2009年1月18日 (日)

● ティンカー・ベル ●

Tinckerbell_04 ▼本来のアニメに!▼

年末年始の大作からあえてディズニーのCGアニメーション「ティンカー・ベル」を観に行ってきました。 最近のアニメは大作化してきて大人の鑑賞にも堪える内容の深い、時には暗いものが多いですが、今作は本当に子供向けな作品のようです。 近くのシネコンに行きましたがお子さん連れの家族鑑賞が大半。 今週末で殆どの劇場が上映終了みたいなのでギリギリでした。

Tinckerbell_00 主人公のティンカー・ベルは、モノ作りの妖精として誕生。 出だしで子供の始めての笑い声が妖精を産むってところがなかなか良かったですよ。 「ピーターパン」で登場する人気の妖精の誕生秘話らしい。 素直で純真な妖精ってわけじゃ無く、結構ワガママで自分勝手、時に微妙で卑屈な笑いもする現代的な妖精さんです(笑)。 でも、その等身大キャラがなかなか可愛かったりします!

Tinckerbell_02 他にも水の妖精や動物の妖精、光の妖精や花の妖精、高速飛行の妖精など専門とする能力を有する妖精たちが個々のキャラと併せて可愛いこと。 モノ作りの才能に満足できず他の派手な能力の妖精たちの才能に憧れ、真似をするが迷惑ばかりのテンカー・ベルがやがて自分の能力とその意義に気付き、みんなの協力で願いが叶うと言う単純STORYですが、CG映像の綺麗さと併せけっこう面白い映画です。

Tinckerbell_03 4部作予定の第1作らしいので続編が期待ですが、興行成績は米国も含めて芳しくないそうなのでちょっと心配。 今回は、ネバーランドの妖精の谷ピクシー・ホロウでのお話でしたが、次回作からは人間の世界メインランドも関わってくるのかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 7日 (日)

●デトロイト・メタル・シティ●

Dmc05 ▼期待以上で爆笑!▼

これまた大人気コミックを実写映画化した邦画 DMCこと「デトロイト・メタル・シティ」を家族で観て来ました。 次女大絶賛だったのと、映画館での予告編もまんざらでもなかったのですが実際鑑賞すると予想以上の青春爆笑コメディーで大満足(笑)でした。

Dmc01 田畑に山河が広がる農村出身で、大都会東京でオシャレなPOPニュージシャンを目指すとっぽい大学生を映画「デスノート」での怪演で人気急上昇中の松山ケンイチが熱演。 甘ったるく時代錯誤なPOP好き青年が、何故か真逆なデスメタルバンド DMC のメインボーカル/ヨハネ・クラウザーII世 として不本意(?)な人気に戸惑い、悩み、やがてミュージシャンとしての真意や使命に徐々に気付いていくお話。

Dmc02 地方出身の純朴な音楽青年をある意味騙し自分の野望であるカリスマデスメタルキングに育てようとする悪魔系女社長に松雪泰子。 主人公同様に騙されたのか?ドラムスにお笑いトリオ“ロバート”の秋山竜二。 主人公の母役に宮崎美子。 ヒロイン役に加藤ローサ。 女社長が崇拝し、終盤にクラウザーと競う世界的デスメタルスター、ジャックに何故か KISS のジーン・シモンズと豪華キャスティングです。

Dmc06 時代が時代ならあり得ないだろうジーン・シモンズの共演や、松山ケンイチのちょっと同一人物とは思えないほどの一人二役(実際には二役では無いが)など結構楽しめると共に、ストーリー展開は予想通りの流れでありながらもギャグシーンとデスメタルサウンドのライブな迫力との融合が絶妙。

Dmc04 個人的にはやはりギャグシーンが思いっきり笑えました。 鑑賞する他のお客さんたちも同時に大爆笑するシーンが数回あり、映画館で何気に楽しさで同調する快感は久し振りな気がします。 ベタなシークェンスもありますが、個々の役者さんの恥ずかしげも無い演技には結構乗せられます(笑)。

今夏、圧倒的なボリュームと存在感で他作品を引き離す「ダークナイト」以外では佳作ではありながらも数度の鑑賞に堪える嬉しい邦画作品だったと思います。 倦怠感や眠気を誘わない(クラウザー閣下に怒られそう)、それなりに引き締まった青春ギャグコメディー&デスメタル映画でした。

Dmc07 Dmc03

「デトロイト・メタル・シティ」、ハリウッドでリメイク!?

