2009年1月18日 (日)

● ティンカー・ベル ●

Tinckerbell_04 ▼本来のアニメに!▼

年末年始の大作からあえてディズニーのCGアニメーション「ティンカー・ベル」を観に行ってきました。 最近のアニメは大作化してきて大人の鑑賞にも堪える内容の深い、時には暗いものが多いですが、今作は本当に子供向けな作品のようです。 近くのシネコンに行きましたがお子さん連れの家族鑑賞が大半。 今週末で殆どの劇場が上映終了みたいなのでギリギリでした。

Tinckerbell_00 主人公のティンカー・ベルは、モノ作りの妖精として誕生。 出だしで子供の始めての笑い声が妖精を産むってところがなかなか良かったですよ。 「ピーターパン」で登場する人気の妖精の誕生秘話らしい。 素直で純真な妖精ってわけじゃ無く、結構ワガママで自分勝手、時に微妙で卑屈な笑いもする現代的な妖精さんです(笑)。 でも、その等身大キャラがなかなか可愛かったりします!

Tinckerbell_02 他にも水の妖精や動物の妖精、光の妖精や花の妖精、高速飛行の妖精など専門とする能力を有する妖精たちが個々のキャラと併せて可愛いこと。 モノ作りの才能に満足できず他の派手な能力の妖精たちの才能に憧れ、真似をするが迷惑ばかりのテンカー・ベルがやがて自分の能力とその意義に気付き、みんなの協力で願いが叶うと言う単純STORYですが、CG映像の綺麗さと併せけっこう面白い映画です。

Tinckerbell_03 4部作予定の第1作らしいので続編が期待ですが、興行成績は米国も含めて芳しくないそうなのでちょっと心配。 今回は、ネバーランドの妖精の谷ピクシー・ホロウでのお話でしたが、次回作からは人間の世界メインランドも関わってくるのかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月17日 (日)

● 崖の上のポニョ ●

Ponyo08 ▼宮崎監督、最新作!▼

今や世界からもその動向が注目される、日本が誇るアニメーション製作の巨匠、宮崎駿監督の「ハウルの動く城」に続く最新劇場アニメ映画「崖の上のポニョ」です。 個人的には前作「ハウル・・・」があまり面白くなかったものの、その前の「千と千尋の神隠し」が衝撃的な面白さだったので今作も期待して公開初日に家族と共に観に行きました。 レヴューが遅れたのは、その翌週観た「ダークナイト」に圧倒されちゃっただけなので、、(^_^;)。

Ponyo09 宮崎監督と言えば、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「トトロ」など手掛けた多くの劇場作品での飛翔シーンやチェイスシーンなど迫力のある映像表現と共にその作品中に登場する可愛いキャラクターたちも大人気。 今作でもポニョとその妹たちと言うキャラクターの愛らしさには作品自体の良し悪しとは別格の好感度で多くの人々に受け容れられているようですね。 私もポニョが魚の子?魔女の子?人の子?とかって次元よりもただひたすら可愛い!(笑)

Ponyo04 STORYは、5歳の男の子とポニョとの幼くも純粋なラブストーリーと言ったところでしょうか。 人間(だった?父)と、海に住む魔女(さかな?母)との間の子であるポニョ(本名では無い模様)の一途なまでの人間になりたい!宗介好き!って感情に振り回されるお話です。 こう書いていると他愛も無い内容なんですが、速いストーリー展開と小さいキャラクターたちの可愛さに、プラス宮崎アニメ独特な迫力あるアクションシーンで十分に楽しめます。

Ponyo06 圧巻はやはり豪快なアクションシーン。 満員御礼のTVCMでも流されている人間(女の子)化したポニョが、巨大化したさかな軍団に乗せられ台風の最中宗介に会いに来る場面ですネ! 宮崎アニメをサウンド面でずっと支えてきた久石譲さん、このシーンではワーグナーのワルキューレ騎行に似た音楽が凄まじい迫力で、ハラハラドキドキするアクションとマッチしていつまでも頭に残る演出表現です。

Ponyo07 最近のアニメーション映画に多くなっている陰鬱な内容や難解なSTORY、多用するCG技術による妙な尖ったような作風とは無縁の幼児から大人まで無心で楽しめる、アニメーション本来の作品になっているように思います。 かと言って、一度観たらもう観ようと思わないような軽い作りでもない。 再度鑑賞するのにも十分堪えうる、さすが宮崎監督と思わせる「崖の上のポニョ」。 まだご覧でない方には心をカラッポにして、是非ご鑑賞されることをお薦めします。(笑)

Ponyo03 Ponyo05

「崖の上のポニョ」、公開31日で興行収入100億円突破!

