2006年12月26日 (火)

● マイアミ・バイス ●

Miami_1 ▼渋くて迫力のアクション▼

80年代の人気TVシリーズを、当時制作に関わっていたマイケル・マンが監督をしリメイクした2006年制作のアクションムービー「マイアミ・バイス」のDVDを購入して鑑賞。 マイアミを舞台に、マイアミ警察の特捜刑事コンビ、ソニー・クロケットとリカルド・タブスが活躍するバディムービーです。 主演に「アレキサンダー」や「フォーン・ブース」のコリン・ファレルと、「ステルス」や「Ray/レイ」ではオスカー受賞のジェイミー・フォックスの共演。 他にコン・リーエリザベス・ロドリゲス等です。

Miami_3 STORYはさておき、「ヒート」や「コラテラル」で渋くても迫力のある銃撃アクションを披露し、かつ無骨な映画を作るマイケル・マン監督らしく、やたらド派手な大暴れは少なく地味~な潜入捜査や取引シーンなど落ち着いた作りです。 かと思えば、銃撃シーンはいかにもマイケル・マン監督らしくG35CやG3、SIG552、ステアAUGなどのアサルトライフルをはじめ、ベネリM4ショットガンやバレットM82大型狙撃ライフルなど妥協など一切無い見所満点なお楽しみシーンばかりです。

Miami_2 キャストでは、主演二人はもとよりカッコイイんですが、コリン・ファレルとイイなる仲になる敵側女性役のコン・リーが結構良かったですねぇ。 また、潜入捜査で出向く南米の貧困さを醸し出す独特な町並み、観ているだけで気持ち良くなるマイアミやハイチの抜けるような青空や飛行シーンなど、地味ながらも満喫できる場面も多々あります。

Miami_6 私はTVシリーズの「マイアミ・バイス」は殆ど観ていなかったので比較は出来ませんが、映画としては見応えアリです。 何度か観るとまた新しい発見もありそうで、一度観てもうたくさん!って類の作品とは違うと思われます、一応お奨め!

Miami_4 Miami_5

| | コメント (8) | トラックバック (5)

2006年9月17日 (日)

● メンフィス・ベル ●

Memphisbelle_3 ▼空の要塞 B-17▼

マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督による青春群像を描いた戦争映画「メンフィス・ベル」。 もう何度も観ているんですが、大好きなのでUPしてみました。 映画のエンディングや随所に流れる“ダニー・ボーイ”などの音楽もとても雰囲気が良く、戦争に駆り立てられる少年たちを切なく際立たせています。

Memphisbelle_1 出演は、機長役にマシュー・モデイン、副操縦士役にテイト・ドノバン。 他にエリック・ストルツD・B・スウィニービリー・ゼーンなど当時若手の個性派俳優たちです。 多くは現在中堅俳優になってるみたいですが、残念ながらこの中からはスーパースターは出ていなさそうですねぇ(私が知らないだけかもしれませんが、、、^^; )。 でもどのキャラクターも各々目立っていてイキイキしています。

Memphisbelle_5 1943年、英国の空軍基地に駐留しナチス・ドイツへの戦略爆撃を担うアメリカ第8空軍の爆撃機隊所属 “空の要塞”のニックネームを持つ ボーイングB-17フライングフォートレス メンフィス・ベル号の物語です。 すでに24回に及ぶ昼間爆撃に出撃し、唯一無傷の任務を全うしているメンフィス・ベルは、いよいよ故郷への帰国が許される25回目のドイツ軍需工場への爆撃任務に出撃します。

Memphisbelle_6 爆撃目標である都市に行くまでに数度にわたるドイツ空軍戦闘機による激しい迎撃により何機もの僚機を失い、メンフィス・ベルも爆撃隊を指揮する状況になります。 目標地点に到達するものの視界不良と目標付近の民間施設誤爆を避ける為、猛烈な対空砲火を浴びながらも軌道修正しながら爆撃任務を全うします。 爆撃隊を率い、爆撃成果を挙げるもののいよいよメンフィス・ベルも帰路でドイツ空軍戦闘機により被弾。

Memphisbelle_0 度重なる危機に直面し、傷つきふらふらになりながらも、クルーたちの活躍により英国空軍基地まで何とか無事に辿り着くメンフィス・ベル。 STORY的には至極単純なのですが、若き飛行戦士たちが助け合い時にはじゃれ合ったりしながら戦争を生き抜く様が結構感動的。 人生の大切な時期のいい思い出になるんだろうなぁ、と思ったりしながら観ていました。

Memphisbelle_4 Memphisbelle_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

