2008年9月20日 (土)

● ウォンテッド ●

Wanted001 ▼アンジーカッコいい!▼

先行上映の最終日、9/15に鑑賞してきました「ウォンテッド」。 前々から劇場での予告編でも面白そうだったし、何よりここ数年公私共に大活躍のアンジェリーナ・ジョリー主演(本当はジェームス・マカヴォイのはずなのかな?)ですからねぇ。 監督は、「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」シリーズで新たなVFX画像表現を魅せるロシア人監督のティムール・ベクマンベトフです。

Wanted007_2 この映画は何と言ってもアンジェリーナ・ジョリーことアンジーの魅力に尽きますねェ!(^_^;)。 登場シーンになるショッピングストアのレジで主人公マカヴォイの目の前にイキナリ立っていたり、何も言わずに銃撃戦に巻き込んだりとその強引さにもついついウットリ・・・。 独特な“目力”は、特にドライビングシーンなどでは煌いていて綺麗。 今のハリウッドではひときわ輝くアクション向けアクトレスですよね。

Wanted002 いちおう主演(のハズ)のマカヴォイ君。 スピルバーグ製作の僕の好きなTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」に出演していたんですねぇ、思い出せないけど。 むしろ今作でザ・リペアマンを演じたマーク・ウォーレンは同じ「バンド・オブ・ブラザーズ」でのブライス役が印象に残ってる。 そんなマカヴォイ君ですが、ちょっと地味目な印象が逆に今後作品によってはブレイクするような気がします、マット・デイモンみたいに。

Wanted006 敵対勢力側のスナイパー役で殺し屋のクロスを「戦場のピアニスト」でのドイツ将校役だったトーマス・クリッチマン。 後半に意外な展開の中で思わぬ役どころになりつつ憤死してしまいます。 他のキャストもちょっと地味目な配置ですが明らかにアクション重視なこの作品ではむしろその方が良かったですね。 

Wanted005 STORYは、普通の社会人生活では平凡以下でダメダメなマカヴォイ演じる主人公が、ある事をキッカケに1,000年以上前から続く殺し屋グループの適格者のひとりとしての覚醒と成長を描いた物語。 随所に“ありえねー!”って展開は散りばめられていますがそれをも上回るVFX技術を駆使したスペクタクル映像(ふるい表現ですね)がこの映画の真骨頂と言うか見所。

Wanted004マトリックス」シリーズやそれに続く数々のアクション映画のVFX映像に見慣れてきた私たちでもそれなりに満足出来るアクション映画にはなっています。 STORY自体はそんなに想定不能な展開も見せないしドキドキ緊迫するシークェンスも多くないけれど、映画館で観るにはグー!な作品です。

Wanted003 モーガン・フリーマンがこの作品でも結構重要な役どころと終盤の思わぬ立ち位置で退屈感は無く、もはや名優なればこそって感じです。 ただ、まぁアンジーファン以外には特にお薦めはしませんが、、、。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

● I am Legend ●

▼期待作だった・・・▼Iamlegend_1

2007年製作で日本ではこの年末年始の公開となった「アイ・アム・レジェンド」を観て来ました(って言っても1月初旬でしたが^^;)。 監督が「コンスタンティン」のフランシス・ローレンスです。 やはりなぁと思うのは、今作でも主人公に対比するダークな世界の住人の表現がよく似ています。

Iamlegend_2 ウィルスが蔓延して人類がほぼ絶滅してしまったと思われるニューヨークで一人生き残る主人公の科学者ロバートをウィル・スミスが熱演。 そんな世界の闇に潜む変異(進化?)したダーク・シーカーたち(これがコンスタンティンでの悪魔たちと似てる)との戦いと一人で居る孤独との戦い。

