でザ・リペアマンを演じたマーク・ウォーレンは同じ「バンド・オブ・ブラザーズ」でのブライス役が印象に残ってる。 そんなマカヴォイ君ですが、ちょっと地味目な印象が逆に今後作品によってはブレイクするような気がします、マット・デイモンみたいに。

Wanted006 敵対勢力側のスナイパー役で殺し屋のクロスを「戦場のピアニスト」でのドイツ将校役だったトーマス・クリッチマン。 後半に意外な展開の中で思わぬ役どころになりつつ憤死してしまいます。 他のキャストもちょっと地味目な配置ですが明らかにアクション重視なこの作品ではむしろその方が良かったですね。 

Wanted005 STORYは、普通の社会人生活では平凡以下でダメダメなマカヴォイ演じる主人公が、ある事をキッカケに1,000年以上前から続く殺し屋グループの適格者のひとりとしての覚醒と成長を描いた物語。 随所に“ありえねー!”って展開は散りばめられていますがそれをも上回るVFX技術を駆使したスペクタクル映像(ふるい表現ですね)がこの映画の真骨頂と言うか見所。

Wanted004マトリックス」シリーズやそれに続く数々のアクション映画のVFX映像に見慣れてきた私たちでもそれなりに満足出来るアクション映画にはなっています。 STORY自体はそんなに想定不能な展開も見せないしドキドキ緊迫するシークェンスも多くないけれど、映画館で観るにはグー!な作品です。

Wanted003 モーガン・フリーマンがこの作品でも結構重要な役どころと終盤の思わぬ立ち位置で退屈感は無く、もはや名優なればこそって感じです。 ただ、まぁアンジーファン以外には特にお薦めはしませんが、、、。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

● スピード・レーサー ●

Speedracer03 ▼名作を極彩色に昇華!▼

私たちの年代(昭和世代)が幼少期に熱中し、夏休みのたびに再放送を観ていた傑作アニメ「マッハGo!Go!Go!」。 アメリカでもTV放映され人気を博した「Speed Racer」が、あのウォシャウスキー兄弟監督により「スピード・レーサー」として実写映画化。 原作へのオマージュか前半の主人公搭乗のレースカーは原作似の胸キュンモデルです(笑)。

Speedracer04 キャスティングは、主人公のスピード役にエミール・ハーシュ、その幼馴染で恋人トリクシー役にクリスティーナ・リッチ、スピードの母親にスーザン・サランドンとちょっとした俳優陣ですよね。 STORYは人気レーサーだった兄を不遇の死で無くした主人公が成長と共に兄を凌ぐ天才レーサーぶりを発揮、忍び寄る悪の誘い等を撥ね退け“家族愛”や“お金より大事なものがある”などとCGバリバリ極彩色な映像に不似合いな生真面目ぶりでトップレーサーを目指すサクセスストーリーです。 個人的には、トリクシー役のクリスティーナ・リッチがキュートでなかなかな掘り出し物でした(笑)。

Speedracer01 映像はご覧のとおりキラキラ極彩色な派手さで、うっかりするとトンでもない代物なんじゃないかと誤解を受け易い雰囲気を漂わせていますが、映像も含めて結構真面目。 近未来を連想させる舞台はチープさも無く、135分って上映時間も飽きさせない展開で、ふんだんなレースシーンは「ありえね~!」ってアクションも多々ありますが元々がリアルなレースアニメじゃないしね。 数年前に見たディズニーアニメ「カーズ」を違和感無く観れた人には結構イケるかも!(^^♪ 今夏は大作目白押しだったのでスルーされがちですが、夏休み中にもう一本!とか思ってらっしゃる方にはお薦めです。 そうそう、昭和の時代にこのアニメを観て熱狂したファンには是非足を運んでもらいたい! あの頃の懐かしきサウンドも今風になって懐かしさ倍増ですよ(笑)。