■デトロイト・メタル・シティを鑑賞されたみなさん

 好き。 KEI さ~ん

 カリスマ映画論 睦月さ~ん

 彩り、ユレル 白藤さ~ん

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月 7日 (木)

● ダークナイト ●

▼評判どおり▼Darknight002

2008年期待の「ダークナイト」。 皆さんご存知のバットマンシリーズ最新作です。 主演クリスチャン・ベイル、監督クリストファー・ノーランになっての前作「バットマン ビギンズ」を劇場で観れなかったので、今作こそは! と気合と期待で待っていましたが、海外レヴューの凄まじい評価と熱狂ぶりに思わず先行上映を観に行ってしまいました(笑)。

Darkknight_003 今作はなんと言っても1月に急死したジョーカー役/ヒース・レジャーにつきますねぇ。 彼のコトは正直言って今まで名前は知っていても作品ではあまり認識していなくって、「パトリオット」などでも強く印象に残っていなかった(ファンの方ゴメンなさい!)。 でも今回は噂どおり鬼気迫る怪演でしたねぇ。 試写会や先行上映の映画館では泣き声も少なくなかったとか・・・。

Darkknight_011 今回は、レイチェル役もマギー・ギレンホールに代わって賛否両論ありますが、個人的には演技派だし気に入ってます。 トゥーフェース役にもアーロン・エッカートが演じ、執事アルフレッド役のマイケル・ケインや技術担当のフォックス役のモーガン・フリーマンにゴードン警部補役のゲーリー・オールドマンと前作からのキャストと揃って演技派ばかりで大満足のキャスティングでした。

329605view003 作品そのものは、2時間30分以上の長時間大作なんですが、脚本の秀逸さと監督の手腕なのでしょう、全く時間を感じさせないほど! 実はわたし、先行上映の2日間足を運んでいて、1日目はカミさんと、2日目の日曜は長女と観に行っちゃいました(^_^;)。 両名ともバットマンには興味も無くまさか行くとは思わなかったのですが、二人とも鑑賞後は大興奮!(笑)。 本上映の今週末も観に行きそうな有様です。 過去のバットマンシリーズを観た人も観なかった人にもお薦めだと思います!間違いなく。

Darkknight_004 STORYは、前作ラストのジョーカーのカードが示すとおりジョーカーvsバットマンがメインなのですが、それが表面的過ぎるほど奥深い作りになっていて、前作以上に“善”vs“悪”を重層にしています。 バットマン、ジョーカー、トゥーフェイス(or検事)、警察、マフィアの中で対立・裏切り・協力が交錯し、お互いが時に猜疑心に囚われたりとする中、ジョーカーだけは純粋なほどに人の心を弄び、終盤はバットマンすら自分を満足させる「オモチャだから殺さない!」と豪語するほど暴れまわります。

Darknight001ダークナイト」のタイトルは、最後にある人物により発せられる言葉から納得の表題になりますが、正直言ってこの作品はジョーカー主演と言っても差し支えない作品に仕上がってしまっています。

光には必ず闇があり、また闇は光なくしてはありえない。 そして、闇に落ちた光の“善”の偶像を人は敬い、“悪”と戦う闇の騎士の“善”を人は知らない。 前作でレイチェルが「人の本性はその行動によって分かる」みたいなことを言っていたものの、最後にその一元的な見方を意識させられます。

私たちも日常、人との係わり社会との係わりに中で、人の本当の姿を見れているのかなぁ?見ようとしているのかなぁ?と考えさせられたり、本作は観る人によって様々な解釈や見方が出来る、アクション映画としては近頃稀な作品だとも思いました。 しかし、ヒース/ジョーカー可愛かった(笑)。