Iamlegend_3 結構面白くなりそうな要素満載なのに何故か今一歩感が残ります。 ロバートと愛犬との繋がり以外が希薄で、家族を失う喪失感や生き残りの人類への渇望感があまり感じられず、最後の方の展開も「やっぱりねぇ~・・」なんですよね。 原作では少々違う視点を感じさせるらしいので、はっきり言って脚本が良くなかったんでしょうねぇ。 期待していただけにちょっと残念です。 ※面白くないコトは無い!(^_^;)

Iamlegend_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

● AVP2 ●

Avp2_1 ▼シリーズ最新作▼

あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願い致します。 で、新年早々観て来ました「AVP2 エイリアンズVS.プレデター 」。 元祖「エイリアン」&「プレデター」ファンには内容はともかく鑑賞必須のシリーズ最新作です。 監督は、劇場用映画で監督初挑戦のコリン・ストラウス&グレッグ・ストラウス兄弟。 彼らの会社ハイドロルクス社は「300」「ファンタスティック・フォー」「X-MEN/FINAL・・」 等のCG視覚効果を製作してきた工房らしく期待大です! 個人的には前作の「エイリアンVS.プレデター」がSTORYにちょっと不満だっただけに今回こそ思う存分AvsPを実現して欲しいものです(笑)。

Avp2_2 今回のSTORYは前作を踏襲していて舞台はいよいよ地球。 アメリカのどこにでもある田舎の小さな地方都市を飲み込むエイリアン&新生プレデリアン連合vsプレデターvs人類の死闘ですね。 と言っても人類は攻守両面でとても太刀打ちできないので、ひたすら逃げるのみ。 終盤果敢にも主人公たちは武器を手に反撃するんですが、これは仕方ない(主人公ですから)。 前作以上にジャンジャン増殖して沸いてくるエイリアンを様々な武器で殲滅するプレデター。 そんなプレデターにとっては人類なんて邪魔者でしかなく取りあえず殺っとく!って感じの殺され方(エイリアンズ殲滅が主目的のプレデターだものね)。 全体的に両シリーズの名作「エイリアン」「エイリアン2」「プレデター」のシーンを彷彿させる雰囲気を漂わせるなどファンにはなかなかな出来だと思います。 欲を言えば、せっかくのCG効果専業の会社が関わったんだろうに、もうちょっと記憶に残る名CGシーンを随所に散りばめて欲しかったですねぇ。 でもAVPシリーズ好きにはOK! です。 あぁ、キャスティングは地味過ぎてあまり残っていませんでしたっ(^_^;)。

★今年も途切れがちなレヴュー更新になると思いますが、よろしくお願い致します!m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

● ヱヴァンゲリヲン ●

Eva_movie0 ▼話題作、ふたたび!▼

リメイクされた話題の劇場用アニメ「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」を家族と友人と観て来ました。 1995年スタートの伝説のTVアニメシリーズ&劇場版を今の技術で再構築された力作で、全4部作の第1部です。 前作映画やTVでの監督、庵野秀明さんが総監督、摩砂雪さんと鶴巻和哉さんが監督を担当。

Eva_movie01 TVシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」から12年、最新のCG技術の発展は凄まじく、光や情景のエフェクトに劇場版ならではの描き込まれた背景や建造物・戦闘シーンなど当時のTVや劇場版に比べて圧倒的な迫力とスケールを感じさせます。 また、TVシリーズの1話から6話の話を90分強の時間内に詰め込んでいるものの物足りなさを感じる事も無く、むしろ新鮮なくらい新作を観た感慨に満たされました。

Eva_movie1 声優陣はTVシリーズ同様、シンジ/緒方恵美・ミサト/三石琴乃・レイ/林原めぐみと言う主要キャストには勿論変更も無く違和感は全くありません。 エンディングで流れる宇多田ヒカルの「Beautiful World」も素晴らしいです。(帰宅途中、CDを買おうとしてもどこも売り切れ・・(^_^;)) あぁ、でもまだアスカや加持さんが出てきませんでしたねぇ。 カオルくんは何故か?もう・・・。

Eva_movie2 もちろん、影の主役使徒たちも元気です!(笑) 第3使徒サキエル、第4使徒シャムシェル、第5使徒ラミエルともに大活躍。 特に最後に登場するラミエルはTVシリーズに無い動きを現代CGで体現していて素敵でしたぁ(^^♪。 使徒ファンには堪らないですねェ。 早く第2部を観に行きたい!早く第1部をDVD化して欲しいて感じです。 TVシリーズを観た人はもとより、観た事の無い人たちでも十分に楽しんで頂けると思います!