■崖の上のポニョを鑑賞されたみなさん

 観たよ~ん はっちさ~ん

 唄ひよブログ、スクラップ 唄日和さ~ん 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年9月26日 (水)

● ヱヴァンゲリヲン ●

Eva_movie0 ▼話題作、ふたたび!▼

リメイクされた話題の劇場用アニメ「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」を家族と友人と観て来ました。 1995年スタートの伝説のTVアニメシリーズ&劇場版を今の技術で再構築された力作で、全4部作の第1部です。 前作映画やTVでの監督、庵野秀明さんが総監督、摩砂雪さんと鶴巻和哉さんが監督を担当。

Eva_movie01 TVシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」から12年、最新のCG技術の発展は凄まじく、光や情景のエフェクトに劇場版ならではの描き込まれた背景や建造物・戦闘シーンなど当時のTVや劇場版に比べて圧倒的な迫力とスケールを感じさせます。 また、TVシリーズの1話から6話の話を90分強の時間内に詰め込んでいるものの物足りなさを感じる事も無く、むしろ新鮮なくらい新作を観た感慨に満たされました。

Eva_movie1 声優陣はTVシリーズ同様、シンジ/緒方恵美・ミサト/三石琴乃・レイ/林原めぐみと言う主要キャストには勿論変更も無く違和感は全くありません。 エンディングで流れる宇多田ヒカルの「Beautiful World」も素晴らしいです。(帰宅途中、CDを買おうとしてもどこも売り切れ・・(^_^;)) あぁ、でもまだアスカや加持さんが出てきませんでしたねぇ。 カオルくんは何故か?もう・・・。

Eva_movie2 もちろん、影の主役使徒たちも元気です!(笑) 第3使徒サキエル、第4使徒シャムシェル、第5使徒ラミエルともに大活躍。 特に最後に登場するラミエルはTVシリーズに無い動きを現代CGで体現していて素敵でしたぁ(^^♪。 使徒ファンには堪らないですねェ。 早く第2部を観に行きたい!早く第1部をDVD化して欲しいて感じです。 TVシリーズを観た人はもとより、観た事の無い人たちでも十分に楽しんで頂けると思います!

Eva_movie3 Eva_movie4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

● 鉄コン筋クリート ●

Tekkon_4 ▼緻密で独特な雰囲気▼

1993年から青年漫画誌で連載された、伝説的な人気漫画の劇場版アニメ「鉄コン筋クリート」を長女と観て来ました。 「アニマトリックス」のアメリカサイドを担当したマイケル・アリアスが監督。 制作は、「スプリガン」「MEMORIES」で有名アニメスタジオ・STUDIO 4℃が担当しています。

Tekkon_1 主役の二人の子供、クロとシロを「硫黄島からの手紙」で高い評価を得ている二宮和也と「フラガール」等でキャリアを積む若手女優の蒼井優が声優として熱演しています。 特にシロ役の蒼井優の声優としての演技は素晴らしかったと思います。 二宮くんしかり、蒼井優さんしかり、また海外の映画祭において国際映画「バベル」で助演賞候補にあがる菊池凛子さんしかり、最近の若手の台頭は凄まじいものがありますよねぇ。

Tekkon_0 古き良き時代の雰囲気を色濃く残す架空の街“宝町”で自由気ままに暮らし暴れる二人の子供クロとシロを中心に展開してゆくSTORY。 そんな“宝町”にも時代と共に再開発と言う波が押し寄せ、大人の都合やヤクザなどの暴力に包まれてゆきます。 暴力で抗うクロとシロにもやがて別れざるをえない時が訪れ、別々の道を歩みだす二人。 そんな二人に思いもよらぬ事態が訪れ・・・やがて終焉?そして新生か? 今の時代ではあまり見ることの出来なくなった昔の街の風情が、妖しく美しく儚げに表現され、アニメスタジオ STUDIO 4℃ の高い技術力が光ります。

Tekkon_5 また、TVCMや予告編の時から主人公を含めた飛翔シーンの爽快感に期待していましたが、実際ダイナミックで期待通りの息を呑むようなシーンが随所にあり見応えありました。 往年のジブリ作品の浮揚感とはまたちょっと違いますが、とてもイイ感覚。 また私は原作を良く知らないのですが、原作のテイストを失っていないキャラクターや街の雰囲気だそうです。 この作品や「パプリカ」など、昨年後半から今年にかけてのアニメ作品はなかなか良品が続いていますね。 最後の方でちょっと解釈が解かりづらかった部分があったので是非DVDを購入して観てみたいと思います。

Tekkon_3 Tekkon_2

| | コメント (10) | トラックバック (8)

2006年12月16日 (土)

● 攻殻機動隊 ●

Ghostsss_0 ▼新生9課始動▼

攻殻機動隊S.A.Cの新作OVA「Solid State Society」を購入して鑑賞しました。 S.A.C もS.A.C 2ndGIG も共に映像・STORYで圧巻の出来映えだったと思っているので本作もとても期待して待っていました。 このS.A.C シリーズの源流となる映画「攻殻機動隊」は、かの「マトリックス」シリーズを世に送ったウォシャウスキー兄弟にも多大な影響を与えた作品です。