Darkknight_009

■ダークナイトを鑑賞されたみなさん

 カリスマ映画論 睦月さ~ん

 ヒューマン=ブラック・ボックス jamsession123goさ~ん

 タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 耕作さ~ん

 映画鑑賞★日記・・・ ゆかりんさ~ん

 -ミチの雑記帳- ミチさ~ん

 ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ひらりんさ~ん

 なつきの日記風(ぽいもの) なつきさ~ん

 りらの感想日記♪ りらさ~ん

 まつさんの映画伝道師 まつさ~ん

 ヤジャの奇妙な独り言 ヤジャさ~ん

 Akira's VOICE AKIRAさ~ん

 お萌えば遠くに来たもんだ! edomu さ~ん

 観たよ~ん~ はっちさ~ん

 我想一個人映画美的女人Blog mig さ~ん

 別館ヒカシ日記 hum09041 さ~ん

 TV視聴室 ラフマニノフ さ~ん

 虎猫の気まぐれシネマ日記 なな さ~ん

 新!やさぐれ日記 あるきりおん さ~ん

 Brilliant Days  マダムS さ~ん

| | コメント (18) | トラックバック (21)

2007年10月27日 (土)

● トランスフォーマー ●

Transf_1 ▼さすがスピさん!(笑)▼

日本の子供向け人気玩具を源流とするアメリカの人気変形ロボット玩具トランスフォーマー。 その実写版映画「トランスフォーマー」を観てきました。 製作総指揮をスティーヴン・スピルバーグ御大、監督を「アルマゲドン」「バッド・ボーイズ」等でのヒットメーカー、マイケル・ベイと言う超豪華タッグの期待作です。 他の映画の時の予告編からワクワクしてましたから・・・(^_^;)。

Transf_3 注目すべきはSTORYやキャスティング云々よりも、その最新のVFXを駆使した映像表現でした。 メインキャラと言っていい変形ロボットトランスフォーマーたちの激しい形状変化と周囲との違和感の無い(あくまで主観的ですが)ダイナミックな映像がワクワクドキドキと子供に帰ったように終始一貫して楽しめました。

Transf_4 STORYとしては、まぁよくありがちな人の世界に溶け込んでしまっていた機械(メカ)から人類が主権を奪われようとするって感じ。 実際には地球外からの金属生命体からの侵略だったりするんですが。 種類は違えど「T2(ターミネーター2)」風ですねェ。 その金属生命体にも侵略するダークサイドがいれば人類に味方する友軍も登場し、一応の主人公少年と共闘します。

Transf_2 けっこう荒唐無稽なSTORYだし、変形するトランスフォーマーたちの変形具合は凄まじいので、人によってはいくらVFX駆使していても受け容れ難い面もあるかもしれませんが、大人がマジで評論するよりも子供達が飽きる事無く引き込まれそうな内容なので、潔いほど面白い作品です。 そう言った意味では、さ・す・がスピルバーグさん!です。 今回はキャスティング紹介はしません(^_^;)。 面倒ってのもありますが、なんと言っても主人公は正義のロボット生命体サイバトロンと悪のデストロンですから!(^_^)v

Transf_5 Transf_0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

● ダイ・ハード4.0 ●

Diehard40_1 ▼12年振り人気作登場!▼

2007年公開の「ダイ・ハード4.0」をこの夏観て来ました。 ド派手アクションのシリーズ最終作の“3”から約12年、帰ってきたジョン・マクレーン刑事の大活躍です。 監督は、ケイト・ベッキンセール主演作の「アンダー・ワールド」シリーズを手掛けるレン・ワイズマンです。 

Diehard40_2 主演のブルーズ・ウィリスもご存知のようにスキンヘッドにすっかりオヤジフィール。 奥さんにも離婚されてて娘とも会うのも不自由する境遇は、やさぐれ刑事やくを演じた「13ブロック」と混同しちゃいそうです。 共演はオタク青年を演じるジャスティン・ロング。 敵役にティモシー・オリファントマギー・Q、両名ともカッコいいしスマートだし、ジョンにやられちゃうのはちょっと惜しいですね。 それに味方の捜査官役にクリフ・カーチス、いかにも生真面目な役どころにピッタリ。

