2009年6月21日 (日)

● ハッピーフライト ●

Happyflightview002 ▼展開の妙・・・▼

昨年(2008年)制作の邦画「ハッピーフライト」のDVDをamazon.jpにて購入して鑑賞しました。 正直、劇場公開時には全く気にならなかったんですが、amazonでの評価が微妙に良かったので「空へ-救いの翼-」と共に購入。 監督は、「ウォーターボーイズ」や「スィングガールズ」の矢口史靖。 

Happyflightview003 期待通り序盤は軽妙なコミカルさでCA役の主演の綾瀬はるかをはじめ吹石一恵や空港スタッフの田畑智子がイキイキ! 主人公たちのこれまでの人生等にあまり深く立ち入ることなくCAや空港ターミナルスタッフ達の表と裏の様子を嫌味無く描くところが良い意味で楽しませてくれます。

Happyflightview004 後半からは大きく様相が異なり、主人公たちが搭乗するホノルル行き国際線旅客機が機体の異常から離陸した空港に引き返す事になるのですが、前半までのコミカルさは影を潜め映画全編に漂う緊迫感。 ここから機内で混乱する乗客にサービスするスタッフの様子がなかなかでしたねぇ。

Happyflightview005 徐々に高まる機内の緊張と動揺、対応に慌てる空港ターミナルと管制塔やオペレーションセンター、原因究明に奔走する整備庫スタッフなど、前半各々で展開していた人間模様が徐々に1本のストーリーに繋がっていく様は見応えありましたョ。

Happyflightview006 パニックものと言えるような作りでは無いと思いますが、変に肩肘張らずに観れる大胆なストーリー展開は佳作。 出演陣も前出キャストに加え、機長役の時任三郎と副機長役の田辺誠一、チーフCA役の寺島しのぶ、オペレーションセンターの岸部一徳等がキッチリまとめていて良い作品に仕上がっていたと思います。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

● ゲット スマート ●

Getsmart02 ▼スパイアクションだ!▼

夏の大作連発から落ち着いたこの秋、「ゲットスマート」を観てきました。 春ごろから鑑賞していた映画の予告編映像を観ていて何となく面白そうだったので、、。 60年代、アメリカで人気のテレビドラマ「それ行けスマート!」の映画化。 監督はラブコメ「50回目のファーストキッス」なども手掛けるピーター・シーガル。 日本人と米国人とは笑いのツボがだいぶ異なるのでその点は心配でしたが、、。(^_^;)

Getsmart03_3 映画で大切なヒロインを「プラダを着た悪魔」に出演のアン・ハサウェイが熱演。 個人的に思うんですが、この人写真写りと実際映像でみるのと「美人度が随分違うなぁ!」と感じていました。 今作でも映画紹介写真以上に映画の中の彼女は綺麗で表情も良く、特に敵地に潜入するシークェンスや敵と格闘するアクションシーンは長い手足の動きが見栄えが良く、しかも速くてカッコいい! アンジーやキーラ・ナイトレイなどアクションをカッコよくこなす女優たちをも上回る美しさです。

Getsmart01 加えて主演のスティーヴ・カレル。 「40歳の童貞男」で日米で人気者のコメディアクター。 この人の場合真面目顔でのコメディシーンが持ち味なのでこういったスパイアクションにも向いてますよね。 実際今作でもお間抜けシーンが仮に無くってもスパイアクション映画として成立しそう。 映画の中では通常はそんな間抜け顔していないし、むしろ凛々しくカッコいいですよ(笑)。 そんな彼の演じる熟年繰り上がりスパイが整形美女の凄腕女スパイ役アン・ハサウェイと絶妙な凸凹コンビでニヤリと笑わせます。

