2009年6月21日 (日)

● ハッピーフライト ●

Happyflightview002 ▼展開の妙・・・▼

昨年(2008年)制作の邦画「ハッピーフライト」のDVDをamazon.jpにて購入して鑑賞しました。 正直、劇場公開時には全く気にならなかったんですが、amazonでの評価が微妙に良かったので「空へ-救いの翼-」と共に購入。 監督は、「ウォーターボーイズ」や「スィングガールズ」の矢口史靖。 

Happyflightview003 期待通り序盤は軽妙なコミカルさでCA役の主演の綾瀬はるかをはじめ吹石一恵や空港スタッフの田畑智子がイキイキ! 主人公たちのこれまでの人生等にあまり深く立ち入ることなくCAや空港ターミナルスタッフ達の表と裏の様子を嫌味無く描くところが良い意味で楽しませてくれます。

Happyflightview004 後半からは大きく様相が異なり、主人公たちが搭乗するホノルル行き国際線旅客機が機体の異常から離陸した空港に引き返す事になるのですが、前半までのコミカルさは影を潜め映画全編に漂う緊迫感。 ここから機内で混乱する乗客にサービスするスタッフの様子がなかなかでしたねぇ。

Happyflightview005 徐々に高まる機内の緊張と動揺、対応に慌てる空港ターミナルと管制塔やオペレーションセンター、原因究明に奔走する整備庫スタッフなど、前半各々で展開していた人間模様が徐々に1本のストーリーに繋がっていく様は見応えありましたョ。

Happyflightview006 パニックものと言えるような作りでは無いと思いますが、変に肩肘張らずに観れる大胆なストーリー展開は佳作。 出演陣も前出キャストに加え、機長役の時任三郎と副機長役の田辺誠一、チーフCA役の寺島しのぶ、オペレーションセンターの岸部一徳等がキッチリまとめていて良い作品に仕上がっていたと思います。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

● 地獄の変異 ●

Cave_1 ▼地味めなパニックもの▼

2005年製作のモンスターパニック映画「地獄の変異」のDVDを購入して鑑賞しました。 モンスターって言っても、巨大モンスターでは無く、洞窟に生息する未知の生命体との死闘です。 去年も「ディセント」など洞窟を舞台にした密閉空間でのパニックものが続きましたねぇ。 原題は“THE CAVE”、こっちの方がいいと思うけど、、、(^_^;)。 監督は、ブルース・ハント。

Cave_0 出演は、冷静沈着なチームリーダーに「ティアーズ・オブ・ザ・サン」のコール・ハウザー。 男勝りで行動的な女性隊員に「コヨーテ・アグリー」で主演のパイパー・ペラーボ。 他にはレナ・ヘディエディ・シブリアン等あまりよく知らない方々。 個人的には、パイパー・ヘラーボ以外あまり馴染みの無い顔ばかりなので、最初は誰が誰なのか憶えにくかったです。 特にほとんどの時間が洞窟の中、特に水中が多いのでより判別を難しくしていました。

Cave_4 STORYは、テンプル騎士団の時代からの伝説も残すルーマニア/カルパチア山脈の地底奥深くに続く謎めいた洞窟が舞台。 1970年代、財宝目的のトレジャー・ハンターが洞窟の崩落とともに消えてから約30年、現代の地質学チームが最新のダイバーチームを雇い新たに洞窟調査に向かいます。 狭い洞窟の中で思わぬ事故から出口を失い、未知の生命体らしきものに徐々に追い詰められる調査チームはやがてお互いの信頼関係も崩壊していきます。

Cave_2 今作、監督も俳優陣もあまり有名どころではないわりに、けっこう面白かったです。 閉塞空間で特に武器らしき武器も無く脱出口を求めて逃げ惑う展開は、スリルと緊迫感がアリ良かったのかも。 本編97分と言う時間も長過ぎずだし、最後にエッ?と思わせるエンディングもイイ意味でその後をいろいろ想像させてもらえました。

Cave_3

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年1月29日 (月)

● 日本沈没 ●

■小松左京原作のベストセラー小説を1973年に映画化した「日本沈没」。 TVシリーズまであったその大ヒット作をリメイクした2006年製作の話題作「日本沈没」のDVDを購入して鑑賞しました。