Eva_movie3 Eva_movie4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

● UDON ●

Udon_01 ▼新しさと郷愁とを誘う▼

昨年(2006年)公開された邦画「UDON」のDVDを購入して鑑賞してみました。 「踊る大捜査線 MOVIE」シリーズの本広監督・亀山プロデューサーコンビによる制作です。 讃岐うどんの聖地香川県を舞台に“ソールフード・うどん”を媒介に軽いタッチの人情もの映画に仕上がっています。

Udon_1 主演をユースケ・サンタマリアに、小西真奈美とウルフルズのトータス松本の奇妙なトリオで各々のキャラも結構立ってて面白い。 ユウスケ演じる香助はNYでのコメディアンの夢破れ帰郷した若者、作家の夢見る小西演じる恭子、家業の農家を受け継ぐまでと自由なリーマン庄介を演じるトータス。 郷土を同じくする3人の似た境遇と微妙に違う未来図が、同じ目的に向かって進むSTORYの中で徐々に交わっていくのが導入部分としては絶妙。

Udon_2 うどんのメッカ讃岐を盛り上げていく“タウン情報誌/さぬき”の編集部の面々も個性的で、ユウスケ小西らを出過ぎず引き過ぎずで盛り立てています。 ただ升毅さん演じる大谷編集長の役どころはもっと掘り下げて欲しかった。 宇高連絡船の話しなんかは私を含めて知らない人も多いと思うので、その当時のシーンなんかがあればもっとその時代の感覚が伝わったのではないかなぁと思いました。

Udon_5 フジテレビジョン全面バックアップらしく佐々木恭子、魚住咲恵らフジTVのアナウンサーが怒涛のごとく出演していました。 讃岐うどんブームを伝える番組内シーンなんかも容赦なく作ってますし、毎朝見る“めざましテレビ”内の中野美奈子アナなんかも思いっきりインタビュアーとして出演。 中野アナは朝の眠そうな顔よりイキイキしていましたね。 また、ちょっと出の出演者も多々あり。 大泉洋南原清隆松本明子小泉孝太郎等々。

Udon_7 共演者は他に主人公香助の姉役に鈴木京香、その旦那役に小日向文世、香助の頑固な親父役に木場勝巳、香助の実家のうどん製麺所のパートのおばさん役に二宮さよ子など。 面を打つ事だけの頑固オヤジと主人公香助との親子の機微や娘婿との関係などもうちょっと時間を割いていればもっと終盤の感動も大きかったような、、、。

Udon_6 多額の借金を背負いしかたなく帰郷した香助と、チャンスも無く地元タウン誌のライターを細々と続ける恭子が最初は浮ついた讃岐うどんのブームと熱狂に翻弄されながら、ブームの終焉と共に訪れる喪失感。 そんな中で主人公二人を含めて編集部の面々が、長い年月の中に古くから本来あるものの大切さを気付かされるSTORY展開は得るものと失うものとの関係と言う現代社会の今を考えさせられます。

Udon_0 今から十年近く前、私事ですが当時親戚の居た徳島県に遊びに行った時の事を思い出しました。 香川県の隣県ですが、当時東京から夜行バスを使い瀬戸大橋を渡ったり、鳴門の渦潮を見たりした思い出が蘇りました。 行くまでは全く興味も無かった阿波踊りも桟敷席で見せてもらった時はその迫力にすっかり興奮してしまったものでした。 そうそう、学生時代に選手権大会で香川県にも言った記憶もあります。 あの時初めて食べた讃岐うどんの美味しかったコト。 いろんな意味で懐かしさを感じさせてくれた映画「UDON」でした。