Getsmart04 この本来スパイアクションにミスキャスト?と思わせる二人がとても小気味良くアクションをこなし、良く走り別な意味に意外性アリ。 特に最後の方での二人の疾走シーンは見ていてなかなか爽快感ありました。 アクションスターがいかにも走るより、普通に見える人の夢中な走りってカッコいいですね! ただちょっと難を言えば、やはりお笑いのツボが日米違うのか電話ボックスのシーン等いくつか笑いどころなんだろうけど、あまり笑えない点はガ・マ・ン!(^_^;)  人気TVシリーズの「HEROS」のマシ・オカやロック様ことドウェイン・ジョンソン、往年のビル・マーレイジェームズ・カーン等もチョコっと出演。

Getsmart06 Getsmart05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

● パコと魔法の絵本 ●

Paco_5 ▼涙腺危機一髪▼

今日も家族4人で「パコと魔法の絵本」を鑑賞しました。 正直全然乗り気で無くって、まぁ暇だから・・・程度で観たのですが、、。 監督は、「下妻物語」や「嫌われ松子の一生」で評価の高い中島哲也。 予告編などでイイかもなぁ程度の認識でしたが大間違い! 泣きアリ、笑いアリの波状攻撃で何度涙腺が決壊しそうになったコトか、、、(笑)。

Paco_4 まずは、パコ役のアヤカ・ウィルソンの可愛いこと。 両親を失うほどの交通事故で九死に一生を得たものの、その後遺症で一日しか記憶が持たない不幸な役柄をキラキラな可愛い笑顔がガチでカワイイ。 それに加え、意地悪な爺さん役を役所広司さんが凄まじいメークと共に怪演、中盤からのパコとのハートフルな関係でも引き立っています。

Paco_1 他にも妻夫木聡小池栄子劇団ひとり阿部サダヲ國村隼加瀬亮上川隆也などがひと癖もふた癖もあるような役をちょっと危な気なコスプレで演じていてとてもリアリティが無いのですが、それが逆に独特なファンタジーワールドを展開しています。 ある種、日本版ティム・バートン世界な感じですネ! 箱庭的物語ながら後半多用されるCGとも遊離せず見事な統一感を持っています。 これも監督の力量を感じさせます。

Paco_2 いつもの個人的な感想を言えば、ヤンキーなナース役の土屋アンナの演技が他の並み居るベテラン俳優に劣らず、むしろ際立って輝いていたなぁと思います。 今まで知ってはいてもあまり気にもならなかったのですが、今作の演技を観て彼女の過去作品も観てみたくなってきました。 特にロッカーでの妻夫木との絡みのシーンでは堪りませんでした。(T_T)

Paco_6 STORYは、不遇で可哀相な身の上でありながら可愛らしくも健気なパコのために、それまで自分勝手な大人たちがやがてパコのため、自分のためにパコお気に入りの絵本の世界を実現するため奔走する泣き笑い劇。 各々のキャラも立っていて、互いをシュールなギャグで牽制するところなんかも最高です!

Paco_3 今夏は、先週の「デトロイト・メタル・シティ」をはじめこの作品やこれから公開される「おくりびと」など秀作揃い。 アニメを抜きにしても邦画が頑張っていますねぇ。 観れなかった「闇の子供たち」などシリアスなものからギャグものまで盛りだくさん。 豪華なキャスティングが活きているこの「パコと魔法の絵本」、是非ご鑑賞をお薦めできる一品です!

080626_pako_main

■パコと魔法の絵本を鑑賞されたみなさん

 漫画脚本家 田畑由秋のぼやきつぶやき 田畑由秋さ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

●デトロイト・メタル・シティ●

Dmc05 ▼期待以上で爆笑!▼

これまた大人気コミックを実写映画化した邦画 DMCこと「デトロイト・メタル・シティ」を家族で観て来ました。 次女大絶賛だったのと、映画館での予告編もまんざらでもなかったのですが実際鑑賞すると予想以上の青春爆笑コメディーで大満足(笑)でした。

Dmc01 田畑に山河が広がる農村出身で、大都会東京でオシャレなPOPニュージシャンを目指すとっぽい大学生を映画「デスノート」での怪演で人気急上昇中の松山ケンイチが熱演。 甘ったるく時代錯誤なPOP好き青年が、何故か真逆なデスメタルバンド DMC のメインボーカル/ヨハネ・クラウザーII世 として不本意(?)な人気に戸惑い、悩み、やがてミュージシャンとしての真意や使命に徐々に気付いていくお話。