Diehard40_3 STORYは、全米のインフラを人質に政府を脅すサイバー・テロ集団。 デジタル化された現代社会の弱みを炙り出すと共に、逆にデジタルで制御しきれないアナログ人間/ジョン・マクレーン刑事をブルース・ウィリスが演じます。 オタク・ハッカーのジャスティン・ロングブルース・ウィリスとの掛け合いが面白いですねぇ。 そうそう、マクレーン刑事の娘/ルーシーを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドは可愛かったです。

Diehard40_0 第1作かた続くアクションシーンは、今作でもさらに激しくヒートアップ。 ご存知武装ヘリと車との空中戦はもとより、次世代戦闘機F35まで登場し、あろうことかそれに飛び乗ったりするにいたるとちょっとやり過ぎ(笑)。 英国スパイの007/ジェームス・ボンドでもそこまでしないだろう(^_^;)。 でもアクションが売りのシリーズですから、下手にシリアス路線に転じられるよりはイイか! 何にしても前作までを楽しめた人には間違いなくお奨めです、速くDVD化を!

Diehard40_4 それにしても敵役&クールビューティーで主役ジョンと死闘を演じたマギー・Qさん、来日時の笑顔の印象は、作品中のキャラと全然違ってとても魅力的な女優さんですねぇ。 違う作品でももっと観てみたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

● 007カジノ・ロワイアル ●

007casino_0 ▼大論争の007最新作▼

2006年製作の最新007映画「007 カジノ・ロワイアル」のDVDがついに発売。 早速購入して鑑賞しました! 昔から007シリーズはとても好きなので、結構期待大です。 監督はマーティン・キャンベル。 クリス・コーネルって人のオープニングの主題歌がなかなかカッコイイし、そのOPシーンがトランプを混ぜたスタイリッシュな映像でなかなかです。

007casino_1 主演の新ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグ。 「ミュンヘン」で初めて意識して観たのですが、ちょっと厳つい感じでしたねぇ。 今作のボンド役でも今までの華麗でスキ無くスマートなボンドと違って、結構荒くれで強引でちょっとスマートじゃない、、、。 でもとても新鮮で良かったですね。 ジュディ・デンチ演じる上司の“M”にイヤミたっぷりに怒られたり、結構手を焼く暴れん坊の007って感じでした。

007casino_2 そんな新鮮さたっぷりの新007のボンド・ガールには、「キングダム・オブ・ヘブン」にも出演のエヴァ・グリーンが財務省調査官ヴェスパー役で。 いやぁ綺麗でしたねぇ、、(^_^;)。 過去の007シリーズに登場したボンド・ガールで最高の美女は「ロシアより愛を込めて」のダニエラ・ビアンキだと個人的には思っていましたが、エヴァ・グリーンは匹敵するくらいクールビューティーでグッドです!

007casino_3 今作では、映画の中の非常に多くのシーンをモンテネグロのカジノでのポーカー勝負が占めています。 マッツ・ミケルセン演じる、世界各国のテロ組織の資金と通じるル・シッフルとの大金をかけたポーカーゲームでの心理戦が「カジノ・ロワイアル」の名に相応しい緊張感のある作品になっています。 ゲーム中何度も危機に陥るものの、時にはM I 6の組織を挙げての支援やCIA のヘルプで挽回しつつル・シッフルを起死回生の逆転で追い込みます。

007casino_4 エンディング間近、ヴェスパーと一緒になり007の役目を捨ててまで共になろうとするものの、、、。 作品全体を通してクレイグ演じるボンドは本当によく走ったし、アクションシーンは歴代ボンドでも相当上位になると思います。 公開前の批判を覆すほど大絶賛を浴びたのも納得の作品の出来だと思いました。 クレイグ・ボンドの次作以降がとても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月 7日 (土)

● ディック&ジェーン ●

Dickjane_0 ▼おかしな強盗劇▼

2005年製作のコメディ映画「ディック&ジェーン」のDVDが廉価版になって発売されたので購入して鑑賞しました。 「マスク」でのコミカルな演技以来すっかりコメディの帝王と化したジム・キャリーと、「バッド・ボーイズ」でのヒロインから「ディープ・インパクト」「ジュラシック・パークIII」と出演作に恵まれるティア・レオーニの二人が夫婦役で主演。