Udon_3 Udon_8

Udon_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

● 硫黄島からの手紙 ●

Ioujima_0 ▼帝国陸・海軍の陰と陽▼

2006年日米公開の話題作、米兵視点の「父親たちの星条旗」に続く日本兵視点の「硫黄島からの手紙」を昨年末劇場鑑賞しました。 監督は、近年たびたび賞レースを沸かすクリンス・イーストウッド。 また主演も日米両国で評価の高い渡辺謙。 他に井原剛志中村獅童裕木奈江加瀬亮、それに二宮和也

Ioujima_3 STORYは、太平洋戦争で最も悲惨な戦いの一つと言われる硫黄島の攻防戦で、アメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道を中心に当時の硫黄島の守備にあたる陸・海軍将兵たちと、上陸するアメリカ海兵隊による死闘が描かれています。 劇中、当時問題でもあった陸・海軍将校の反目も描かれていて、敵国アメリカに対する以前に日本軍内部に意思統一が計られていない大きな病巣があった事が浮き彫りにされ、それが防衛戦で後々の悲劇に繋がってゆきます。

Ioujima_1 近代的な軍思想を持つ栗林司令官の指揮により、攻防戦序盤は善戦するものの、圧倒的な物量と戦力・兵力に勝る米軍により徐々に日本軍守備隊は消耗戦を強いられ、各個撃破され組織的な抵抗力を奪われてゆきます。 また戦闘集団を指揮する士官の勝手な思い込みや意思統一の欠如・命令系統の乱れ・上官命令の無視等が悪戯に戦死者・犠牲者を増やす結果に。 太平洋戦争の敗因の一端を見せつけられているようにも思えました。

Ioujima_2 そんな中、いい加減な上官たちの行き当たりばったりの指揮にも係わらず、必死に司令官栗林の命令を全うし生き抜こうとする兵士役を二宮和也くんが熱演しています。 正直映画を観るまでは、どんなかなぁ?と思っていましたが、とても上手でした。 個々のキャラクターも無駄無く描かれていて、ただの戦争映画でも無くまたヒューマンドラマってわけでも無いように思います。 でも、実際の硫黄島防衛戦はもっと悲惨だったのだろうと思うと、今の日本の現状を顧みて、あの戦争は何の為にあったのかと強い疑念を感じざるを得ません。

| | コメント (16) | トラックバック (17)

2006年12月24日 (日)

● Limit of Love 海猿 ●

Sarulol_2 ▼潜水士物語▼

2005年制作、漫画を原作とする映画の続編「LIMIT of LOVE  海猿」のDVDを購入して鑑賞しました。 原作の漫画はよく読んでいたので続編とは言えメインのキャストは知ってはいました。 主人公仙崎に伊藤英明、そのフィアンセに加藤あい、先崎の相棒吉岡に佐藤隆太、他に時任三郎、石黒賢、大塚寧々等々のキャスティング。 海上保安官の主人公とその相棒や先輩たちが織りなす青春群像劇でありバディムービーです。

Sarulol_1 仙崎とその仲間たち潜水士が訓練中に海難事故が発生。 早速訓練から実際の救難作業に入ります。 600名以上の乗員乗客を載せた大型フェリーが座礁、徐々に浸水し傾斜する船内で乗員の救難作業をする最中に様々な問題が次々発生。 粛々と進む救助作業にも関わらず、浸水の続く大型フェリーの傾斜角はやがて満載する車両の引火爆発に繋がり、火災と浸水と言う大規模海難事故に発展してゆきます。

Sarulol_3 見所は、浸水し沈没に向かう船内で次々と起こる爆発・火災・水流の迫力映像と、その危機また危機に立ち向かう緊急救助隊の面々に対応。 またその中で語られてゆく人間模様が終盤の危機的場面で観る者の感情を大きく揺さ振ります。 まぁ、海外映画でもよくあるディザスタームービーでもそこがどう観客に訴えかけるかでその作品の質を大きく左右しますよね。 この映画ではそれはなかなか良かったと思います。