Nihon_3 30年以上前の衝撃のヒット作をリメイクすると言う重圧を担ったのは、やはり話題作「ローレライ」を監督した樋口真嗣。 今回も圧倒的な特撮映像はそれなりに見応えもあり、ディザスター映画好きな私は結構楽しめました。 欲を言えばもっと貪欲に、もっと破壊と殺戮を重層的に繰り返して欲しかった。(^_^;)

Nihon_1 主演は、SMAPの草彅剛柴咲コウ。 ご両名とも最近は好きな方の役者さんと言っても良いんですが、今回に限ってはSTORYに上手く乗りきれていないような気がしました。 二人とも目まぐるしく舞台を変えてゆく展開なので、なんかSTORYに振り回されている感じすらしました。 ちょっと勿体無い、、、。

Nihon_6 共演は非常に豪華で、田所博士役の豊川悦司を筆頭に判っただけでも大地真央及川光博石坂浩二柄本明吉田日出子長山藍子和久井映見などゴージャス。 また、昨年なにかと話題の人気TVドラマ「女王の教室」で志田未来と共に存在感のあった福田麻由子は今作でも目立ってましたね。 さすが注目される子役さんだけのことありますね。

Nihon_5 STORYは多くの方がご存知のとおり、未曾有の大規模地殻変動に巻き込まれる日本列島が、想像以上のスピードで海底深くに水没してしまうと言う近年の異常気象などから有り得なくも無いと思わせる物語です。 レスキュー隊員と潜水艇のパイロットの二人が主人公ですが、グングン水没していく日本列島の大惨事にちょっとおいてけぼりな感じです。 ロマンスなどもありますが、ちょっと上っ面っぽい。 それと、私は30年以上前の前作をあまり記憶していなかったのですが、この作品のラストって同じでしたっけ?(^_^;)

Nihon_9 Nihon_8

Nihon_7 Nihon_4

Nihon_2

| | コメント (9) | トラックバック (6)

2006年12月24日 (日)

● Limit of Love 海猿 ●

Sarulol_2 ▼潜水士物語▼

2005年制作、漫画を原作とする映画の続編「LIMIT of LOVE  海猿」のDVDを購入して鑑賞しました。 原作の漫画はよく読んでいたので続編とは言えメインのキャストは知ってはいました。 主人公仙崎に伊藤英明、そのフィアンセに加藤あい、先崎の相棒吉岡に佐藤隆太、他に時任三郎、石黒賢、大塚寧々等々のキャスティング。 海上保安官の主人公とその相棒や先輩たちが織りなす青春群像劇でありバディムービーです。

Sarulol_1 仙崎とその仲間たち潜水士が訓練中に海難事故が発生。 早速訓練から実際の救難作業に入ります。 600名以上の乗員乗客を載せた大型フェリーが座礁、徐々に浸水し傾斜する船内で乗員の救難作業をする最中に様々な問題が次々発生。 粛々と進む救助作業にも関わらず、浸水の続く大型フェリーの傾斜角はやがて満載する車両の引火爆発に繋がり、火災と浸水と言う大規模海難事故に発展してゆきます。

Sarulol_3 見所は、浸水し沈没に向かう船内で次々と起こる爆発・火災・水流の迫力映像と、その危機また危機に立ち向かう緊急救助隊の面々に対応。 またその中で語られてゆく人間模様が終盤の危機的場面で観る者の感情を大きく揺さ振ります。 まぁ、海外映画でもよくあるディザスタームービーでもそこがどう観客に訴えかけるかでその作品の質を大きく左右しますよね。 この映画ではそれはなかなか良かったと思います。

Sarulol_4 主人公仙崎が要救助者の救出を諦めない理由の布石も大まかではありますが映画の冒頭で押さえられているし、また潜水士仲間が同じ潜水士の捜索をなかなか諦めないところも海外戦争映画の戦友を見捨てないって精神に通じていて結構感動。 欲を言えばもうちょっとそこら辺の潜水士仲間の関係が描かれていればもっと感情移入したかもしれません。 まぁ、続編映画ですからそこはしょうがないですが、、、。個人的には美木良介さん良かったなぁ。

Sarulol_5

| | コメント (13) | トラックバック (5)

2006年8月27日 (日)