Dickjane_1 STORYは、サラリーマンとして15年、ようやっと重役への昇格も決まり家も購入し優雅な生活が始まると思いきや、いきなり会社が倒産。 生活の目処も立たず心の整理もつかぬうちに生活は困窮。 求職活動もままならない真面目な二人が選ぶ収入の手段に強盗稼業と言うのもちょっと強引ではありますが、、、、。

Dickjane_3 そんな二人なので実際の強盗もショボいもの。 コンビニでの失敗から始まり、押し入ったスーパーでは客の老女に荷物運びに逆に使われたり、コーヒーショップではコーヒーとスナック類の奪取など、小金を手にするのがやっと。 その二人もいよいよ大仕事に臨むが、、、、。

Dickjane_7_1 出演は他にアレック・ボールドウィン。 アレック・ボールドウィンもすっかり貫禄ついちゃいましたねぇ。 「レッド・オクトーバーを追え!」で主人公ライアンを演じていた頃はカッコ良かったのに、、。 今回彼の役どころはジム・キャリーの勤める会社の社長役。 今回の会社の突然の倒産が実は計画倒産で、アレック演じる社長の私利私欲だった事が判り、主人公たちの強盗劇から復讐劇に変わります。

Dickjane_4 ジム・キャリー主演ですから、当然桁違いの爆笑コメディーを期待するものですが、部分部分で面白いものの普通にコメディしてます。 でもティア・レオーニとの夫婦でのやりとりは結構面白かったですね。 真面目でラヴラヴな普通の夫婦がぎごちなく強盗をやり遂げようとするくだりは、不謹慎かもしれませんがチョットほのぼの、、、(^_^;)。 軽い気持ちで楽しむには向いてるコメディ映画でした。

Dickjane_5 Dickjane_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

● 鉄コン筋クリート ●

Tekkon_4 ▼緻密で独特な雰囲気▼

1993年から青年漫画誌で連載された、伝説的な人気漫画の劇場版アニメ「鉄コン筋クリート」を長女と観て来ました。 「アニマトリックス」のアメリカサイドを担当したマイケル・アリアスが監督。 制作は、「スプリガン」「MEMORIES」で有名アニメスタジオ・STUDIO 4℃が担当しています。

Tekkon_1 主役の二人の子供、クロとシロを「硫黄島からの手紙」で高い評価を得ている二宮和也と「フラガール」等でキャリアを積む若手女優の蒼井優が声優として熱演しています。 特にシロ役の蒼井優の声優としての演技は素晴らしかったと思います。 二宮くんしかり、蒼井優さんしかり、また海外の映画祭において国際映画「バベル」で助演賞候補にあがる菊池凛子さんしかり、最近の若手の台頭は凄まじいものがありますよねぇ。

Tekkon_0 古き良き時代の雰囲気を色濃く残す架空の街“宝町”で自由気ままに暮らし暴れる二人の子供クロとシロを中心に展開してゆくSTORY。 そんな“宝町”にも時代と共に再開発と言う波が押し寄せ、大人の都合やヤクザなどの暴力に包まれてゆきます。 暴力で抗うクロとシロにもやがて別れざるをえない時が訪れ、別々の道を歩みだす二人。 そんな二人に思いもよらぬ事態が訪れ・・・やがて終焉?そして新生か? 今の時代ではあまり見ることの出来なくなった昔の街の風情が、妖しく美しく儚げに表現され、アニメスタジオ STUDIO 4℃ の高い技術力が光ります。

Tekkon_5 また、TVCMや予告編の時から主人公を含めた飛翔シーンの爽快感に期待していましたが、実際ダイナミックで期待通りの息を呑むようなシーンが随所にあり見応えありました。 往年のジブリ作品の浮揚感とはまたちょっと違いますが、とてもイイ感覚。 また私は原作を良く知らないのですが、原作のテイストを失っていないキャラクターや街の雰囲気だそうです。 この作品や「パプリカ」など、昨年後半から今年にかけてのアニメ作品はなかなか良品が続いていますね。 最後の方でちょっと解釈が解かりづらかった部分があったので是非DVDを購入して観てみたいと思います。

Tekkon_3 Tekkon_2

| | コメント (10) | トラックバック (8)