Dmc02 地方出身の純朴な音楽青年をある意味騙し自分の野望であるカリスマデスメタルキングに育てようとする悪魔系女社長に松雪泰子。 主人公同様に騙されたのか?ドラムスにお笑いトリオ“ロバート”の秋山竜二。 主人公の母役に宮崎美子。 ヒロイン役に加藤ローサ。 女社長が崇拝し、終盤にクラウザーと競う世界的デスメタルスター、ジャックに何故か KISS のジーン・シモンズと豪華キャスティングです。

Dmc06 時代が時代ならあり得ないだろうジーン・シモンズの共演や、松山ケンイチのちょっと同一人物とは思えないほどの一人二役(実際には二役では無いが)など結構楽しめると共に、ストーリー展開は予想通りの流れでありながらもギャグシーンとデスメタルサウンドのライブな迫力との融合が絶妙。

Dmc04 個人的にはやはりギャグシーンが思いっきり笑えました。 鑑賞する他のお客さんたちも同時に大爆笑するシーンが数回あり、映画館で何気に楽しさで同調する快感は久し振りな気がします。 ベタなシークェンスもありますが、個々の役者さんの恥ずかしげも無い演技には結構乗せられます(笑)。

今夏、圧倒的なボリュームと存在感で他作品を引き離す「ダークナイト」以外では佳作ではありながらも数度の鑑賞に堪える嬉しい邦画作品だったと思います。 倦怠感や眠気を誘わない(クラウザー閣下に怒られそう)、それなりに引き締まった青春ギャグコメディー&デスメタル映画でした。

Dmc07 Dmc03

「デトロイト・メタル・シティ」、ハリウッドでリメイク!?

■デトロイト・メタル・シティを鑑賞されたみなさん

 好き。 KEI さ~ん

 カリスマ映画論 睦月さ~ん

 彩り、ユレル 白藤さ~ん

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

● ナイトミュージアム ●

Nightmuseum_0 ▼家族向けコメディ▼

2006年製作のコメディ、「ナイトミュージアム」をGW中に観に行ってきました。 同じく006年製作の「ピンクパンサー」を監督したショーン・レヴィが監督です。 主演はコメディ映画では定評のあるベン・スティラー。 ヒロインに「スパイ・キッズ」シリーズのカーラ・グギーノ。 他にロビン・ウィリアムスミッキー・ルーニーディック・ヴァン・ダイク等です。

Nightmuseum_4 最近よくある、ダメパパと子供のアットホームなコメディタッチな映画です。 夜の自然史博物館の変貌を面白おかしく扱っていて、映画の面白さと共に博物館等に対するこれまでの認識を改めさせてくれるような気もします。 STORY的には予想できる展開なので、意外性はそんなではありませんが、肩肘張らず家族で楽しめる内容。

Nightmuseum_1ジュマンジ」やその続編「ザスーラ」を楽しめた方には間違いなくお薦めです。 ただ、ダイナミックなアクションや意外性のある展開を強くお求めの向きにはちょっと物足りなさを感じるかもしれませんけど、、、(^_^;)。 出演者で結構目立っているのに何故かクレジットされていないオーウェン・ウィルソン。 何ででしょうかねぇ、、?

Nightmuseum_3 Nightmuseum_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

● ディック&ジェーン ●

Dickjane_0 ▼おかしな強盗劇▼

2005年製作のコメディ映画「ディック&ジェーン」のDVDが廉価版になって発売されたので購入して鑑賞しました。 「マスク」でのコミカルな演技以来すっかりコメディの帝王と化したジム・キャリーと、「バッド・ボーイズ」でのヒロインから「ディープ・インパクト」「ジュラシック・パークIII」と出演作に恵まれるティア・レオーニの二人が夫婦役で主演。