● UNITED93 ●

United93_0 ▼真実は何だったのか?▼

衝撃のノンフィクション映画「ユナイテッド93」を観てきました。 「ボーン・スプレマシー」を製作したポール・グリーングラス監督・脚本作品です。 皆さんご存知のとおり米国史上最悪の2001/9/11同時多発テロにおける4番目のハイジャック機“UNITED航空93便”で起きていたであろう出来事をその93便の遺族の協力等を得て映像化した作品のようです。

United93_02 American航空11便がハイジャックされた初期の段階では各方面の管制センターのスタッフもそれほど重大事だとは勿論思わず、状況を静観しながらの対処を続けます。 が、時間と共に複数の航空機に把握できない状況が重なり気づいた時には世界貿易センター(WTC)への航空機突入を目の当たりにする事になります。 米軍の防空司令部も的確な対処が出来ず悪戯に混乱を助長してしまいます。

United93_3 映画の終盤、テロリストたちに制圧されたユナイテッド93便の乗客たちにも外で起きているWTCやペンタゴンへの民間航空機突入のNEWSがもたらされる事により、乗客・乗員たちの多くも無事に帰る事が出来ないであろうと察する事になります。 男性の乗客を中心にテロリストを排除してでも航空機を奪還しようと言う機運になり、女性乗務員の協力を得てテロリストと対決すると言うSTORYです。

結果は皆さんご存知のとおりユナイテッド93便は還る事は無かったのですが、乗客たちとテロリストの対決直前の機内の様子などは身につまされる哀しいシーンでした(T_T)。 この作品を巡っては、この事件の真偽や政治的な部分も含めて議論の余地はあると思いますが、多くの一般人が巻き込まれた近年稀なるテロである事は事実だと思います。 しかし、現在多くの国が有する各国の国軍も国内における突発的なテロにはいかに無力かを示されたような気がします。

United93_01 United93_1

| | コメント (27) | トラックバック (34)

2006年7月 4日 (火)

● POSEIDON ●

Poseidon_0 ▼名作リメイク▼

海洋パニックスペクタクルの名作「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク映画「POSEIDON」観ました。 監督があの名作「Uボート」や「パーフェクト・ストーム」など海洋映画で評価が高いウォルフガング・ペーターゼン監督。 主演にカート・ラッセルです。 リメイクとは言っても設定が巨大津波により転覆した大型客船からの脱出劇ってとこだけで、細かな所はだいぶ違いますが、、、。

Poseidon_02 今作では、旧作とは違って超大型の豪華客船って設定になっているようです。 旧作では結構年季の入った客船だったはずでしたよね。 また最新の映像技術によりPOSEIDON号全容の描画や客船本体を海中からや喫水線また船上遥か上からと様々なカメラアングルで見せ観る者を飽きさせず、またハイライトの一つであるPOSEIDON号の転覆シーンなどは旧作を遥かに凌駕する迫力のある映像が随所に見られます。 

Poseidon_04 出演はカート・ラッセルに、ラッセルの娘役にエミー・ロッサム、ヒーロー役にジョシュ・ルーカス、他にリチャード・ドレイファス等、悪くないキャスティングではないでしょうか? エミー・ロッサムは「デイ・アフター・トゥモロー」に続きパニック映画のヒロイン役が続いていますが、、、。 今作では、ジョシュ・ルーカスがなかなかカッコイイ役のようです。 「ステルス」の時はちょっといけ好かない役だったと感じたんですが、今回は登場シーン以降どんどん頼りになるナイス・ガイになっていきます。

Poseidon_03 ご多分に漏れず、今回も数名の犠牲者を出しつつも少数の別行動組みが大多数の救助待ちを残し天地逆になった船底(つまり上)を目指し次々巻き起こる試練を乗り越えつつPOSEIDON号からの脱出を試みます。 一般的には今作はあまり芳しくない評価のようですが、個人的には大変気に入りました。 間違い無くDVDも買うでしょう(^。^)。 人間模様に関しては確かに旧作の方がよく描かれていたかもしれませんが、POSEIDON号を転覆前後通して十分な迫力で押してくるので大満足です。 アクション映画が好きな方にもお奨めかも(^^)v。

Poseidon_01

| | コメント (14) | トラックバック (7)

2006年6月12日 (月)