Ghostsss_1 本作では、舞台となる公安9課の隊長に全身義体化をしていない人間味あふれるトグサが就任。 前隊長/草薙素子の去った9課を率いサイバーテロ対策や諜報活動など様々な任務にあたります。 先輩バトーや大幅に増員された9課の若いスタッフ等に気を使いつつ、家庭や子供の事も顧みる心優しきリーダーは結構感情移入し易いかもしれません。 また、そのトグサの成長を影から支えつつ見守るバトーと上司荒巻のやりとりも面白いです。

Ghostsss_4 今回のSTORYでは、シリーズでも連なる難民問題に加えて少子高齢化問題や児童虐待問題、政治家や官僚の腐敗に台頭するナショナリズムなどを皮肉を交えつつ上手に折り込んでいます。 メーンのサイバーテロのみに拘る事無く、上記のような様々な問題を巧みに絡ませてSTORYを重層的に深いものにする手法が、何度も鑑賞する楽しみに繋がっています。

Ghostsss_6 また、美麗な映像や音響効果も非常に効果的にSTORY全体を盛り上げているので、グイグイと観る者を引き込んでいきます。 菅野よう子さんの音楽も素晴らしく場面場面での様々なサウンドが非常に楽しめます。 S.A.C 、S.A.C 2ndGIG 等のTVシリーズに比べて時間の制約上アクションシーンは若干少なめです。 サイトーの狙撃シーンなどもありますが、全体的には静かな出来映えだったような感じです。

舞台が近未来の日本ってコトもありますが、上であげたような多くの問題が根本的に解決される事無く進む未来で、十分に起こりえる事態を暗示的に創られたある種の警告にも似たOVA作品だったかと、、、。

Ghostsss_2 Ghostsss_8

Ghostsss_5 Ghostsss_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

● ゲド戦記 ●

Gedosenki_2 ▼評判(?)の問題作▼

今日、「ゲド戦記」を観に行ってきました。 試写会公開直後・上映開始後の各サイトレヴューや様々なBlog等での評価が、厳しいを遥かに超える酷評に近いものだったので、正直観に行くつもりも無かったのですが、子供が「悪い出来でもとりあえず観ておきたい」と言うので渋々出かけてみました。 実は以前に私もBlog内で思いっきり期待した記事を書いちゃっていて、、、(^_^;) http://cocos.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_3e85.html

Gedosenki_1 監督はご存知のとおり、宮崎吾郎監督。 声優陣も菅原文太さんや田中裕子さんなど超豪華です。 映画をザーッと観て、世間一般で言うほど酷いとは思いませんでした。 むしろ所々のシーンではとても綺麗でさすがジブリと思える所も。 ただ終わってみて思うのは、STORYは進んだけれど殆ど何も解決していなかったと思われる事。 主人公アレンが何故冒頭父殺しをしなければいけなかったのか? 全然抜く事が出来なかった亡き王の剣が何故あの時は抜けたのか? テルーは何故龍に? 序盤からハイタカ(ゲド)が言っていた世界の均衡が崩れている件はどうなったのか? もう一つの名前の真意は? などなど考えれば考えるほど想像の粋を出ないのです。 原作を読んでいれば解るのかと思うものの、原作ファンから激しいブーイングを受けてますよね。

Gedosenki_3 純粋な映画の感想は、特に序盤はそんなに悪く感じなかったです。 スピード感のあるシーンもありましたし。 中盤以降いろんな事が起きるにもかかわらずそれらが解決せずに次に進むので問題山積状態で終盤を迎えてしまう感じでした。 ただ、映画内容でどうにも違和感を感じたのは、アレンが父殺しの罪を背負って生きると言った割りに、エンディング間近ハイタカやテルーたちと談笑しながら食事をしたり農作業をするシーンは、とても親殺しを悔いた人間の行動・表情には思えない事です。 「ゲド戦記」とんでもない映画だったとは思わぬものの、素晴らしいとはとても思えなかったが正直な感想です。

| | コメント (19) | トラックバック (11)

2006年8月19日 (土)

● カーズ ●

Cars_4 ▼クルマたちの物語▼

今日はシネコンに次女と約束の映画「カーズ」を観に行きました。 前評判の悪い「ゲド・・」「ブレイブ・・」以外のアニメと言う事で最初は「時をかける少女」を観たかったのですが、県内は上映館が無いので、代わってレヴューも悪くない「カーズ(CARS)」を観て来ました。 「ニモ」や「インクレディブル」で評価も高いジョン・ラセター監督とピクサー(PIXAR)社ですから安心。 