Speedracer06 Speedracer05

■スピードレーサーを鑑賞されたみなさん

 CINECHANの映画感想 CINECHAN さ~ん

 ☆彡映画鑑賞日記☆彡 miyu さ~ん

 お萌えば遠くに来たもんだ! edomu さ~ん

 映画鑑賞★日記・・・ ゆかりんさ~ん

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2007年12月30日 (日)

● ベオウルフ ●

328545view001 ▼3DCG?だったらしい▼

私の大好きな映画「コンタクト」や「フォレスト・ガンプ」を監督したロバート・ゼメキス監督の最新意欲作「ベオウルフ/呪われし勇者」を今月観て来ました。 事前に何の情報も持たずに観に行って、ついさっき判ったのですが先進的な3D映画だったらしい、、。 私は有楽町の何の変哲も無い2D劇場だったので損したのかぁ!(^_^;) これから観に行かれる方はそこのところリサーチしてから劇場選びされた方がいいですね。

328545view009 ストーリーは歴史上最古のヒーローストーリーがベースらしいです。 確かに複雑な展開があるわけではありませんが、圧倒するCG映像(これ3Dで観たかったぁ、今更ですが)と、登場するヒーローの活躍とその後の苦悩など短いながらも良く出来た脚本だったと思います。 アクション過多でもなく間延びもせず説明不足でも無いバランスのいい展開。 若干気になるのは、CGがシーンによっては何となく違和感を感じるところです。 CG多用な映画だとは思っていなかったので、後で3DCGをメインに作られていたのを知ってある意味納得。

52051rsz150 驚きだったし感激だったのは、最初の敵役のモンスターの母親役がアンジェリーナ・ジョリーだった事。 久し振りにこの作品で見られるとは、、。 しかも相当魅力的な役どころで、後々主人公を魅了する魔性の持ち主でピッタリ! いくら普通の人ではなかったとしても、通常な男性の多くは落ちちゃいますよねぇ(^_^;)。 他に主人公のベオウルフをレイ・ウィンストン、前王役でアンソニー・ホプキンス、前王の側近をジョン・マルコヴィッチ、ヒロインに新鋭女優アリソン・ローマン等としっかりした布陣です。 ベオウルフのレイ・ウィンストンはCGによって実際より遥かに若くマッチョになったらしいです、確かに凄いカッコよさでしたからねぇベオウルフ。 しかしやはりカッコいいのは何といってもアンジーです(笑)。

328545view007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

● キングダム ●

Kingdam_1 ▼対テロの代償は?▼

対テロを描いた作品が多い昨今、また登場しました「キングダム/見えざる敵」を観て来ました。 監督は、ピーター・バーグ。 よくは知らなかったんですが、トムクル主演の「コラテラル」に出演していたみたいですね。 渋~い政治色を前面に出した地味めなポリティカルアクションムービーかと思いきや、以外や以外アクション重視のSTORY展開でした。

Kingdam_2 主演は、「Ray/レイ」でオスカーを受賞し同年の「コラテラル」もオスカー候補に、近作では「マイアミ・バイス」「ドリームガールズ」など話題作目白押しのジェイミー・フォックス。 それにマット・デイモン主演の「ボーン・・・」シリーズに出演中のクリス・クーパー、「エレクトラ」のジェニファー・ガーナー等々堅実なキャスティングですね。

Kingdam_3 STORYは、サウジアラビアで、在サウジの多数の米国人をターゲットにした自爆テロの捜査に向かうFBI捜査官たちとサウジの警察官たちとの徐々に深まるコミュニケーションをメインテーマにし、そんな中にもテロに対する報復の無意味さを押し付けがましくなく訴えてきます。

Kingdam_4 特に終盤のFBI捜査官たちがテロリストの巣窟にようなエリアに誘い込まれ周囲を囲まれながらの死闘は凄まじい迫力と緊張感です。 ちょっと雰囲気は「ブラックホークダウンを彷彿させるものがあります。 映画のエンディング間近、テロにどう対処する事が賢明なのか、考えさせられるエンディングが用意されています。個人的には、とってもお薦めな映画でした。

