2006年7月22日 (土)

● 悪いことしましョ! ●

Diabolos_1 ▼悪魔と契約!▼

以前友人に紹介されて購入した、「悪いことしましョ!」を久し振りに観てみました。 主演は「ハムナプトラ」シリーズで独特の冒険家を演じるブレンダン・フレイザー。 主人公をそそのかす悪魔(魔女?)役に「オースティン・パワーズ」にも出演するエリザベス・ハーレー。 ヒロイン役にフランシス・オコーナーなどです。

Diabolos_3 仕事もプライベートもまったく冴えない主人公のところに悪魔が降臨。 悪魔はどんな願い事も7つ叶えてやると提案、その代償として魂を頂くと持ち掛けます。 主人公も最初は抵抗しているものの、こっそり憧れるヒロインとの叶わぬ仮想現実を見せつけられ、ついつい欲望に負け悪魔との契約書にサインをしてしまうところから実質的にこのSTORYは始まります。

Diabolos_4 悪魔との契約がスタートし、主人公は欲望のまま一つ一つ願いを叶えるごとにその欠陥を露呈(悪魔に遊ばれている部分も多々)。 徐々に真実の願いや愛に近づいていきます。 その過程でのブレンダン・フレイザーの慌てっぷりや動転する演技が笑えます。 また好むと好まざるとに関わらず、この作品の一つの売りでもあるエリザベス・ハーレーの様々なコスプレ姿を見る事が出来ます(笑)。

Diabolos_5 終盤、5つまでの願いが終了し、主人公が残り2つと言うところで悪魔と御願い残高が食い違い揉め事に。 結局ある事件をキッカケに主人公は欲望と願望の違いを認識しつつ悪魔に契約破棄を申し出ます。 そんな願いを悪魔が聞き入れるはずも無く強引に願い事をさせられるハメに。 が、そこで主人公も悪魔も意図しない出来事が、、。 ※しかし、E・ハーレーの天使姿似合わねェー(笑)。

Diabolos_6 結局主人公は悪魔に魂を捧げずにすむ事になり、人間の大切なものは何かを気づかされます。 また、悪魔の本音がポロッと囁かれたりとホロリとさせられるところです。 普通ならここで気になるヒロインとも結ばれたり、それを匂わせるエンディングに進むのが一般的ですが、本作ではそうなりません。 そのかわり、、、、。 最後悪魔と別れる主人公に悪魔が「悪魔も神も人の中に・・・」と言うセリフがいろいろ考えさせられます。 実は私はこの作品まったく知らなかったのですが、友人に奨められ観てその面白さにビックリ。 早速購入したいきさつがありました。 スッゴイ大作でもありませんが、個人的にはお奨めのコメディ作品です。(^^)v

Diabolos_0 Diabolos_7

| | トラックバック (0)