2006年12月12日 (火)

● ダヴィンチ・コード ●

Davincicode_0 ▼キリストにまつわる謎▼

2006年の話題作「ダ・ヴィンチ・コード」のDVDを購入し鑑賞しました。 監督は、「アポロ13」「ビューティフル・マインド」「シンデレラマン」等数々の大作を手掛けたロン・ハワード。 主演は、2度のオスカー俳優トム・ハンクスに「アメリ」などに出演のオドレイ・トトゥ。 他のキャストは、フランス警察の警部役に「レオン」のジャン・レノ、数々の名作に出演のイアン・マッケラン等です。

Davincicode_2 STORYは、ルーヴル美術館館長が殺害されその周りには不可解な暗号が残されていた。 暗号には館長がその日会うことになっていたハンクス演じるハーバード大学教授の主人公の名前が含まれていた。 そのため疑いを掛けられた主人公はレノが演じるフランス警察の警部に現場に呼び出され危うく犯人扱いされる事に。 そんな危機をトトゥの演じる館長の娘で女性警官に救われますが、そこから主人公たちは警察と本当の犯人たちとの追跡劇が始まります。

Davincicode_3 この映画の面白かったところは、そんな追いつ追われつのチェイスシーンより、殺害現場に残された暗号とキリスト教にまつわる過去の歴史との謎解きにあると思います。 マグダラのマリア、シオン修道会、オプス・デイ、テンプル騎士団、魔女の鉄槌、聖杯等々、STORY自体がフィクションとは言えいろいろ調べたりしたくなっちゃう文言がいっぱい出てきます。 題名はダヴィンチ・コードですが、そんなにダヴィンチがメインで進むわけでもありません。 しかし謎解きを含めて語られる歴史の裏の仮説を楽しめれば非常に面白いです。 原作の方がもっと面白いと言う声は良く聞きますが、個人的にはとてもお薦めの映画です。

Davincicode_1 Davincicode_4

| | コメント (17) | トラックバック (12)

2006年10月14日 (土)

● トランスポーター2 ●

Transporter2_0 ▼前作以上の・・・!▼

前作「トランスポーター」で圧巻のカーチェイスと切れのいい格闘アクションで人気のジェイスン・ステイサムが帰ってきた続編「トランスポーター2」のDVDを購入して鑑賞しました。 活動を米国マイアミに移した主人公フランクは、運び屋の傍ら要人子息の護衛兼運転手の仕事をしている設定です。

Transporter2_2 その依頼主の子供の送迎の最中に謎の武装集団に襲われてしまいます。 この武装集団のキーキャラクターにケイト・ノタ。 意味不明なセクシーないでたちにサイレンサー装備+増弾マガジンの拳銃(グロッグ18)2丁をフルオートでガンガン乱射し、襲撃対象の子供やフランクは元より味方の武装集団メンバーや駆け付ける警官たちにも容赦無くフルオートで掃射して次々と亡き者にしていきます。 ここら辺だけでも前作以上にヒートアップしたガンアクションが堪能できます。

Transporter2_4 さらに加えて前作同様(それ以上かな?)のカーアクション。 前作のBMWから今度はアウディを駆ってマイアミ市内や海岸でパトカーと熾烈なカーチェイスを展開します。 終盤になるとクルマをランボルギーニに換えて疾走。 こんな調子で全編89分の内容ですが、次々とたたみかける展開で全く飽きさせないどころかトイレにも行く隙もありません(^_^;)。 ホントあっと言うまのSTORY。

Transporter2_5 ジェイスン・ステイサムの格闘アクションも健在なので、そっち系の好きな方も十分に堪能出来ると思います。 ここのところいろいろ頭を使う内容の映画やヒューマンドラマな内容の映画を観てきたので、こんなサッパリとした全編アクションシーンテンコ盛りな映画は、これまた新鮮。 前作、「トランスポーター」をまだ未見の方は是非そちらから観られる方がより楽しめますよ!(^^♪ そう言えば、今回はミサイル飛んでこなかったな、、、。

Transporter2_1 Transporter2_3

| | コメント (12) | トラックバック (8)

より以前の記事一覧