Dickjane_1 STORYは、サラリーマンとして15年、ようやっと重役への昇格も決まり家も購入し優雅な生活が始まると思いきや、いきなり会社が倒産。 生活の目処も立たず心の整理もつかぬうちに生活は困窮。 求職活動もままならない真面目な二人が選ぶ収入の手段に強盗稼業と言うのもちょっと強引ではありますが、、、、。

Dickjane_3 そんな二人なので実際の強盗もショボいもの。 コンビニでの失敗から始まり、押し入ったスーパーでは客の老女に荷物運びに逆に使われたり、コーヒーショップではコーヒーとスナック類の奪取など、小金を手にするのがやっと。 その二人もいよいよ大仕事に臨むが、、、、。

Dickjane_7_1 出演は他にアレック・ボールドウィン。 アレック・ボールドウィンもすっかり貫禄ついちゃいましたねぇ。 「レッド・オクトーバーを追え!」で主人公ライアンを演じていた頃はカッコ良かったのに、、。 今回彼の役どころはジム・キャリーの勤める会社の社長役。 今回の会社の突然の倒産が実は計画倒産で、アレック演じる社長の私利私欲だった事が判り、主人公たちの強盗劇から復讐劇に変わります。

Dickjane_4 ジム・キャリー主演ですから、当然桁違いの爆笑コメディーを期待するものですが、部分部分で面白いものの普通にコメディしてます。 でもティア・レオーニとの夫婦でのやりとりは結構面白かったですね。 真面目でラヴラヴな普通の夫婦がぎごちなく強盗をやり遂げようとするくだりは、不謹慎かもしれませんがチョットほのぼの、、、(^_^;)。 軽い気持ちで楽しむには向いてるコメディ映画でした。

Dickjane_5 Dickjane_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

● UDON ●

Udon_01 ▼新しさと郷愁とを誘う▼

昨年(2006年)公開された邦画「UDON」のDVDを購入して鑑賞してみました。 「踊る大捜査線 MOVIE」シリーズの本広監督・亀山プロデューサーコンビによる制作です。 讃岐うどんの聖地香川県を舞台に“ソールフード・うどん”を媒介に軽いタッチの人情もの映画に仕上がっています。

Udon_1 主演をユースケ・サンタマリアに、小西真奈美とウルフルズのトータス松本の奇妙なトリオで各々のキャラも結構立ってて面白い。 ユウスケ演じる香助はNYでのコメディアンの夢破れ帰郷した若者、作家の夢見る小西演じる恭子、家業の農家を受け継ぐまでと自由なリーマン庄介を演じるトータス。 郷土を同じくする3人の似た境遇と微妙に違う未来図が、同じ目的に向かって進むSTORYの中で徐々に交わっていくのが導入部分としては絶妙。

Udon_2 うどんのメッカ讃岐を盛り上げていく“タウン情報誌/さぬき”の編集部の面々も個性的で、ユウスケ小西らを出過ぎず引き過ぎずで盛り立てています。 ただ升毅さん演じる大谷編集長の役どころはもっと掘り下げて欲しかった。 宇高連絡船の話しなんかは私を含めて知らない人も多いと思うので、その当時のシーンなんかがあればもっとその時代の感覚が伝わったのではないかなぁと思いました。

Udon_5 フジテレビジョン全面バックアップらしく佐々木恭子、魚住咲恵らフジTVのアナウンサーが怒涛のごとく出演していました。 讃岐うどんブームを伝える番組内シーンなんかも容赦なく作ってますし、毎朝見る“めざましテレビ”内の中野美奈子アナなんかも思いっきりインタビュアーとして出演。 中野アナは朝の眠そうな顔よりイキイキしていましたね。 また、ちょっと出の出演者も多々あり。 大泉洋南原清隆松本明子小泉孝太郎等々。

Udon_7 共演者は他に主人公香助の姉役に鈴木京香、その旦那役に小日向文世、香助の頑固な親父役に木場勝巳、香助の実家のうどん製麺所のパートのおばさん役に二宮さよ子など。 面を打つ事だけの頑固オヤジと主人公香助との親子の機微や娘婿との関係などもうちょっと時間を割いていればもっと終盤の感動も大きかったような、、、。