Kingdam_0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

● ダイ・ハード4.0 ●

Diehard40_1 ▼12年振り人気作登場!▼

2007年公開の「ダイ・ハード4.0」をこの夏観て来ました。 ド派手アクションのシリーズ最終作の“3”から約12年、帰ってきたジョン・マクレーン刑事の大活躍です。 監督は、ケイト・ベッキンセール主演作の「アンダー・ワールド」シリーズを手掛けるレン・ワイズマンです。 

Diehard40_2 主演のブルーズ・ウィリスもご存知のようにスキンヘッドにすっかりオヤジフィール。 奥さんにも離婚されてて娘とも会うのも不自由する境遇は、やさぐれ刑事やくを演じた「13ブロック」と混同しちゃいそうです。 共演はオタク青年を演じるジャスティン・ロング。 敵役にティモシー・オリファントマギー・Q、両名ともカッコいいしスマートだし、ジョンにやられちゃうのはちょっと惜しいですね。 それに味方の捜査官役にクリフ・カーチス、いかにも生真面目な役どころにピッタリ。

Diehard40_3 STORYは、全米のインフラを人質に政府を脅すサイバー・テロ集団。 デジタル化された現代社会の弱みを炙り出すと共に、逆にデジタルで制御しきれないアナログ人間/ジョン・マクレーン刑事をブルース・ウィリスが演じます。 オタク・ハッカーのジャスティン・ロングブルース・ウィリスとの掛け合いが面白いですねぇ。 そうそう、マクレーン刑事の娘/ルーシーを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドは可愛かったです。

Diehard40_0 第1作かた続くアクションシーンは、今作でもさらに激しくヒートアップ。 ご存知武装ヘリと車との空中戦はもとより、次世代戦闘機F35まで登場し、あろうことかそれに飛び乗ったりするにいたるとちょっとやり過ぎ(笑)。 英国スパイの007/ジェームス・ボンドでもそこまでしないだろう(^_^;)。 でもアクションが売りのシリーズですから、下手にシリアス路線に転じられるよりはイイか! 何にしても前作までを楽しめた人には間違いなくお奨めです、速くDVD化を!

Diehard40_4 それにしても敵役&クールビューティーで主役ジョンと死闘を演じたマギー・Qさん、来日時の笑顔の印象は、作品中のキャラと全然違ってとても魅力的な女優さんですねぇ。 違う作品でももっと観てみたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

● 不死鳥の騎士団 ●

Hp_phenics_1 ▼人気シリーズ第5弾▼

世界的ベストセラー小説を映画化した大人気シリーズ第5弾「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を観て来ました。 今回の監督は英国TV界出身のデヴィット・イェーツ。 前作「・・・・炎のゴブレット」あたりからアクションシーンもさらに大迫力になってきていますから、今作も表題からして期待大でしたねぇ。

Hp_phenics_0 主演のハリー役/ダニエル・ラドクリフやハーマイオニー役のエマ・ワトソン、ロン役のルパート・グリント共にすっかり青年期になり初期2作品当時の魔法少年・少女物のカワイイ雰囲気とはだいぶ趣も違ってきていますがそれなりに重厚さが出てきたような。 主演三人もシリーズ最後まで出演する事が決定したようで、ファンにとっても安心と共に期待して次作以降も楽しめますね。

Hp_phenics_3 今作からの新しいキャラクターも登場しています。 ルーナ役のイヴァナ・リンチ。独特な不思議キャラでありながら可愛さと賢さを兼ね備えたような雰囲気がとても存在感を際立たせていて、これからのシリーズでの活躍を期待しちゃいます。 魔法学校の中では何故か虐められキャラなんですが、そんないじめにもぜんぜんヘコタレない飄々としたところもグッド! まだ、大活躍ってところまでいってなかったとのがちょっと残念でした。(まぁ、主演3人を霞ませちゃダメですからねぇ)