Sarulol_4 主人公仙崎が要救助者の救出を諦めない理由の布石も大まかではありますが映画の冒頭で押さえられているし、また潜水士仲間が同じ潜水士の捜索をなかなか諦めないところも海外戦争映画の戦友を見捨てないって精神に通じていて結構感動。 欲を言えばもうちょっとそこら辺の潜水士仲間の関係が描かれていればもっと感情移入したかもしれません。 まぁ、続編映画ですからそこはしょうがないですが、、、。個人的には美木良介さん良かったなぁ。

Sarulol_5

| | コメント (13) | トラックバック (5)

2006年12月 9日 (土)

● アイランド ●

Island_0 ▼楽園アイランドへ!▼

2005年製作のSFサスペンス大作「アイランド」のDVDを購入して鑑賞しました。 監督は「バッドボーイズ」シリーズ、「ザ・ロック」、「アルマゲドン」、「パールハーバー」と大作続きののマイケル・ベイ。 ユアン・マクレガースカーレット・ヨハンソンの2大スターの共演に、ショーン・ビーンスティーヴ・ブシェミジャイモン・フンスーマイケル・クラーク・ダンカンと凄い豪華ですよねぇ。

Island_1 STORYは2019年近未来、大気汚染された地球で厳重な隔離・管理体制下の都市型コミュニティーでのお話。 日々の生活を高度にプログラミングされた管理下で暮らす主人公たちは、抽選により公平にもたらされるハズの、地上の最後の楽園“アイランド”への移住を唯一の楽しみに毎日同じような変化の無い生活を送っています。 安全で快適なコミュニティで暮す主人公は、自分たちが人間に肉体のパーツを提供するために作られたクローンであることを知ってしまう。 そこで“アイランド”移住が当選した恋人とともに外の外界へ脱出する。

Island_2 ここからがマイケル・ベイ監督の真骨頂で、汚染されたはずの外界で真実を求め逃亡する主人公たちを管理者側が繰り出す追跡者たちが執拗に追い回すくだりが見応えアリ。 逃げる主人公たちが利口なのか?追う追跡者たちが間抜けなのか判りませんがなかなか捕まらず、二転三転するスリリングな展開は舞台設定の疑問点など木っ端微塵に消し飛びました。 あくまで主人公視点、もしくは管理者側視点のみの物語の進行なので、逃亡劇の背景にあたる世界の事などは全く無視して突き進むSTORYは潔いほど単純ですが、、、。

Island_3 個人的には、またまた出てきましたスティーヴ・ブシェミさん、大好きです(笑)。 「アルマゲドン」でも思いっきり自分勝手な行動で大迷惑をかけていましたが、本作では主人公たちを手助けするちょっとイイ人。 どんな役でも際立つ存在感、イイですねぇ・・・(笑)。 もうちょっと長生き(映画の中でね!)して、最後にイヤミを一言くらい吐いて欲しかったですねぇ。 期待以上に面白かったです「アイランド」。(^^)v

Island_5 Island_4

| | コメント (15) | トラックバック (10)

2006年9月30日 (土)

● イーオン・フラックス ●

Aeonflux_1 ▼シャーリーズFanご用達▼

シャーリーズ・セロン主演の近未来SFアクション映画「イーオン・フラックス」のDVDを購入して鑑賞しました。 監督は2000年の作品「ガール・ファイト」を監督したカリン・クサマ。 他に敵役になる政府指導者兼科学者のトレヴァーにマートン・ソーカス。 オスカー女優のシャーリーズ・セロン以外は全体的に地味でハッキリ言っちゃえば周り全て盛り立て役ですね。(^_^;)