Udon_6 多額の借金を背負いしかたなく帰郷した香助と、チャンスも無く地元タウン誌のライターを細々と続ける恭子が最初は浮ついた讃岐うどんのブームと熱狂に翻弄されながら、ブームの終焉と共に訪れる喪失感。 そんな中で主人公二人を含めて編集部の面々が、長い年月の中に古くから本来あるものの大切さを気付かされるSTORY展開は得るものと失うものとの関係と言う現代社会の今を考えさせられます。

Udon_0 今から十年近く前、私事ですが当時親戚の居た徳島県に遊びに行った時の事を思い出しました。 香川県の隣県ですが、当時東京から夜行バスを使い瀬戸大橋を渡ったり、鳴門の渦潮を見たりした思い出が蘇りました。 行くまでは全く興味も無かった阿波踊りも桟敷席で見せてもらった時はその迫力にすっかり興奮してしまったものでした。 そうそう、学生時代に選手権大会で香川県にも言った記憶もあります。 あの時初めて食べた讃岐うどんの美味しかったコト。 いろんな意味で懐かしさを感じさせてくれた映画「UDON」でした。

Udon_3 Udon_8

Udon_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

● 2番目のキス ●

2ndkiss_2 ▼Go! Go! RED SOX▼

2005年製作のラヴコメディ映画「2番目のキス」のDVDを購入して鑑賞しました。 「メリーに首ったけ」や「愛しのローズマリー」等のラヴコメ映画で突っ走るファレリー兄弟の監督作品。 英国の人気作家ニック・ホーンビィの原作でサッカーをベースにしたイギリス映画「ぼくのプレミアライフ」をアメリカらしく野球をベースにしてリメイクした作品みたいですね。

2ndkiss_1 主演の二人、「TAXY NY」のジミー・ファロンと、「チャーリーズエンジェルズ」主演をはじめ近年キャメロン・ディアスケイト・ハドソンとラヴコメ女王を競いそうな躍進著しいドリュー・バリモアは、ともに自然な演技で甘過ぎず堅過ぎずカップルの機微をとても上手く演じているようです。 特に恋愛モノにアリがちなモタモタ感やイライラ感をあまり出さず、かと言って希薄な関係に思わない絶妙なコンビに感じました。

2ndkiss_0 小学校教師のベン(ジミー・ファロン)とキャリアウーマンとして成功の階段を上るリンジー(ドリュー・バリモア)は、出会ってほどなく互いに無いものを感じ、惹かれあい恋愛に発展していきます。 子供たちの人気者で人間味のあるベンと、ビジネス界でドライに結果を求め求められる世界のリンジーが対照的な世界の住人にも描かれています。

2ndkiss_3 この作品の面白いところは、噂には聞いている熱狂的なレッドソックスファンの描写ですねぇ。(笑) 多少誇張があるとは言え、一般人からすると滑稽なほど純粋でお馬鹿! まぁ私の周りにもタイガースファンやスワローズファン、柏レイソルファンに浦和レッズファンと狂信的なくらい一途な人々の面白さを見てきましたが、この作品でも笑わせてくれます。(笑)

2ndkiss_6 ご多分に漏れず、この作品もハッピーエンドに終わるんですが、最後はむしろじわりと涙を誘います。 二人のめでたしめでたしに加えて2004年のレッドソックスのワールドシリーズ優勝を合わせる事で映画の中のSTORYから現実のSTORYに感じさせ、映画のエンドロールでボストンレッドソックスの優勝シーンと優勝パレードシーンで巧みな一体感を演出しています。 ラヴコメ&スポーツの一元化を上手く計りましたねぇ。(笑) 非常に面白い映画でした。

2ndkiss_5 2ndkiss_7

2ndkiss_4 2ndkiss_8

| | コメント (7) | トラックバック (5)

2007年1月26日 (金)