Hp_phenics_2・・・・アズガバンの囚人」からシリウス・ブラックを演じるゲイリー・オールドマン。 私はこの人を見るとどうしても「レオン」の時の印象があまりにも強くって、イイ人を演じていてもどっかワルなイメージを拭えないんですよねぇ(^_^;)。 それほど「レオン」の時のイカレた刑事役がピッタリで怖くってねぇ。(笑) 今作では、ヘレナ・ボナム・カーター演じる魔女に一瞬で・・・・。

Hp_phenics_4 今回の作品では音楽も良くって、ついついサントラ盤も買っちゃいました。 特に右シーンでの楽曲「FIREWORKS」がちょっと特異な雰囲気を醸しだしています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

● 007カジノ・ロワイアル ●

007casino_0 ▼大論争の007最新作▼

2006年製作の最新007映画「007 カジノ・ロワイアル」のDVDがついに発売。 早速購入して鑑賞しました! 昔から007シリーズはとても好きなので、結構期待大です。 監督はマーティン・キャンベル。 クリス・コーネルって人のオープニングの主題歌がなかなかカッコイイし、そのOPシーンがトランプを混ぜたスタイリッシュな映像でなかなかです。

007casino_1 主演の新ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグ。 「ミュンヘン」で初めて意識して観たのですが、ちょっと厳つい感じでしたねぇ。 今作のボンド役でも今までの華麗でスキ無くスマートなボンドと違って、結構荒くれで強引でちょっとスマートじゃない、、、。 でもとても新鮮で良かったですね。 ジュディ・デンチ演じる上司の“M”にイヤミたっぷりに怒られたり、結構手を焼く暴れん坊の007って感じでした。

007casino_2 そんな新鮮さたっぷりの新007のボンド・ガールには、「キングダム・オブ・ヘブン」にも出演のエヴァ・グリーンが財務省調査官ヴェスパー役で。 いやぁ綺麗でしたねぇ、、(^_^;)。 過去の007シリーズに登場したボンド・ガールで最高の美女は「ロシアより愛を込めて」のダニエラ・ビアンキだと個人的には思っていましたが、エヴァ・グリーンは匹敵するくらいクールビューティーでグッドです!

007casino_3 今作では、映画の中の非常に多くのシーンをモンテネグロのカジノでのポーカー勝負が占めています。 マッツ・ミケルセン演じる、世界各国のテロ組織の資金と通じるル・シッフルとの大金をかけたポーカーゲームでの心理戦が「カジノ・ロワイアル」の名に相応しい緊張感のある作品になっています。 ゲーム中何度も危機に陥るものの、時にはM I 6の組織を挙げての支援やCIA のヘルプで挽回しつつル・シッフルを起死回生の逆転で追い込みます。

007casino_4 エンディング間近、ヴェスパーと一緒になり007の役目を捨ててまで共になろうとするものの、、、。 作品全体を通してクレイグ演じるボンドは本当によく走ったし、アクションシーンは歴代ボンドでも相当上位になると思います。 公開前の批判を覆すほど大絶賛を浴びたのも納得の作品の出来だと思いました。 クレイグ・ボンドの次作以降がとても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

● 鉄コン筋クリート ●

Tekkon_4 ▼緻密で独特な雰囲気▼

1993年から青年漫画誌で連載された、伝説的な人気漫画の劇場版アニメ「鉄コン筋クリート」を長女と観て来ました。 「アニマトリックス」のアメリカサイドを担当したマイケル・アリアスが監督。 制作は、「スプリガン」「MEMORIES」で有名アニメスタジオ・STUDIO 4℃が担当しています。