● ミュンヘン ●

Munich_4 ▼報復の意味は・・・▼

話題の映画「ミュンヘン」のDVDを購入、鑑賞しました。 監督は言わずと知れたスピルバーグ。 ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラによるイスラエル選手団拉致虐殺事件に対するイスラエル機密情報機関“モサド”の暗殺チームの物語です。 まぁ例によって今のスピルバーグ映画はヒーローイズムではなくリアル志向なので、暗殺チームの心理面を描写する事による“報復”と言うものの持つ意味を問うている作品だと思います。

Munich_3 主演は、エリック・バナ。 私は「ブラックホークダウン」でのイメージが強いんですよねぇ。 それ以外あまり際立った作品を思い浮かばないんです(^_^;)。 「ハルク」や「トロイ」ではちょっと地味だったし。 ですが、それ以外の共演者がなかなかです。 次作「007/カジノロワイアル」主演が決まってるダニエル・クレイグ、「トータルフィアーズ」でのロシア大統領役のキアラン・ハインズ等豪華メンバーです。 

Munich_2 エリック・バナ含めて5人の暗殺チーム、序盤まぁまぁのペースで失敗しそうになりながらもターゲットを1人、また1人と暗殺していくんですが、中盤からチームにも乱れが生じてきたり、メンバーが逆に殺されてみたりと心理的に激しいストレスがかかります。 メンバーが次々殺され半分にもなると逆にいつ自分が殺されるかと疑心暗鬼になり睡眠もままならなくなります。 こうなると英雄でもなんでもありませんよねぇ。

Munich_1 終盤はもうエリック・バナの見るのも忍びないほど参っている様子がヒシヒシと伝わり、死による報復がいかに虚しいかものかが伝わってきます。 が、考えようによっては私たちの貪る平和もこう言った多くの犠牲の上に成り立っているかもしれないと思うと悲しさを通り越し、平和の意味も問われるかもしれませんね。 考えさせられるものの多い作品です。

| | コメント (8) | トラックバック (7)

2006年6月15日 (木)

● monalisa smile ●

Ms_3 ▼生き方、人生とは、、、▼

ちょっと前買った、「モナリザ・スマイル」を鑑賞しました。 古き伝統を重んじる名門女子大にジュリア・ロバーツ扮する新任の教師が着任、保守的な大学や親や生徒と対峙する中、徐々に理解者を増やしていくストーリーです。 個人的には、ロビン・ウィリアムス主演の「今を生きる」を彷彿とさせる映画でしたね。

Ms_2 キャスティングもなかなか豪華で、のっけから反抗的な生徒にキルスティン・ダンスト、才能・知性豊かな生徒にジュリア・スタイルズ、進歩的で大人びた生徒役にマギー・ギレンホールなどなど華やかです。 また、先日観たサスペンス映画「フォー・ガットン」で主人公ジュリアン・ムーアと共に謎の解明に挑むアクターがこの作品でもジュリア・ロバーツの後半の恋人役で出ています。

Ms_1 終盤までは何かと反抗的だったり、主人公の思うように育たない生徒たちも、教育方針が保守的な学園から主人公が去る段になり、先生(主人公)の思いや価値観・人生観に生徒自らの人生模様と重なるコトで気付き、最後先生との別れを惜しむシーンにちょっとホロッ。 前出の「今を生きる」とは比較も難しいのですが、学園物ってやっぱりちょっとイイですねぇ、、、(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月30日 (日)

● ミスティック・リバー ●

Mystecriver_1 ▼重く暗いストーリー▼

だいぶ前に購入して、すっかり観るのを忘れていた「ミステティック・リバー」を鑑賞。 友人から重い内容の映画だとは聞いていましたが、そのとおり。 ショーン・ペンケヴィン・ベーコンティム・ロビンスロレンス・フィッシュバーンと役者揃いで見応えあるし、綺麗どころでは「オペラ座の怪人」でヒロイン役を演じたエミー・ロッサムも出ています。 この作品自体、時間を感じさせないストーリー展開で想像以上の内容なのですが、エンディング間近でこれでいいのか?でも現実はこんなものか?と思わせるやり場の無い感情にさせられて幕。 スッキリした作品が好きな方々にはちょっと不向きな作品かも、と思いましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

● Mr.&Mrs.SMITH ●

Smith_4 ▼アンジー&ブラピ大暴れ▼

Mr & Mrs スミス」DVD購入して観てみました。 いやぁ、思ったとおりアンジェリーナ・ジョリーブラット・ピットが全編にわたってアクション三昧って感じでしたね。 ?な設定もあるかもしれませんが、二人のカッコよさとテンポの良いストーリーで十分楽しめます。 難を言えば、最近のDVDとしては若干高めの値段かなぁ(購入価格¥3,280)ってくらいでしょうか。(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (2)