2006年9月18日 (月)

● コーチ・カーター ●

Carter_1 ▼TRUE STORY▼

2005年製作のスポ根映画「コーチ・カーター」。 いくつかのブログで好評だったのでDVDを購入して鑑賞しました。 監督は、映画「ネゴシエーター」・TVスペシャル「イアミ・バイス」等で実績のあるトーマス・カーター。 主演は舞台となるリッチモンド高校バスケットボールチームに新たに赴任する熱血コーチ/ケン・カーター役のサミュエル・L・ジャクソン

Carter_2 リッチモンド高校は前年4勝22敗の戦績の上、生徒たちもすっかり負け犬根性が染み付いてしまっています。 そんな生徒たちをリック・ゴンザレスロブ・ブラウン等が演じ、父カーターコーチと共にリッチモンド高校に転校してくる息子役にロバート・リチャーズ。 チームの一人の選手の彼女役にR&B界のディーバ/アシャンティが映画デビューしています。

Carter_4 コーチ/カーターは生徒たちとの間で契約書を交わし、まずは厳しい練習と共に生徒たちに学業への前向きな取り組みを命じます。 一定以上の成績と授業への欠かさぬ出席、加えて言葉遣いや身だしなみなどが契約内容です。 最初は激しく反発する生徒たちもカーターの人の心を惹きつける言動やアイデア豊富な充実した練習メニュー、試合では実力本意の分け隔て無い起用などに徐々に心を開き引っ張られていきます。

Carter_3 生徒たちは厳しい練習を通して実力を付け試合でも連戦連勝を重ねるうち、慢心が起きたりもしますがカーターに諭され人間としても成長をしていきます。 一度はチームを去った者の復帰にもチームワークの大切さを知った生徒たちは自ら同苦することを選んだりと心身ともに磨かれていきます。 ただ残されたのはカーターとの契約の際に示された学業での成果を出す事だけでした。

Carter_5 教員たちから提出された生徒たちの学業の成果を示す進度評価は、数名の生徒が一定水準に達しない厳しいものでした。 カーターはチームが連勝中にも係わらず体育館を閉鎖し成績不振の生徒たちの成績回復まで練習・試合を停止します。 学校側も父兄も地元ファンも猛反対の中、調査委員会においてカーターは学業と人生の大切さを訴えますが多数決で体育館閉鎖は解除されてしまいます。 失意のカーターは辞任を決意し学校を去ろうとした時、、、。

今までの日本のスポ根もののドラマだと、とにかくスポーツを通しての勝ち負けや友情がメインになりがちでですが、本作はそれ以上に学生たちの人生を深く問うているように感じます。 スポーツで一時的に成功を収めても長い人生で一生をスポーツだけで終える事など出来はしません。 むしろスポーツ以外の学業や仕事、人間関係などで人生を乗り越えていく事が出来なければスポーツはどれだけの意味があるのかと問いかけているのかもしれません。  1999年、カリフォルニア州リッチモンドでの実話だそうです。

| | コメント (7) | トラックバック (7)

2006年8月19日 (土)

● カーズ ●

Cars_4 ▼クルマたちの物語▼

今日はシネコンに次女と約束の映画「カーズ」を観に行きました。 前評判の悪い「ゲド・・」「ブレイブ・・」以外のアニメと言う事で最初は「時をかける少女」を観たかったのですが、県内は上映館が無いので、代わってレヴューも悪くない「カーズ(CARS)」を観て来ました。 「ニモ」や「インクレディブル」で評価も高いジョン・ラセター監督とピクサー(PIXAR)社ですから安心。 

Cars_6 主人公のクルマ、ライトニング・マックィーンはルーキーながらレースの年間王者を目前にした人気スポーツカー。 それがひょんな事から中西部(?)のMAPにすら無い辺境の街“ラジエータースプリングス”で法律違反の使役を強いられます。 最初は偏見と物を知らない若さゆえ街のクルマたちを馬鹿にしながら労働していますが、そんなクルマたちの言動に徐々に人生観を変えてゆきます。

Cars_25 しかし、このピクサーの技術力。 登場するクルマたちの表情や動きの素晴らしさも以前からですが、中西部の様々な背景の描画の素晴らしい事。 それが個性的な擬人化されたクルマたちのキャラクターと相まってグングンSTORYに引き込んでいきます。

Cars_5 脚本も素晴らしいんでしょうねぇ。 STORYは中弛みする事も全く無く、展開は予想する事自体難しくも無いのですが、ピクサーの表現力が退屈を感じさせません。 前半&後半のレースシーンは勿論迫力十分で観客を虜にしますが、現実のレース以外の時でも主人公が夢の中でのレースシーンにうなされたりとテンポが良くてメリハリも効いていて眠気など催す事一切無し。

Cars_0 今夏、メジャー級で鳴り物入りでスタートしたいくつかのアニメ映画が不評な折、この「カーズ(CARS)」は笑いアリ涙アリと期待通りの優秀作品だとお奨め出来ます。 そうそう、劇場ならではの効果的なサラウンドも味わえますから、DVDでは再現が容易でないサウンドの雰囲気も期待出来ますので、劇場鑑賞の際は迷う必要も無いかと(^_^;) 「カチャウ!」(^_-)-☆

Cars_1 Cars_3

| | コメント (18) | トラックバック (16)