Tekkon_1 主役の二人の子供、クロとシロを「硫黄島からの手紙」で高い評価を得ている二宮和也と「フラガール」等でキャリアを積む若手女優の蒼井優が声優として熱演しています。 特にシロ役の蒼井優の声優としての演技は素晴らしかったと思います。 二宮くんしかり、蒼井優さんしかり、また海外の映画祭において国際映画「バベル」で助演賞候補にあがる菊池凛子さんしかり、最近の若手の台頭は凄まじいものがありますよねぇ。

Tekkon_0 古き良き時代の雰囲気を色濃く残す架空の街“宝町”で自由気ままに暮らし暴れる二人の子供クロとシロを中心に展開してゆくSTORY。 そんな“宝町”にも時代と共に再開発と言う波が押し寄せ、大人の都合やヤクザなどの暴力に包まれてゆきます。 暴力で抗うクロとシロにもやがて別れざるをえない時が訪れ、別々の道を歩みだす二人。 そんな二人に思いもよらぬ事態が訪れ・・・やがて終焉?そして新生か? 今の時代ではあまり見ることの出来なくなった昔の街の風情が、妖しく美しく儚げに表現され、アニメスタジオ STUDIO 4℃ の高い技術力が光ります。

Tekkon_5 また、TVCMや予告編の時から主人公を含めた飛翔シーンの爽快感に期待していましたが、実際ダイナミックで期待通りの息を呑むようなシーンが随所にあり見応えありました。 往年のジブリ作品の浮揚感とはまたちょっと違いますが、とてもイイ感覚。 また私は原作を良く知らないのですが、原作のテイストを失っていないキャラクターや街の雰囲気だそうです。 この作品や「パプリカ」など、昨年後半から今年にかけてのアニメ作品はなかなか良品が続いていますね。 最後の方でちょっと解釈が解かりづらかった部分があったので是非DVDを購入して観てみたいと思います。

Tekkon_3 Tekkon_2

| | コメント (10) | トラックバック (8)

2006年12月26日 (火)

● マイアミ・バイス ●

Miami_1 ▼渋くて迫力のアクション▼

80年代の人気TVシリーズを、当時制作に関わっていたマイケル・マンが監督をしリメイクした2006年制作のアクションムービー「マイアミ・バイス」のDVDを購入して鑑賞。 マイアミを舞台に、マイアミ警察の特捜刑事コンビ、ソニー・クロケットとリカルド・タブスが活躍するバディムービーです。 主演に「アレキサンダー」や「フォーン・ブース」のコリン・ファレルと、「ステルス」や「Ray/レイ」ではオスカー受賞のジェイミー・フォックスの共演。 他にコン・リーエリザベス・ロドリゲス等です。

Miami_3 STORYはさておき、「ヒート」や「コラテラル」で渋くても迫力のある銃撃アクションを披露し、かつ無骨な映画を作るマイケル・マン監督らしく、やたらド派手な大暴れは少なく地味~な潜入捜査や取引シーンなど落ち着いた作りです。 かと思えば、銃撃シーンはいかにもマイケル・マン監督らしくG35CやG3、SIG552、ステアAUGなどのアサルトライフルをはじめ、ベネリM4ショットガンやバレットM82大型狙撃ライフルなど妥協など一切無い見所満点なお楽しみシーンばかりです。

Miami_2 キャストでは、主演二人はもとよりカッコイイんですが、コリン・ファレルとイイなる仲になる敵側女性役のコン・リーが結構良かったですねぇ。 また、潜入捜査で出向く南米の貧困さを醸し出す独特な町並み、観ているだけで気持ち良くなるマイアミやハイチの抜けるような青空や飛行シーンなど、地味ながらも満喫できる場面も多々あります。

Miami_6 私はTVシリーズの「マイアミ・バイス」は殆ど観ていなかったので比較は出来ませんが、映画としては見応えアリです。 何度か観るとまた新しい発見もありそうで、一度観てもうたくさん!って類の作品とは違うと思われます、一応お奨め!

Miami_4 Miami_5

| | コメント (8) | トラックバック (5)