Cars_6 主人公のクルマ、ライトニング・マックィーンはルーキーながらレースの年間王者を目前にした人気スポーツカー。 それがひょんな事から中西部(?)のMAPにすら無い辺境の街“ラジエータースプリングス”で法律違反の使役を強いられます。 最初は偏見と物を知らない若さゆえ街のクルマたちを馬鹿にしながら労働していますが、そんなクルマたちの言動に徐々に人生観を変えてゆきます。

Cars_25 しかし、このピクサーの技術力。 登場するクルマたちの表情や動きの素晴らしさも以前からですが、中西部の様々な背景の描画の素晴らしい事。 それが個性的な擬人化されたクルマたちのキャラクターと相まってグングンSTORYに引き込んでいきます。

Cars_5 脚本も素晴らしいんでしょうねぇ。 STORYは中弛みする事も全く無く、展開は予想する事自体難しくも無いのですが、ピクサーの表現力が退屈を感じさせません。 前半&後半のレースシーンは勿論迫力十分で観客を虜にしますが、現実のレース以外の時でも主人公が夢の中でのレースシーンにうなされたりとテンポが良くてメリハリも効いていて眠気など催す事一切無し。

Cars_0 今夏、メジャー級で鳴り物入りでスタートしたいくつかのアニメ映画が不評な折、この「カーズ(CARS)」は笑いアリ涙アリと期待通りの優秀作品だとお奨め出来ます。 そうそう、劇場ならではの効果的なサラウンドも味わえますから、DVDでは再現が容易でないサウンドの雰囲気も期待出来ますので、劇場鑑賞の際は迷う必要も無いかと(^_^;) 「カチャウ!」(^_-)-☆

Cars_1 Cars_3

| | コメント (18) | トラックバック (16)

2006年6月28日 (水)

● ゲド戦記 ●

Gedo_2 ▼今夏ジブリ作品▼

7月に公開される「ゲド戦記」、観たいですねぇ。(^^♪ 宮崎駿監督の息子さんの宮崎吾郎さんの初監督作だそうですね。 お父さんの宮崎駿監督も「風の谷のナウシカ」製作の時、本当はこのゲド戦記を手掛けたかったらしいですが、当時は原作の映画化許可が出なかったとか、、、。 

Gedo_0 声優陣も豪華で、挿入歌「テルーの唄」を唄い、テルー役を担う新人 手嶌葵さん、ゲド役に 菅原文太さん、岡田准一さんに夏川結衣さん、他に 田中裕子さん、風吹ジュンさん、小林薫さん、香川照久さん、それに倍賞美津子さん、内藤剛志さん等々錚々たる面々です。 まぁ、前作「千と千尋の神隠し」でも、その前の「もののけ姫」でもそうでしたけどね。 

「千と千尋の神隠し」は、それほど観たいと思って観に行ったわけでも無かったんですけど、結局劇場に家族と観に行って、思いっきりはまっちゃいました。(^_^;)  「もののけ姫」は噂は聞きつつも劇場には観に行きませんでしたが、DVDで観て結局感動(してしまっていました。(^。^)  この「ゲド戦記」も思いっきりはまっちゃいそうです、、、。

Gedo_1 Gedo

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年5月 4日 (木)

● ほしのこえ ●

Hoshinouta_3 ▼溢れる才能と映像美▼

以前、「雲のむこう、約束の場所」を購入して観た事があるのですが、その制作者“新海誠”さんの前作にあたる「ほしのこえ」を購入し観てみました。 音楽以外全てを新海氏が担当して制作したと言う信じ難いと言っては失礼ですが、おそろしく美しく、ストーリーもとても良かった作品です。 25分弱と言う短く思う時間ですが、観ていると十分満足出来る内容でした。

Hoshinouta_1 Hoshinouta_4

Hoshinouta_2 Hoshinouta_5

Hoshinouta_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

● PLANETES ●

Planetes2 ▼スペースSTORY▼

「プラネテス」去年一気にDVDで観たんですけど、面白かったですねぇ。 人から聞いていて、結構イイよと言われてたけどそのとおり! まずストーリーが良かったですね。 主人公の女の子、田辺愛(声優/雪野五月)が色々な事を乗り越えて成長してゆく様は観ていて清々しくもあり心清らかな思いにされます。 おそろしいほど青い事を言ったり、感情的であったりとしますが、何となく周りも判ってたりして、それが歯痒くもあったりして、、、。 最後まで観ると一種放心状態に近い感じも持ちました、イイ意味で。

Planetes3 また、画も綺麗で宇宙空間の感じや表現もとてもグッドでした。 個人的には宇宙物は大好きなので(このBlog見れば想像出来るでしょう)、こういう作品は画を見るだけでも価値アリなんですねぇ。 あぁ、死ぬまでに一度くらいは宇宙から地球を眺めて見たいです、、、。(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