● THE POSEIDON ADVENTURE ●

Poseidon_1 ▼パニック映画の傑作▼

1972年の海難パニック映画の傑作、「ポセイドン・アドベンチャー」のDVDを購入。 これ以降パニック映画が立て続けにヒットするきっかけになった作品だそうです。 30年以上前に制作されたとは思えないほど客船ポセイドン号の転覆シーンなどはなかなかです。

Poseidon_3 主演の若き日のジーン・ハックマンをはじめ、アーネスト・ボーグナインなど各々のキャラクターがハッキリ描かれていて、最近のパニック映画に比べても全く遜色の無い出来だと思います。 ストーリーも転覆したポセイドン号からの脱出を目指す一行に次から次へと危機が訪れ、しかもその一行の中でも様々な人間模様が展開されます。

Poseidon_4 最終的には、それまで主人公と何かにつけ反目を繰り返してきたキャラクターが主人公の遺志を受け継ぎ生き残った者たちを率いて救出まで辿り着きます。 TVでも何度も放送されてきていますので、殆どの人が観ている事とは思います。 が、何度観てもいいですねぇ。 リメイク作品「POSEIDON」の出来映えはどうだったんでしょうねぇ?(^。^)

| | コメント (5) | トラックバック (7)

2006年6月 4日 (日)

● KING KONG ●

Kingkong_3 ▼さすがP・ジャクソン監督▼

ロード・オブ・ザ・リング」 シリーズで圧倒的なスケールで多くの人を魅了したピーター・ジャクソン監督によるリメイクされたKING GONG を観てみました。 LOTR シリーズでのCG等を駆使した表現力は今作品でも遺憾無く発揮されているようで、見所も満載でした。

Kingkong_1 個人的には、これまでさして好きでも何でも無かった ナオミ・ワッツエイドリアン・ブロディをちょっと見直しました。 特に「マルホランド・ドライブ」なんて言うマニアックな作品でのナオミ・ワッツしか観ていなかったのですが、この作品でのヒロイン役で、ちょっとファンになっちゃったかも、、、(^_^;) 他のナオミ作品観てみようと思いました。

Kingkong_4 3時間にもなる、どちらかと言うと長編映画でしたが、全く飽きる事の無いストーリー展開、これでもかと言うほど繰り出されるメインキャストたちの試練の連続。 LOTRの時もそうでしたが、ジャクソン監督の手腕の非凡な所を感じさせられます。 終盤のコングとナオミ・ワッツがセントラル公園(かな?)で遊ぶシーンなどもちょっとファンタジックで良かったですよぉ。

Kingkong_5 例によって、物語の終盤は超高層ビルの上での最期になるんですが、序盤のスカルアイランドでのシーンしかり、この最期のコングとナオミ・ワッツとの切ないシーンといい、背景の非常に綺麗なシーンがテンコ盛りでしたねぇ、本当に美しい場面です。 KING KONG みたいな映画でこれだけ見応えがあり満足させてもらえましたので、P・ジャクソン監督の次回作にも期待大です!

| | コメント (13) | トラックバック (17)

2006年1月 8日 (日)

● タイタニック UltimateEdition ●

Titanic1_1 ▼やはり名作▼

以前に2回ほどDVDで観てました。 その時も結構良かったし感動したんですが、今回購入して再度観てみると本当に素晴らしい。 レオナルド・ディカプリオもケイト・ウィンシュレットも若く美しい時だし、他のキャストも良いですよねぇ。 私は恋愛物はほとんど興味無いんだけど、これは別格。 また監督のジェームス・キャメロンがタイタニック号の再現も含めて凝りに凝った事がパニック物・恋愛物・ヒューマン物と言う様々な作品としての側面を満足させる舞台設定に繋がったんだと思ってます。 個人的には、一等船室を中心にクラシックを演奏していた楽団の方々が、沈没間際に船上で逃げ惑う乗客が右往左往する中静かに演奏を続ける姿に涙を抑える事が出来ませんでした。

Titanic4_legend 今回のUE版の特典で、もう一つのエンディングって言うのもあって、キャメロン監督が劇場版では何故このシーンが替わったのかなどを解説しながら見せたりと言った事も、音声や画質を向上させた事と併せて、敢えて今回DVDを購入する人への動機付けになりますよねぇ。 まだタイタニック映画を未購入の人はもとより、すでにDVDをお持ちの人達でも敢えて購入する価値は十分に持っているDVD「TITANIC/UltimateEdition」だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)