● 花田少年史 ●

Hanada1 ▼旬な子役の大活躍▼

2006年夏の作品「花田少年史 ~幽霊と秘密のトンネル~」のDVDを購入して鑑賞しました。 定価¥4,800と最近の邦画の中でも安い方じゃないですよね。 うっかり店頭DEMOを見て面白そうで買っちゃいました。 一色まこと原作の漫画を実写化、水田伸生監督です。 個人的には一色まことさんの漫画は「出直しといで!」が好きでしたねぇ。(^_^;)

Hanada2 キャストは、主人公の少年“一路”を「ALWAYS/三丁目の夕日」で注目された須賀健太くん、お母さんを篠原涼子、お父さんを西村雅彦、幽霊の少女を安藤希、他に杉本哲太もたいまさこ等です。 トンネルに出る少女の幽霊が係わるクルマとの事故に遭い死線を彷徨った主人公一路が幽霊を見る事が出来る不思議な能力を授かるところからSTORYが急展開してゆきます。 いろいろな幽霊たちと係わり、家族や友人たちの様々な人間関係や過去のつながりを知り、大切な事や真実を悟り成長してゆく一路。 須賀健太くんが本当に上手に演じています。

Hanada0 また、お母さん役・お父さん役の篠原涼子西村雅彦さんたちが笑いや多少大袈裟な立ち回りで面白くもアットホームな家族を醸し出しています。 「ALWAYS/三丁目の夕日」のようなちょっとノスタルジックなモノとは一味違い、ギャグも詰まった軽やかな作品です。 欲を言えばCGシーンはもうちょっとお金をかけて欲しかったですね。 でも面白かったですよぉ、ちょっと高かったけど、、、。(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年8月 5日 (土)

● BANDITS ●

Bandits_0 ▼奇妙な銀行強盗ツアー▼

クライムアクションコメディ「バンディッツ」のDVDを購入して鑑賞。 監督は、オスカー監督のバリー・レビンソン。 主演は3人、銀行強盗の主犯格で行動派の脱獄囚にブルース・ウィルス。 一緒に脱獄してしまったインテリ風で神経質な理論派にビリー・ボブ・ソーントン。 途中から強引に行動を共にするイカレた主婦にオスカー女優ケイト・ブランシェット。 3人とも個性的で魅力のある俳優たちなので期待値は高いですよねぇ。

Bandits_2 映画の始まりは銀行強盗が警察に包囲されているシーンから始まります。 そして刑務所内の二人の脱獄するところへ戻り、銀行強盗へと繋がっていく様を描いていきます。 また同時並行カットで二人がマスコミの取材に答えているシーンも挿入されるので一本調子のSTORY展開にならないところが面白いところ。 またビリー・ボブ・ソーントンが神経質でありながらオドオドした役どころが上手いと言うか笑いもとれるところです。

Bandits_1 しかし私が思うのは、それ以上にケイト・ブランシェットの演技の上手いこと。 以前「ベロニカ・ゲリン」って言う実録のジャーナリストを扱った映画を観た時も思ったんですが本当に上手。 凄い引き込まれるような魅力的な美人に見える時もあるかと思えば、全然そう見えない普通の女性に見える時もある。 もしかしたらそう言ったギャップがこの人の魅力なんでしょうか?他のケイト・ブランシェット出演作も観てみたい気がします。 また今作ではコミカルな演技も素晴らしく、往年のゴールディー・ホーン顔負けのコメディエンヌぶりです。

Bandits_4 途中までは順調に銀行強盗を成功し続けるのですが、後半はケイトを巡って二人の関係も???な状況になったりします。 更に終盤は冒頭の銀行強盗中に市警察やSWATに包囲されるシーンになり、最後は予想外の展開が続く事になります。 こんな事を言っては何ですが、予想以上に面白い映画でした。 STORY展開もテンポも良かったし、俳優陣も演技派が揃っていて見応えあり。 そうそう、音楽もボニー・タイラーのヒーローを筆頭にU2の曲などロックが随所に入っていてとってイイ感じ!お奨めです!(^^)v

Bandits_5 Bandits_6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