Aeonflux_2 この映画のメインは、殆ど全てシャーリーズ・セロンのアクションと多用されるCG映像につきるみたいですね。 確かに見栄えするシャーリーズ・セロンが今までに無いアクションシーンの連続で敵の戦闘員をバタバタなぎ倒すところは見応えありますが、逆に言えばそれ以外殆ど売りは無し。 地味目な脇役陣なのでクラシックバレエ仕込でモデル出身のシャーリーズ・セロンが目立つ事。 しかし哀しいかなシャーリーズ・セロン抜きでは何も残らないほど魅力の無い作品です。

Aeonflux_3 舞台設定は、2415年の未来で人類が殆ど死滅して残された400万人が暮らすユートピア“ブレーニャ”で圧制を強いる政府側と反政府側との戦いなんですが、、、。 400万人もいる都市なんですが、何故かあまり大きさを感じないんですよねぇ。 なので極めて小さいところでのチマチマした戦いに見えてしまいました。 また今から400年以上先の未来にも係わらずあまり独創的な武器・兵器や市民の暮らし振りがが見られません。 政府側兵士の持つ銃などガトリング式のネイルガンみたいです、命中率悪そう(^_^;)。

Aeonflux_4 STORY後半は、初期の政府・反政府の関係がいろいろ複雑になり、それなりに期待させる展開になるのですが、残念ながら要所要所での説明不足も手伝い何故?何故?のオンパレードです。 監督の趣味なのか映画会社の意向なのか判りませんが、未来都市ブレーニャの市民生活シーンの随所には日本風情が漂っています。 雨天でも無いのに番傘を持つ市民がいたり、主人公の妹の部屋が日本の掘り炬燵風だったり。 それと近未来SFものによくアリがちな物語上の綻びや矛盾もお決まり通りでした。 まぁ、シャーリーズ・セロンの為の、またファンの為の映画と言って全く差し支えない作品です。 シャーリーズ・セロンに興味の無い方にはあまりお奨めできません、、、。

| | コメント (22) | トラックバック (16)

2006年9月 9日 (土)

● V for VENDETTA ●

V_0 ▼価値のあるものは真実▼

第3次大戦後の近未来の英国を舞台にしたスタイリッシュSFサスペンス映画「Vフォー・ヴェンデッタ」のDVDを購入して鑑賞。 仮面の主人公の V に「マトリックス」で活躍したヒューゴ・ウィービング、ヒロインにナタリー・ポートマン、製作・脚本をウォシャウスキー兄弟が手掛けています。

V_2 第3次大戦後、事実上ファシズム国家と化した英国を舞台に自らの生い立ちと圧制を強いられる民衆の為にテロリストとなり目的を遂げようとする V と、偶然(Vは必然と解釈?)V に秘密警察から助けられたヒロインとのロマンスと人生観が描かれています。 V は、一見するよりも結構チャーミングでユーモアもありちょっとシャイ。 ヒロインと初めて会った時も、一人あまりにも雄弁に突拍子も無い事をしゃべるのでヒロインに変人扱いされたりします(笑)。

V_3 SFサスペンスアクション物のわりに政治色も強く、原作は大人向けコミックと言われるだけあって V もいろいろセリフも多く、またクラシックやジャズ音楽に演劇引用のセリフなども楽しめます。 本編だけで2時間以上の内容ですが、STORY展開が上手なのかグングン引っ張られてあっと言う間にエンディングになりました。 全編通して仮面の主人公 V ですが感情も伝わってきて違和感をあまり感じません。

V_4 むしろ劇中の状況と今ある世界の状況を照らしてみると結構似ていると言うか近い状況にも感じます。 民衆にテロの恐怖と混乱を感じさせ、平和と安全を保障する代わりにプライバシーと自由を奪う。 ここ数年世界で進んでいる状況と極めて酷似しているように思えます。 現代社会に対する警鐘なんでしょうかねぇ、、。 予想したより遥かに見応えもあり、V と言うキャラクターにも親近感を感じます。 個人的にはとってもお奨めの映画です。(^^)v

V_5 V_1

| | コメント (19) | トラックバック (13)